在宅で仕事ができるクラウドソーシングが主婦に大人気!メリットとデメリットを徹底調査!

良ければシェアをお願いします。

在宅で仕事ができるクラウドソーシングが主婦に大人気!メリットとデメリットを徹底調査!

家事や育児、介護が忙しくて働きに行けない主婦の仕事と言えば、ひと昔前なら在宅でできる「内職」しかありませんでした。しかし、最近ではパソコンやスマホで仕事ができるクラウドソーシングが大人気です。簡単にできるものからスキルが必要なものまでさまざまな仕事のなかから、自分ができそうな仕事を選んでチャレンジしてみませんか。

スポンサーリンク

誰でもすぐに始められるクラウドソーシング

クラウドソーシングではパソコン入力しかできない人から、デザインができる人やWEBサイトの作成ができる人まで、自分のパソコンスキルに合わせた仕事を受注できます。そして、納品すれば報酬がもらえるわけですが、受注する前にシステムをしっかりと理解することが、快適に仕事をするコツです。

クラウドソーシングが主婦に大人気なのには理由がある

家にいると家事が気になり、何かに長時間集中することが難しいのが主婦の生活ですよね。隙間時間やぽっかりと空いた2~3時間などを有効活用して仕事がしたいという人も多いのが現実です。そして、夫の給料で自分のものを買うのは気が引けるという主婦からよく聞くのは、お小遣い程度でも自分で稼いだお金で支払えたらいいのに、という声です。

自分のレベルに合ったパソコンスキルやスマホ入力で仕事が受注でき、報酬が得られるクラウドソーシングは、主婦の財布を応援する働き方と言えます。

登録の方法は簡単!

登録の方法は簡単!検索サイトでクラウドサービスの運営サイトを探して、そこから「仕事を見つけたい人」から登録してみましょう。もちろん登録量は無料です!

自分の強みを生かして仕事をする

パソコンの入力ができれば、文字起こしやデータ入力の仕事が受注できます。アンケート入力なども隙間時間にできる仕事として人気がありますが、簡単にできる仕事なので報酬が低いのが難点です。リサーチ力と文章力に自信があれば、記事のライティングやブログの作成などの仕事やネーミングなどの仕事があります。

また、パソコンスキルや得意分野によってはロゴ作成やデザイン系、WEB関連の仕事もあるので、採用倍率は高くなりますが高額報酬が期待できます。

営業活動をせずに仕事を受注できる

フリーランスで仕事をするときは自分で営業をして仕事を受注し、すべての仕事を一人で行わなければいけません。しかし、クラウドソーシングを利用すれば、看板を出すことなく営業活動もせずに、希望する仕事に応募して受注することができます。

苦手分野の仕事をすることなく仕事を受注して納品できるので、フリーランスで働くほどのストレスはありません。また、万が一トラブルが起きた際には運営会社が解決してくれる場合もあります。

合わせて読みたい

仕事がしたい!主婦の人におすすめの仕事4選
育児中でも、子育てが一段落ついてくると、仕事をしたいと考えるママも多いのではないでしょうか。 しかし、子育て中の場合、保育園のお迎えの時間を考えながら出勤できる希望時間や、子どもが体調を崩した場合の対応できるかなどの条件を考えると、なかなか希望どおりの仕事を探すのは一苦労です。 主婦...

デメリットを知って働き方を考える

履歴書は不要な仕事なので、自分のスキルと仕事量だけで報酬が決まります。デメリットを理解して自分のできる仕事をすることから始めれば、受注できる仕事が徐々に増えていきます。それが実績となり継続案件に結びつくこともあります。

低単価の仕事に最初は皆びっくり

検索してコピペのみの仕事などは単純作業ですが、その分低単価です。ライティングの単価には開きがありますが、自分の興味のある分野をリサーチしながら記事を書くのは知的好奇心を満たします。

また、ロゴ作成などは受注するまでの倍率が高いうえに作成時間が長い場合があります。高単価の仕事とはいえ、費やした時間が長ければ相対的に見て低単価の仕事となってしまいます。

報酬は振込金額に満たないと支払ってもらえないので、低単価の仕事を受注する場合は仕事量を増やさなければいけません。

クライアントとのコミュニケーション不足

基本的にクライアントとの連絡はメールかチャットになります。クラウドソーシングではクライアントの評価等は確認できますが、本人と直接会って話すことはまずありません。クライアントに関しての情報をできるだけ集めて、信頼できるかどうかを判断してから受注するようにしましょう

入稿後の編集依頼が多かったり、提示金額以上の仕事になってしまったりと想定外のことが起きる可能性もあります。そのような場合はできるだけ早く仕上げて、そのクライアントと次の仕事はしないように考えた方がよいかもしれません。

仕事の継続やリピートが期待できない

レベルの高い仕事をしたライターでも、継続して仕事を受注することが難しい場合があります。また、同じクライアントからリピートで仕事を依頼される保証もありません。これはクライアントの考え方ひとつで決まることなので、他の案件に応募したりとリスクヘッジをして、仕事を途切れさせないようにしましょう。

相性の良いクライアントの仕事はできるだけ受注するなど、信頼関係を気づいておくことも必要でしょう。また、複数のクライアントの継続案件を数本抱えておくと、毎月一定の報酬を得ることができるので安心です。

合わせて読みたい

産後の仕事復帰はいつから?復帰する際の注意点はある?
産休を取得して出産をしたら、仕事に復帰することを考える方が多いでしょう。法律上は原則として産後8週間は、労務に就くことができません。本人が希望して医師も認めた場合には例外的にもっと早く復帰できますが、それでも産後6週間は休まなければなりません。これは健康と安全を考慮してのことです。 そして...

