働くパパ・ママ必見!ぜひとも利用したい10個の支援制度

良ければシェアをお願いします。

働くパパ・ママ必見!ぜひとも利用したい10個の支援制度

働きながら家事や子育てをすることは大変ですよね。仕事に集中しなくてはならないけれど、子どもはまだまだ手がかかる、またはその反対もあり得るでしょう。そのような忙しいパパやママに注目していただきたいのが「子育て支援制度」です。

働きながら子育てをしている人の心や身体の負担を少しでも減らすための制度は、年を重ねるごとに増加傾向にあります。対象なのに知らない・利用できていないということではもったいないですね。今回は働くパパ・ママが知っておくべき支援制度についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

育児・介護休業法を活用しよう

法律の活用

「育児・介護休業法」というものをご存知ですか?平成28年3月に改正され、平成29年に施行される厚生労働省が定めた法律です。「なんだか難しそうでよくわからない……」と思っている方のためにわかりやすく解説していきます。

1.育児休業制度

1歳未満の赤ちゃんのパパ・ママが利用することのできる制度です。一定範囲の期間雇用者の場合には1歳6か月まで利用することができます。

2.子の看護休暇制度

「急に子どもが熱を出してしまった」という時などに活躍するのがこの制度です。小学校就学前の子どもがいる親は年に5回まで休みを申請することができます。現在は1日単位でしか休みを取ることができませんが、平成29年の改正により半休でも休みを取ることが可能となります。

合わせて読みたい

共働きママが二人目を妊娠することのメリット・デメリット
子育ては大変なこともありますが、楽しいものですよね。一人目の育児が落ち着いてきた頃、二人目が欲しいと考える方も多いのではないでしょうか。 しかし、二人目が欲しいと思っていても、経済的な事情や子育てへの不安などから躊躇している場合も少なくないでしょう。さらに夫婦共働きの場合は、保育園の問...

3.時間外労働の制限の制度

お子さんが小さいうちは残業をすることは厳しいですね。そのときに利用できる制度です。1日8時間、1週40時間以上働くことが一部免除になります。これを申請することにより、1カ月当たりの残業時間を24時間に制限してもらうことができるようになります。小学校就学まで適応可能な制度です。

4.深夜業の制限の制度

保育園のお迎えや夜の寝かしつけなど、子どもが小さいうちは時間に縛られがちで、遅くまで働くことは難しくなります。この制度はお子さんが小学校に入るまで、午後10時~午前5時までの時間に働かなくていいよ、というものです。

5.短時間勤務制度

「時間外労働の制限の制度」とよく似ているのが「短時間勤務制度」です。簡単に言うとこの制度は「残業はしなくていいよ」というもの。3.との違いは「法律で定められた時間以上働かなくていい」と「就業規則で決められた時間以上働かなくていい」というものです。

3.の場合は法律で決められた8時間という時間を超えて働く場合に、それが免除されます。一方5.の場合は、会社の就業規則が1日6時間だったら6時間を超えて働く場合に、それが免除されるというものです。細かな違いですが覚えておくと良いでしょう。

合わせて読みたい

産後の仕事復帰はいつから?復帰する際の注意点はある?
産休を取得して出産をしたら、仕事に復帰することを考える方が多いでしょう。法律上は原則として産後8週間は、労務に就くことができません。本人が希望して医師も認めた場合には例外的にもっと早く復帰できますが、それでも産後6週間は休まなければなりません。これは健康と安全を考慮してのことです。 そして...

子ども・子育て支援制度を活用しよう!

制度の活用

上記の育児・介護休業法よりもご存知の方が多いかもしれませんね。子ども・子育て支援制度は内閣府が施行している制度です。平成28年度に創設された新しい制度もありますので、ひとつずつ見ていきましょう。

1.仕事・子育て両立支援

まさに働くパパ・ママが求めていた制度がこちらです。新しく創設されたこの制度では「企業主導型保育事業」を実施します。各会社の従業員のための保育施設の設置、運営費用の助成金の支給をしてもらえます

週2日出勤や、深夜・休日出勤など、働くパパ・ママが希望する働き方にも対応可能。さらに、残業や休日出勤のためにベビーシッターを利用した際の料金も補助してくれる制度です。

2.一時預かり制度

急な用事ができてしまった場合などに活用できる制度です。地域でママ友が交流したり、子どもが遊んだりできる地域子育て支援拠点や保育所などを活用して、一時的に子どもを預かってもらえます。土曜日でも預かってほしい人、忙しい方にピッタリの支援です。

3.子育て短期支援

「仕事で出張が入ってしまった」「自分がインフルエンザにかかってしまった」などで一時的に子どもの面倒を見ることができないときに役立つのが「子育て短期支援」です。何らかの事情で子どもの保育ができないとき、短期間宿泊で子どもを預かってもらうことができます。平日の夜間などでも対応可能な便利な制度です

