「 検査 」のお役立ち記事一覧

検査
検査に関してのお役立ち記事を紹介しています。妊活をしていると、もしかしたら何かしらの検査を受ける機会もあるかもしれません。近年では、自分に生殖能力があるのかどうかということを結婚前に検査することのできる「ブライダルチェック」も、多くの方が受診するようになりました。ここでは、そのような検診に加え、病気に関する検査から妊婦さんの定期検査まで幅広く記事を扱っています。

出産時には教えてくれない赤ちゃんの血液型はいつわかる?

出産時には教えてくれない赤ちゃんの血液型はいつわかる?

赤ちゃんが生まれると、気になることの一つに血液型がありますよね。血液型は、実は生まれてすぐに判定して教えてくれません。入院中に検査をして教えてくれることもありません。昔は教えてくれたよ、とご両親に聞いたことがある人もいると思います。なぜ今は教えてくれないのか、いつ調べればいいのか、そんな...

羊水の役割と量の異常について【コラム妊娠と出産】

羊水の役割と量の異常について【コラム妊娠と出産】

今回は妊娠してから出産するまでおなかの赤ちゃんを守ってくれる羊水について解説していきます。 羊水とは 羊水とは子宮の中で赤ちゃんを包んでいる膜(羊膜)内を満たしている液体です。羊水量は妊娠初期~32週まで増加しそれ以降39週まではあまり変化しないとされ、妊娠中期には1週当...

絨毛膜羊膜炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

絨毛膜羊膜炎の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性

妊婦さんにとって「早産」「流産」などのワードは耳を塞ぎたくなるものです。今回ご紹介する絨毛膜羊膜炎(じゅうもうまくようまくえん)はそれらの原因ともなる病気の一種です。 皆さんは胎児がどのような環境で成長しているかをご存知ですか?お腹の中の赤ちゃんは「絨毛膜」「羊膜」「脱落膜」という...

妊娠高血圧症候群【コラム妊娠と出産】

妊娠高血圧症候群【コラム妊娠と出産】

妊娠高血圧症候群は以前、妊娠中毒症と呼ばれた病態で、定義では「妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧が見られる場合、または高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものでないものをいう」となっています。 妊娠高血圧症候群とは? ...

【保存版】不妊治療について原因から治療法まで気になるあれこれ全部まとめました

【保存版】不妊治療について原因から治療法まで気になるあれこれ全部まとめました

不妊治療とは何かしらの原因で妊娠しにくいカップルが専門機関で妊娠に至らない原因を調査し、それを取り除き、妊娠に向けた治療を行うことです。 これを読めば不妊治療の流れが一通りわかるように不妊症の定義から原因、治療法、不妊治療にまつわる話を全てまとめました。 不妊症とは ...

経膣超音波検査で子宮の詳しい状態を知っておこう!検査方法、注意点は?

経膣超音波検査で子宮の詳しい状態を知っておこう!検査方法、注意点は?

経腟超音波検査ってどのような検査か知っていますか?腹部超音波検査と違って、膣内に直接プローブを挿入して行う検査のことです。膣内に異物を挿入するということで、初めて検査を受ける女性にとっては不安が多いかもしれませんね。そこで今回は、経腟超音波検査で知ることのできる子宮の状態や、検査方法、検査を...

知りたかった!不妊治療をする際の病院選び3つのポイント

知りたかった!不妊治療をする際の病院選び3つのポイント

近年では、結婚年齢が上がっていることもあり、不妊治療に取り組む夫婦が増えています。身近にもきっと、病院通いををしている人がいらっしゃるのではないでしょうか。もし、ご自身が病院デビューしたいと思った場合、どのような基準で病院を選んだら良いのでしょうか?ある程度の知識がなければ困ることもあるため...

切迫早産と早産【コラム妊娠と出産】

切迫早産と早産【コラム妊娠と出産】

切迫早産とは、妊娠22週以降37週未満に下腹痛、性器出血、破水などの症状に加え、規則的な子宮収縮があり、医師の内診で子宮口が開いてきたリ、子宮の頸管が柔らかくなり伸展したりして、早産の危険性が高いと考えられる状態をいいます。 実際にこの妊娠週数で分娩となるのを早産といい、分娩全体の5~6%...

あなたはダイジョブ?月経量が多い&貧血気味な女性は子宮筋腫に要注意!

あなたはダイジョブ?月経量が多い&貧血気味な女性は子宮筋腫に要注意!

女性特有の疾患というのは、たくさんあります。月経量が多く、毎月の生理がたいへんという女性も多くいらっしゃると思います。また、貧血も女性によくある症状です。よくある症状ではありますが、それらの症状はもしかしたら、子宮筋腫が原因かもしれませんよ。子宮筋腫ができていても、自分の目では見ることができ...

母子ともに辛い!1人目が切迫早産だった場合2人目も早産のリスクは高くなる?

母子ともに辛い!1人目が切迫早産だった場合2人目も早産のリスクは高くなる?

1人目が切迫早産だった場合、2人目も早産になってしまうのではないかと考えて、不安いっぱいになってしまうママが多いのではないでしょうか?なぜ切迫早産になってしまうのか、主な原因は何なのか、防ぐ方法はないのかといろいろ気になりますよね。今回は切迫早産の原因や対応の仕方、切迫早産になりやすい人、予防の...