デメリットをメリットに変えて働くには

以前はプロが高単価で請け負っていた仕事を、クラウドソーシングが生まれてからは素人も受注できるようになりました。単価は低いですが素人にとっては仕事と巡り会える絶好の機会となりました。やってみたかった仕事に手が届くようになったのです。

低単価の仕事を仕事量でカバーするには

低単価のデータ入力やライティングの仕事も量産すれば、まとまったお金になります。記事などのライティングは5本~20本をまとめて発注される場合があります。

当然すべてを納品して仕事は完了し、信頼を得ることができるのですが、締切までの時間が短い場合があるので、受注前に書き上げられるかどうかも確認したほうがよいでしょう。そして、請け負った限りは締切までに必ず納品しましょう。それが実績となり高単価の仕事の受注につながります

スキルを磨いて社会復帰や次の仕事につなげる

せっかくパソコンで仕事をするのですから、スキルをアップして高単価の仕事が受注できるように頑張ってみましょう。データ入力だけでなく資料作成の仕事をやってみたり、簡単な記事を書く仕事からまとめ記事を書く仕事にチャレンジしたりするのもよいかもしれません。

また、WEBサイトの制作などの仕事で得ることで業績として、アピール材料とすることもできるでしょう。高評価と高単価の仕事を得ることで、将来の仕事へのステップアップをなるはずです。

同様の仕事を増やして時給を上げていく

最初は時間のかかる仕事でも、同じ仕事を多くやれば慣れてきてタイピングも記事作成も早くなります。その結果、時給を計算してみると最初より高くなっていきます。外に出て働くと通勤時間や準備する時間に対しての給料は発生しませんし、洋服代などの支給も当然ありません。

また、本業のスキルをアップさせるような仕事を受注している場合は、近い将来には本業の手当のアップや転職に役立つ可能性もあります。仕事を増やして時給アップを目指すことを目標に頑張ることをおすすめします。

おわりに

クラウドソーシングは新しい働き方で、今後の発展が期待されています。そして、今後仕事は増えることはあってもなくなることはないと言われているので、続けることが何らかの形で明日の自分や将来のキャリアにプラスになるに違いありません。

自分に合った仕事を見つけて、実績を積むことで新しい未来の自分につなげていきましょう。

ピックアップ

妊婦に向いてるのは?無理なく働けるお仕事3選
出産には大きな費用がかかりますし、子供を育てていくには何かとお金が必要です。そのため、家計に少しでもプラスになるよう、妊娠中にも仕事がしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。 しかし、中には妊娠中に向いていないお仕事もあるため、仕事選びには慎重になる必要があります。そこで今回は、妊婦さ...
子連れで出勤できる会社があるって本当?知っておきたい子連れ出社の心得
共働きの世帯は、現在では5割をゆうに超えています。母親が、仕事を持って働き続けることが当たり前になっているのが現在の情勢なのです。加えて離婚率の増加によって、シングルマザー(シングルファザー)になっている家庭も多いと言えます。また、待機児童の問題や核家族化が進んだことにより、「預け先がない」とい...
退職後でも出産手当金は貰える?申請方法と計算方法のまとめ
健康保険の保障の一つに「出産手当金」があります。これは、健康保険の被保険者が出産のために仕事を休み、その期間給料を受け取ることができないときに受給できる手当です。 ここだけ見ると再度職場復帰しなければならないように感じますが、実際は、出産を機に職場を退職し、育児に専念する人も必要な条件を満たせ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
在宅で仕事ができるクラウドソーシングが主婦に大人気!メリットとデメリットを徹底調査!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

仕事の悩みについて・・・あわせて読みたい

妊活中に退職はアリ?ストレスで仕事を辞める4つのメリットデメリット
今の仕事内容、職場の環境が好きだからと言って、仕事でストレスを感じないという方はほとんどいないでしょう。仕事をしている限り、多少のストレスでも強く感じてしまいがちです。 では、妊活中でありながらストレスを受けてしまうような仕事を続けるべきでしょうか?結論から言うと、妊活中の方が仕事を続けていく...
【男性編】夫の職場での妊娠報告の仕方とタイミング
赤ちゃんが授かることは、夫婦にとって、とてもうれしいことで、「すぐにでもこの喜びを周りの人に伝えたい!」と考えるものです。両親はもちろん、親戚や親しい友人など、報告すべき人たちはたくさんいますが、それぞれ報告すべきタイミングは違います。 親戚や親しい友人には、一般的に妊娠4か月後半から妊娠5か...
覚えておきたい産休前の職場で使える2つの挨拶
産休・育休は無事に赤ちゃんを出産して育てるために必要な制度です。その一方で、職場で働く上司、同僚、後輩に負担がかかってしまうのも事実です。そこで産休に入る前に、やっておきたい挨拶の仕方について説明していきます。挨拶の仕方を知っておくことで、将来的に復帰しやすい雰囲気や環境を作れるほか、自分の心配...
いつからとれる?産休と育休の計算方法について
これから出産を控えている妊婦さんの関心ごととして「産休」や「育休」があるはずです。まだ1度も出産を経験されていない場合、この産休制度などがどのようなものかを分からないこともあるでしょう。そこで、産休と育休とは何かから始め、手当金の計算方法についてご説明したいと思います。そして、この制度について詳...
妊婦に向いてるのは?無理なく働けるお仕事3選
出産には大きな費用がかかりますし、子供を育てていくには何かとお金が必要です。そのため、家計に少しでもプラスになるよう、妊娠中にも仕事がしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。 しかし、中には妊娠中に向いていないお仕事もあるため、仕事選びには慎重になる必要があります。そこで今回は、妊婦さ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る