カンガルーケア(早期母子接触)のメリット・デメリット

良ければシェアをお願いします。

カンガルーケア(早期母子接触)のメリット・デメリット

スポンサーリンク

はじめに

出産前にカンガルーケアの希望を病院側から聞かれると思いますが、カンガルーケアは厚生労働省も推奨していることをご存知でしょうか?しかし、そのカンガルーケアにもデメリットが存在します。今回はカンガルーケアのメリット・デメリットについてご紹介します。

カンガルーケア(早期母子接触)とは

カンガルーケア

カンガルーケアは、もともと南米コロンビアの地で保育器不足といった環境から、不足を補うために始められたとされています。

カンガルーケアの目的は、生まれてすぐの赤ちゃんをママの胸元で抱っこして、肌と肌を触れ合わせ、母子の結びつきを確認するために行われる、といったものです。その姿が、お腹の袋に赤ちゃんを入れて育てているカンガルーを連想することから、カンガルーケアと呼ばれています。

行われ方

赤ちゃんが出生したのち、赤ちゃんの呼吸・体温に異常がないかを医師が確認し、ママの処置終了後に赤ちゃんにオムツだけをつけて、赤ちゃんと向き合う状態でママの胸元にのせます。この時、赤ちゃんの体温が下がらないようにするため、赤ちゃんにはタオルをかけます。

カンガルーケアがはじまると、ママに抱えられた赤ちゃんは本能で乳首を探し授乳をしようとするため、胸元の衣服は先に開けておき髪の毛が長い場合は結ぶようにします。

あらかじめカンガルーケアを希望されている方でも、呼吸障害・低体温・低出生体重などの状態におかれた赤ちゃんの場合や、ママのお産前後の状態によっては、カンガルーケアを行わない場合があります。

行う時間

カンガルーケアが行われる時間は病院によって異なりますが、基本的にママや赤ちゃんの状態を見て変動します。

生まれたての赤ちゃんは体力の消耗が激しく日中ほとんど寝ているため、慣れるまでは短時間で行われることが一般的です。帝王切開の場合でも、カンガルーケアを取りいれる病院はあるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

合わせて読みたい

ベビーバスはいつまで?おすすめのベビーバス4選
出産前に用意しておきたいアイテムの1つ、ベビーバス。昔はお風呂場に小さな赤ちゃん用のベビーバスを置くという選択肢しかありませんでしたが、現在ではお風呂場以外にも場所を選んで赤ちゃんをお風呂に入れることができる商品が豊富にあります。たくさんあって選ぶのに迷ってしまう方のために、今回はベビーバスを選...

メリット

新生児

赤ちゃんの体温を保つことができる

出生後、ママと赤ちゃんの肌を合わせることで赤ちゃんの体温を一定に保てるようになります。また、体温が一定に保てるようになると、呼吸も規則的になり安定します。

免疫力強化につながる

出生直後の赤ちゃんは、体力もなく免疫力もとても低い状態にあります。そのため、免疫力を高めるためにも、免疫物質がたくさん含まれている母乳をあげることが大切となり、厚生労働省でも母乳育児を推奨しています。また、ママと触れ合うことでママの常在菌が赤ちゃんにも移行し、免疫を作る手助けとなり、感染の予防にもつながります。

ママも赤ちゃんもリラックスできる

出生後すぐにママに抱かれることで、赤ちゃんはママの呼吸や鼓動を感じとり、子宮の中にいたときの感覚を思い出して安心感を覚えることができます。

また、カンガルーケアをすることで、赤ちゃんの眠りが深くなり起きているときでも穏やかになります。ママもやっと出会えた我が子と触れ合えて産後の疲れが飛び、親としての自覚が芽生えるといわれています。

母乳育児がしやすくなる

ママの胸元に赤ちゃんを抱かせることで、赤ちゃんは本能的に乳首を探しお乳を飲もうとします。それを繰り返していくうちに学習し、ママの匂いや乳首を覚え母乳育児がしやすくなります。

早い時期の授乳はママにとっても母乳の出を良くさせるために有効なので、母乳育児を考えている方は早期の授乳をするよう心掛けると良いです。また、授乳が順調に進むことで体重も順調に増加します。

合わせて読みたい

月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...

