良ければシェアをお願いします。

旦那さんが転勤!働く妻の仕事はどうするの?

旦那さんが転勤!働く妻の仕事はどうするの?

転勤族というのは初めからわかっていても仕事は続けたいですよね。数年毎に来る転勤指令、働く妻としてはどう対応していけばいいのでしょうか?せっかく軌道にのっている仕事をどうすればいいのか、転勤先で今までの仕事経験を生かすことは可能なのでしょうか?また、引っ越し後の子どもの精神的な負担についても考えてみましょう。

スポンサーリンク

正社員、フルタイムの仕事の場合

せっかく仕事も順調にいってたのに退職しなければならないのは悲しいことですが、着いて行くと決めたのなら覚悟しなければなりませんね。引継ぎなど完璧にして気持ちよく新しい土地に向かいたいものです。転勤先での仕事はどうすればいいのでしょうか?

どうしても無理な時は、旦那さんに単身赴任してもらわないといけない場合もでてくるかもしれませんね。ではどのようなケースがあるのか解説していきましょう。

失業保険の受給資格がある?特定理由離職者に該当!

もしも前職で失業保険の受給資格を得ることができるような働き方をしていた場合、夫の転勤による妻の退職は自己都合だったとしても特定理由離職者として扱われ、一般的な場合よりも少し優遇されます。

何も言わないと普通の自己都合の退職者と同じ扱いになってしまうのでその辺はきっちりとハローワークで確認しましょう。旦那さんの転勤の辞令など必要書類をよく確認して準備しておくことが必要です。損することなく次の仕事探しをしましょう。

できるなら同じ職種の方が断然有利!

働いている会社が転勤先に支店などを持っていてそこに転勤させてもらうことはなかなか難しいようです。でも慣れている職種なら新しい職場でも割とすぐに馴染めるものです。その職の実務経験者なら採用もされやすくなります。

今までと同じような職種で仕事を探すことをまず目標にしてみましょう。現地のハローワークはもちろんのこと、就職斡旋の会社なら、転勤前にインターネットから登録して職を探すことも可能です。

どうしても辞めたくない!単身赴任の選択

正社員で長年頑張ってきたという方はやっぱり辞めたくないですよね。産休を取ってやっと復帰したところなのに、長年培ってきた人間関係を壊したくない等、理由は様々です。さらに転勤先で保育園に入れる保証もありません。

旦那さんとお互いが納得いくまでよく話し合って決断しなければいけません。実際には、妻の仕事が原因というよりも、子どもがいる家庭は子ども優先にすることで単身赴任を選択さぜるをえない場合が多いです。

合わせて読みたい

働くパパ・ママ必見!ぜひとも利用したい10個の支援制度
働きながら家事や子育てをすることは大変ですよね。仕事に集中しなくてはならないけれど、子どもはまだまだ手がかかる、またはその反対もあり得るでしょう。そのような忙しいパパやママに注目していただきたいのが「子育て支援制度」です。 働きながら子育てをしている人の心や身体の負担を少しでも減らすた...

パートタイムで働いていた場合

正社員でなくとも子どもが保育所、幼稚園、学校に行っている間を利用してパートで働いている方も多いですね。パートならば比較的簡単に辞めることはできますが、それぞれの仕事に慣れて生活のリズムの確立しているところへの転勤の話はきついものです。

パートでも同じような仕事を探そう

パートといえども任されて仕事をしていますので、身についたスキルを生かさない手はありません。今の仕事に似た職種の仕事を探しましょう。インターネットでは地方の求人を職種別に見れますのでその土地の時給の相場や情報を入手できます。

また保育所の場所と待機児童の様子等の周りの環境なども事前に調べることで早く自分に合う仕事を見つけることができます

心機一転、これから新しい仕事を選ぶなら

もし新しい仕事であれば次の転勤先でも有利になる仕事を探しましょう。例えば、全国展開しているコンビニや飲食店を選ぶのも手です。全国展開なら場所が変わっても同じように働くことができるので即戦力として採用してくれる可能性が高くなります。

コールセンターの様な仕事も全国展開している場合があります。応募前にどのような会社かを調べてみてくださいね。

次の転勤に備えて日々努力をしましょう!

数年後の転勤の為に履歴書に書ける資格などを取っておくと仕事も見つけ安くなります。医療関係、不動産や司法関係など、特に介護等は、人手が足りないので多くの求人があります。

資格を持っていると時給が上がったりするので興味があればとっておくとよいですね。次の転勤でステップアップする!という位の気持ちでがんばりましょう。

合わせて読みたい

共働きの旦那さん必見!上手な家事分担のコツ
共働きの家庭というのは年々増加傾向にあり、2016年7月12日の厚生労働省の発表によると、2008年に1,000万世帯を超えて以降、現在もさらに増え続けているとのことです。この背景には女性の社会進出や不景気という社会情勢があり、これからも増加し続けることでしょう。 そこで問題になるのが家庭内に...
小学生男の子と女の子二人のママです。育児を楽しみながら毎日過ごしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
旦那さんが転勤!働く妻の仕事はどうするの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る