妊娠と糖尿病【コラム妊娠と出産】

妊娠と糖尿病【コラム妊娠と出産】

糖尿病となる人が増えていることはテレビやラジオ、新聞などでも時々話題になり、皆様もご存じのことと思います。いまや日本人の10人に1人が糖尿病であるとの推定もあります。糖尿病は年齢と共に増加しますが、妊娠する人が高齢化していることから糖尿病を合併する妊婦さんも増えてきています。 スク...

日本とは大違い?世界の不妊治療と出産事情 【フランス編】

日本とは大違い?世界の不妊治療と出産事情 【フランス編】

2.0人前後という高い特殊出生率を保っているフランス。その理由は、結婚にとらわれない〘新しい家族の形に寛容〙なことや、働く女性も子育てしやすい社会であることなど多岐にわたりますが、不妊治療を取り巻く環境が整っていることも忘れてはなりません。ここでは、フランスの不妊治療と妊娠・出産事情を日本と...

子宮底長を目安に胎児の発育状況を知ろう!

子宮底長を目安に胎児の発育状況を知ろう!

子宮底長(しきゅうていちょう)という言葉を聞いたことはありますか?妊婦さんでもちょっと聞いたことがあるという程度かもしれません。しかし妊娠初期から健診では子宮底長を計測しています。では子宮底長はどうやって計測するのでしょうか?計測する事によって何が分かるのでしょうか?正常値や短い・長い場合の...

高齢出産にどう関係する?精液検査の手順と結果の読み解き方

高齢出産にどう関係する?精液検査の手順と結果の読み解き方

妊活を始めるご夫婦にとって気になるワードのひとつである「精液検査」。不妊治療などを行っている場合にはすでにご存知の方も多いかもしれませんね。男性が高齢の場合、精液検査は大きなポイントになります。理由としては一定の年齢を超えると精子は元気がなくなり、着床しにくくなってしまうためです。今回はそんな高...

子どもの調子が悪い!小児科に行く際に先生に伝える内容は?

子どもの調子が悪い!小児科に行く際に先生に伝える内容は?

さっきまで元気にしていた子どもが急に具合が悪くなる、子育てをしていれば誰しもが経験する事態ですよね。特に急な発熱や嘔吐は親も慌ててしまうもの。急いで小児科へ連れて行ったものの、先生にちゃんと症状を伝えられずに「風邪かな」で終わってしまった経験、ありませんか?せっかく病院に行ったのに何だか腑に落ち...

やはりお高め?高齢出産でかかる費用を知りたい!

やはりお高め?高齢出産でかかる費用を知りたい!

厚生労働省の出産統計によれば、昨今は出産総数のうち5人に1人強が、35歳以上での「高齢出産」という割合になっています。わざわざ「高齢出産」と呼ばれるだけのことはあり、若い世代の出産とひとくくりにするべきではない面がいろいろとあります。ここでは特に金銭面に関して、若い世代の出産費用との比較をし...

お腹にいる赤ちゃんの顔が見えちゃう。3D・4Dエコーのすごさ!どこで撮れるの?

お腹にいる赤ちゃんの顔が見えちゃう。3D・4Dエコーのすごさ!どこで撮れるの?

妊娠すると必ず病院で行うのが妊婦健診の時のエコーですね。エコーで自分のお腹にいる赤ちゃんの様子を見ることができるので、毎回楽しみという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんなエコーですが、最近よく耳にする3D・4Dエコーとはどういうものなのでしょうか?今回は一般的なエコー(2D)と3D・...

母体血清マーカーテストについての検査方法や費用など知識まとめ

母体血清マーカーテストについての検査方法や費用など知識まとめ

母体血清マーカーテストとは、出生前診断の方法のひとつです。リスクが少ない血液検査のみで、母体に大きな負担をかけることなく、胎児の障害の有無がある程度診断できるため、最初に受ける出生前診断に利用されています。手軽に受けられるテストですが、診断結果がもたらすものは、赤ちゃんの将来にかかわること。...

妊娠後期に突然訪れる!動悸・息切れが起きたときの対策法・予防法

妊娠後期に突然訪れる!動悸・息切れが起きたときの対策法・予防法

初めての妊娠で喜んだのも束の間、妊娠前には感じたことのなかった体の変化や状態に不安を感じたり戸惑う方も多いのではないでしょうか。動悸・息切れもそのひとつ。妊婦さんの約50%が経験し、その内妊娠して初めて経験する人が約40%。初めて経験した時はパニックになりがちです。自分とおなかの赤ちゃんのために...

閉経を迎えた女性でも妊娠の可能性はある?ない?

閉経を迎えた女性でも妊娠の可能性はある?ない?

長年女性の宿命のようなものとして続いた生理、月経にも50歳前後になると閉経という終わりの時が訪れます。卵巣の機能が衰え始める40歳以降から50歳前後までには月経周期も変化し、生理が来たり来なかったりと乱れたりもします。このような時期に生理が来なくなった場合、それは閉経なのでしょうか。実は完全に閉...

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る