2歳でも食育を頑張ろう!身に付けさせたい7つの食事マナー

スポンサーリンク

2歳でも食育を頑張ろう!身に付けさせたい7つの食事マナー

普段の生活で最もマナーを問われるのが「食事」です。「お箸の握り方がおかしい」「くちゃくちゃと音を立てながらご飯を食べる」など、子どもの頃にある程度の習慣が身についていないと、大人になってから「マナーのなっていない人」と思われてしまいます。

小さい頃に教わったことは、大人になってもきちんと覚えています。完璧なマナーを身に着けておく必要はありませんが、ある程度教えておくことは親の務めです。今回は子どものうちから身につけておきたい基本的なマナーについてご紹介いたします。

まずは食事の時間と遊びの時間のON・OFFをつける

食事の時間

マナーといっても種類はさまざま。まずは食事と遊びの時間を区切ることを教えましょう。「ご飯の時間はおもちゃを一旦置くこと」「きちんとイスに座って食べること」の2点を身に着けることがマナーを学ぶ第一歩。ご飯の時間はご飯、遊びの時間は遊び、と教えて「ながら食べ」はやめさせましょう。

些細なことかもしれませんが、時間を分けることができないまま大人になると、スマートフォンやゲーム機をいじりながらご飯を食べることが当たり前になってしまいます。

レストランなどでときどき見かけることがありますが、第三者目線で見るとあまりお行儀の良いこととは言えませんね。時間のON・OFF、まずはここから始めてみましょう。

合わせて読みたい

どこまで話せていればいいの?2歳児の発達の目安
小さな子どもを持つ保護者としては、わが子の発達具合が気になるでしょう。同じ年の、よその子どもと比べて、成長が遅れていないかどうか心配...

2歳のうちに教えておくべきマナーは7つ!

食育

一気に色々教えても覚えられませんから、2歳になったらまず以下の7つのポイントをおさえておくようにしましょう。

1.「いただきます」「ごちそうさま」をマスター

食事の席に着き、なにも言わずにパクリ。これは他のどのようなことよりもマナー違反です。食べる前には「いただきます」、食べ終わったら「ごちそうさま」という挨拶は必ず教えましょう。もちろん、ただ「言いなさい」では子どもも腑に落ちません。

きちんと「これはご飯を作ってくれた人、そのもとの野菜やお肉を作ってくれた人に感謝するための言葉なんだよ。生命をいただいていることに感謝しようね」と挨拶をする意味も伝えてあげてください。

お父さんやお母さんも一緒に手を合わせて「いただきます」「ごちそうさま」をすると、子どもも真似するので早く覚えられるかもしれませんね。

2.食事に集中することを学ぶ

子どものうちは食事中という短い時間もじっとしていることが難しいです。ある程度成長するまでは食事中にテレビを見ることは控えましょう。また、近くにおもちゃを置くこともNG。ご飯の時間は食べることに集中させましょう。

また、じっとしていることに我慢できず、立ち歩いてしまうこともしばしばあるかと思います。初めに「ご飯中は立ち歩いたりせずにきちんと座って食べようね」ということを伝えましょう。それでも立ち歩いてしまった場合、頭ごなしに怒るのではなく「次から頑張ろうね」と声をかけましょう。

いつもよりもじっとしていられる時間が長くなったと感じたときには、褒めてあげることが大切です。

3.きちんと口を閉じて食べられる量を学ばせる

一度に多くの量を頬張ってしまうと、口が閉じられなかったり、こぼしてしまったりすることがあります。口が閉じられないとクチャクチャと音が鳴り、周りの人は不快な思いをします。「音を立てて食べない」、「こぼさないように気を付ける」という2点を教えるようにしましょう。

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
2歳でも食育を頑張ろう!身に付けさせたい7つの食事マナー
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る