毎日大変!妊娠中の電車通勤を少しでも楽にする方法は?

電車に乗る妊婦

産休・育休などの制度の整った会社で正社員として働きキャリアを積んだ女性なら、産後も何としても職場に復帰したいものでしょう。産休に入るまではそれまでと変わりなく働かなければなりませんが、妊娠によって女性の身体は通常とは全く違う状態に変化します。毎日電車通勤をするにはつらい時期ですが、乗り切るためのコツをご紹介します。

つわりがつらいときの電車通勤対策は?

電車通勤

電車通勤が何よりつらいのはつわりがひどい時期でしょう。特に妊娠初期はおなかも大きくないので見た目で妊婦だと気づいてもらえないこともあるでしょう。つわりのつらいときに自力で電車通勤を乗り切るための対策のうち、簡単なものをいくつかご紹介します。

匂い対策にはマスク着用がおすすめ!

匂いによってつわりのつらさは倍増するものです。電車の中には不特定多数の人が密集しているので、汗、香水、食べ物やタバコなど常に何かしらの匂いにさらされることを覚悟しましょう。感染症の予防も兼ねて、常にマスクを着用することをおすすめします。マスクをする際には顔とマスクの間になるべく隙間ができないように、マスクの端を指で押さえて形を整えましょう。

各駅のトイレをチェック!エチケット袋も持参

吐きづわりの方にとって電車通勤は苦痛以外の何ものでもないでしょう。それでも通勤しなければならないとなれば、通勤ルートの各駅のどこにトイレがあるか確認しておき、電車が止まったときになるべくその近くになる位置を確保して、いざというときにすぐに降りてトイレに駆け込めるようにしましょう。カバンにエチケット袋を常に入れておくと安心です。他に、朝食は出勤してからとるようにする、水分補給やあめ、ガムなどで気分の悪さを紛らわすなどの方法があります。

食べづわりや吐き気対策になる食べ物は?

食べづわり、吐きづわりの妊婦さんが電車内でさりげなく口に入れやすい食べ物には、あめ、ガム、グミ、ラムネ、干し梅などがあります。自分に合ったものを見つけて常にカバンに忍ばせておきましょう。水分をとると落ち着く妊婦さんも多いので、ミネラルウォーターや炭酸飲料、かんきつ系のジュースも携帯しておきましょう。ショウガには吐き気を軽くする作用があるので、ジンジャーエールやショウガ入りキャンディーもおすすめです。

合わせて読みたい

妊婦に向いてるのは?無理なく働けるお仕事3選
妊婦に向いてるのは?無理なく働けるお仕事3選
出産には大きな費用がかかりますし、子供を育てていくには何かとお金が必要です。そのため、家計に少しでもプラスになるよう、妊娠中にも仕事がし...

つらい電車通勤、自分の身は自分で守る!

マスクをつける女性

電車の中では妊婦だからといって、周囲の人が皆気を遣ってくれるとは限りません。ラッシュ時間の仕事の行き帰りは疲れている人も多い上に、むしろ妊婦をよく思っていない人も中にはいるかもしれません。気分が悪くてどうしようもないとき以外は、自分の身とおなかの赤ちゃんは自力で守る意識を常に持っていてください。

妊娠初期こそマタニティーマークを活用!

マタニティーマークには賛否両論あり、身につけるのが怖い方もいるとききます。中には妊婦でもないのに身につけて座席に座る人もいれば、妊婦だからって親切にしろと主張しているようでずうずうしいと考える人もいます。しかし見た目で妊婦とわからない妊娠初期には特に一目で妊婦だとわかるマークによって助けられることが確実にあるはずです。

優先席前にこだわらずゆとりのある場所を確保!

優先席がすいたら座ろうと思って、その前に立つ妊婦さんも多いと思いますが、座っている人が寝ていたりしてなかなか席がすかないとイライラしてしまうかもしれません。通常の座席でも親切な人なら妊婦だと気づけばすぐに席を譲ってくれるものです。優先席にこだわらず、混んできてもしっかりとどこかにつかまれてゆとりある場所を選びましょう。また女性車両車を導入している場合は積極的に利用してみては。男性に囲まれているよりも女性の中にいる方が気分的に安心できるはずです。

妊娠中の通勤におすすめの服装とは?

ただでさえ大変な電車通勤ですから、苦しくなる服装は避けたいものです。おなかが大きくなれば仕事に差し支えないマタニティーウエアを着れば良い話ですが、妊娠初期でもあまり身体を締め付けたり冷えたりしそうなデザインの服は避け、ゆったりしたものを選びましょう。靴もヒールの高いものはしばらく我慢して、安全面を優先しましょう。

合わせて読みたい

在宅で仕事ができるクラウドソーシングが主婦に大人気!メリットとデメリットを徹底調査!
在宅で仕事ができるクラウドソーシングが主婦に大人気!メリットとデメリットを徹底調査!
家事や育児、介護が忙しくて働きに行けない主婦の仕事と言えば、ひと昔前なら在宅でできる「内職」しかありませんでした。しかし、最近ではパ...
仕事もしながら3歳の娘の育児を頑張る高齢ママです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
毎日大変!妊娠中の電車通勤を少しでも楽にする方法は?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る