4.放課後児童クラブ

保育園や幼稚園、保育ママなど小学校就学前までの支援は多いですが、小学生になってしまうと受けられる支援が極端に減ってきてしまうのが現状です。そんな中、小学校のお子さんでも受けることのできる制度が「放課後児童クラブ」です。

「仕事があるから夜まで家に帰れないけれど、子どもを家で1人にしておくのは不安」という方のために、放課後に小学校の空き教室や児童館などで預かってもらうことができます。小学校の場合には教員が、児童館の場合でもきちんとした指導者がいるため安心です。

5.ファミリー・サポート・センター

小学生までのお子さんがいるパパ・ママを対象とした制度です。育児中の保護者を会員として、支援を受ける側と支援したい側をマッチングさせ、サポートする支援のことを指します。地域によって内容は異なりますが、子どもの一時預かり、学校への送り迎えなどが主な内容となっています。

おわりに

現代は「働きながら育児をする」ということは当たり前になりつつあります。それに伴って子育て支援は年々充実していっています。核家族で子育てをしていくことは並大抵のことではありませんし、パパやママだけが頑張らなければいけない、ということでは決してないです。上手に周りのサポートを受けながら、仕事も子育ても気負いすぎず「自分のペース」を大切にしていってくださいね

ピックアップ

共働きの旦那さん必見!上手な家事分担のコツ
共働きの家庭というのは年々増加傾向にあり、2016年7月12日の厚生労働省の発表によると、2008年に1,000万世帯を超えて以降、現在もさらに増え続けているとのことです。この背景には女性の社会進出や不景気という社会情勢があり、これからも増加し続けることでしょう。 そこで問題になるのが家庭内に...
育児に専念!育児休業給付金の計算方法と条件
育児休業を考えているものの、その間の金銭面での不安から、なかなか踏み切れないという方もいらっしゃるかもしれません。確かに、育児休業の間は、企業から給与をもらうことができません。ですが、きちんとした手続きを踏めば、育児休業中に「育児休業給付金」が支給されることはご存知でしょうか。 ここでは、「育...
父子家庭で仕事を選ぶ時のポイント5つ 補助や助成制度もある?
離婚や死別などで、急に一人で子育てをしなければならなくなったというお父さんもいらっしゃるかと思います。不慣れな育児、家事で時間に追われるなか、仕事もしなくてはならず、途方に暮れてしまう場合も少なくありません。子どもと過ごせる時間を作ろうとすると仕事自体を変えざるを得ない状況になってしまった方...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
働くパパ・ママ必見!ぜひとも利用したい10個の支援制度
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

仕事の悩みについて・・・あわせて読みたい

妊活中に退職はアリ?ストレスで仕事を辞める4つのメリットデメリット
今の仕事内容、職場の環境が好きだからと言って、仕事でストレスを感じないという方はほとんどいないでしょう。仕事をしている限り、多少のストレスでも強く感じてしまいがちです。 では、妊活中でありながらストレスを受けてしまうような仕事を続けるべきでしょうか?結論から言うと、妊活中の方が仕事を続けていく...
【男性編】夫の職場での妊娠報告の仕方とタイミング
赤ちゃんが授かることは、夫婦にとって、とてもうれしいことで、「すぐにでもこの喜びを周りの人に伝えたい!」と考えるものです。両親はもちろん、親戚や親しい友人など、報告すべき人たちはたくさんいますが、それぞれ報告すべきタイミングは違います。 親戚や親しい友人には、一般的に妊娠4か月後半から妊娠5か...
覚えておきたい産休前の職場で使える2つの挨拶
産休・育休は無事に赤ちゃんを出産して育てるために必要な制度です。その一方で、職場で働く上司、同僚、後輩に負担がかかってしまうのも事実です。そこで産休に入る前に、やっておきたい挨拶の仕方について説明していきます。挨拶の仕方を知っておくことで、将来的に復帰しやすい雰囲気や環境を作れるほか、自分の心配...
いつからとれる?産休と育休の計算方法について
これから出産を控えている妊婦さんの関心ごととして「産休」や「育休」があるはずです。まだ1度も出産を経験されていない場合、この産休制度などがどのようなものかを分からないこともあるでしょう。そこで、産休と育休とは何かから始め、手当金の計算方法についてご説明したいと思います。そして、この制度について詳...
妊婦に向いてるのは?無理なく働けるお仕事3選
出産には大きな費用がかかりますし、子供を育てていくには何かとお金が必要です。そのため、家計に少しでもプラスになるよう、妊娠中にも仕事がしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。 しかし、中には妊娠中に向いていないお仕事もあるため、仕事選びには慎重になる必要があります。そこで今回は、妊婦さ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る