デメリット

リスク

低体温に陥るリスクがある

赤ちゃんは子宮の中にいたときの温度と、生まれて外に出てきたときの温度の変化についていけないため、しっかりと温度管理をしないと低体温に陥る可能性があります。

そのため、出生後のことを考えて空調の管理を万全にしておく、カンガルーケアが始まったらタオルなどで赤ちゃんを保温させる、カンガルーケアを行う時間を長くしない、などの正しいやり方が求められます。

低体温になると発育に影響が出る恐れがあるため、赤ちゃんの体温が少しでも低いと感じたらカンガルーケアを中断させましょう。

異常の発見が遅れる可能性

カンガルーケアを行う前に、医師によって赤ちゃんの体内に残っていた羊水で呼吸を詰まらせていないかどうかなどの呼吸の異常について、確認してからカンガルーケアが行われますが、赤ちゃんの心肺機能や呼吸機能は未熟な状態で、カンガルーケアを行っている最中に赤ちゃんの呼吸が乱れないともいえません。

赤ちゃんの状態をチェックする医師がそばにいないときは、産後の疲れたママは細心の注意を払えないこともあると思うので、必ず誰かがそばに居るようにしてもらいましょう。

落下事故を招く危険性

医師や看護婦による万全なサポートのうえでカンガルーケアは行われますが、ベッドに寝た状態で赤ちゃんを抱きかかえるので、しっかりと赤ちゃんを支えていないと落下してしまう危険性があります。

退院後に自宅でも行うのであれば、なおさら細心の注意を払って誰かのサポートを借りて行うようにしましょう。

おわりに

カンガルーケアを行わなくても、赤ちゃんとスキンシップを取ることは可能ですが、産後すぐに肌と肌で触れ合えることは、とても貴重な体験の一つでもあるといえます。カンガルーケアを行うか迷うときは、病院に相談し、十分に理解したうえで行うかどうかの判断をするようにしましょう。

ピックアップ

【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
おんぶ紐はメリットがいっぱい!おすすめ商品と選び方
ママになる方にとって必需品になる抱っこ・おんぶ紐。赤ちゃんの寝かしつけから外出時、家事を行う時など昔から重宝されてきました。できれば、出産前に準備しておきたいものの1つですよね。しかし、種類が豊富にあることからどれを選べばよいのか悩んでしまう方は多くいらっしゃいます。ここでは、そういったことから...
赤ちゃんの頭の形を良くしたい!今すぐできる5つの矯正法
生まれたばかりの赤ちゃんの頭は、とてもデリケートです。まだ骨がやわらかくて変形しやすいため、寝ているときの向き癖や抱き癖が原因で形がいびつになってしまうことがあります。また、子宮内の環境が狭いことや、出産時に通る産道が狭いこと、吸引分娩によって頭を引っ張られることなども赤ちゃんの頭を変形させてし...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
カンガルーケア(早期母子接触)のメリット・デメリット
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

0歳児・新生児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう
赤ちゃんに授乳を与える最初のステップから、次に待っているステップは離乳期や卒乳・断乳です。なんとなく卒乳と断乳という言葉は知ってはいるけれど、違いについてはよく分からない…と思っている方、もしくは、一緒なのではないかと思っている方は意外と多くいらっしゃいます。そのことからも、ここでは卒乳と断乳の...
月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...
粉ミルクはどれを選べばいい?人気のおすすめ7選!
ミルク育児や混合育児の場合、粉ミルクを用意しなければなりません。現在では、数十種類にも及ぶ粉ミルクがあり、どれを選べばよいのか悩む方や、人気のものは何なのかを知りたいという方が多いと思います。 ここでは、そういった悩みを解消するべく、粉ミルクの選ぶポイントやおすすめの粉ミルクについてご紹介しま...
【特集】赤ちゃんの夜泣きを止める4つの安眠グッズ
お母さんはみんな赤ちゃんの健康な成長を願っています。そのためには睡眠が欠かせないということが分かっているだけに、赤ちゃんが夜泣きをして、なかなか寝ないと気持ちが焦ったり、心配になったりします。また、お母さん自身も十分睡眠が取れないと心の余裕がなくなってしまい、ついつい赤ちゃんにあたって後悔するこ...
赤ちゃんの歯磨きのやり方と注意すべきこと
赤ちゃんの歯磨きは、大人の歯と違うので、磨き方も異なります。歯磨きはいつからはじめたらいいのか、また、どのように磨いたらいいのかなどの、磨き方のコツやタイミング、注意しなければいけないことをあらかじめ把握しておくことで、スムーズに赤ちゃんの歯磨きができます。今回は赤ちゃんの歯磨きのやり方や注意す...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る