良ければシェアをお願いします。

2歳になった子供に三輪車をプレゼント!選び方のポイント

2歳になった子供に三輪車をプレゼント!選び方のポイント

2歳になり、お外で使う初めての乗用玩具として三輪車をプレゼントしようかなと思う方は多いと思います。公園など家から近くの場所へのお出かけには、押し手のついた三輪車を選べば、ベビーカー代わりとして使えるためとても便利です。また、ペダルなしの自転車も三輪車の代わりとなるため人気があります。そこで三輪車やペダル無しの自転車の選び方のポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

三輪車の対象年齢は何歳からが多いか?

国内のメーカーのものは、対象年齢が1歳から3歳のものが多いのですが、海外ブランドの三輪車だと中には10か月から乗られるものもあります。なので2歳のお子さんにプレゼントする際はどれでも大丈夫です。ただし2歳といえど体格差はあるので、対象の身長などをしっかり確認してからの購入が安心です。

ステップつきの三輪車のポイント

まだ上手に自分の力でペダルを漕げない場合は、ステップ付きの三輪車をおすすめします。ステップという足をのせる場所がついていると、大人が手押し棒で押したときに足を巻き込まれる心配がないので安心です

また、ベビーカーとしても使いたいと考えているなら、乗っているお子さんも楽にできるのでステップがついている方がいいですね。また、ステップが着脱式のものもあります。着脱式だとお子さんの成長に合わせて調整ができるのでよりいっそういいですね。

手押し棒つきの三輪車のポイント

国内のメーカーも海外のメーカーも、手押し棒が付いているモデルが多いです。舵取りができるようになっているものが殆どですが、中には舵取りができない手押し棒もあるので注意が必要です。

舵取りはあった方が便利ですが、上手にひとりで三輪車を漕げる場合は、三輪車の重量も考えてあげましょう。手押し棒が小さい子には重く感じてしまうこともあります。そういった場合は手押し棒が外せるタイプを選ぶと、普通の三輪車としても使えます。

ペダルがついていない自転車のポイント

三輪車の代わりにペダルなしの自転車、ランニングバイクを検討するのも良でしょう。ランニングバイクは対象年齢が2歳以上のものがほとんどです。また、乗り方を教えなくても直感的に乗れるようになる、楽しみながらバランス感覚を養える、自転車にステップアップする際そんなに練習しなくてもすぐに自転車に乗れるなどのメリットがあり、とても人気です。

しかし、お子さんがしっかりと自分でこいで進まないといけないので、ベビーカーとしては使えません。

合わせて読みたい

2歳の女の子に人気のおもちゃ5選
2歳を迎えた子どもは、遊びを通してさまざまなものを感じ、成長していきます。また、自我が芽生える頃でもあるので「好きなもの」への執着する気持ちが生まれてくる時期でもあります。 2歳になりたての子どもはまだ赤ちゃんのような部分もありますが、ママをはじめとした家族のまねをしたり、ぬいぐるみのお世話を...

ベビーカーとしても使いたい場合は?

近くの公園に行くのにはもちろん、その他に長時間でかけるのにも使いたいと考える場合は、ベビーカーとしての機能が充実しているものを選ぶといいでしょう。三輪車に乗っている際に、もし途中で寝てしまったら厄介です。また、ベビーカーを嫌がるというお子さんは自分で進むこともできるため、応用力もあり便利なものとなっています。

サンシェードがついているタイプ

サンシェードが付いているタイプはベビーカーっぽさが強く、日差しが強い日のお出かけにはとても便利です。もしも寝てしまった場合も、サンシェードをして強い日差しから守ってあげられるのがありがたいポイントです。また、折りたたみができたり、取り外しができたりすると三輪車として使いたい場合にすっきりとするので便利です。

さらに、女の子でメルヘンなタイプが好きな場合は、幌馬車を思わせるようなタイプのものもあるので、見た目もかわいく乗ることができます。

座席に背もたれがついているかどうか

三輪車で一番困るのは寝られてしまうことです。それを考慮する場合にみておきたいポイントは、座席に背もたれがついているかどうかです。大きな背もたれが付いているタイプだと、もたれかかって寝ても落ちる心配がないので安心です。

また、背もたれにしっかりとしたクッション材が入っていると、段差などの衝撃で起こしてしまうこともないのでおすすめです。さらに、座席の周りにフレームがついているタイプだと、前のめりになって寝てしまってもずれ落ちたりせず、とても安心です。

カゴがついているタイプかどうか

三輪車にカゴがついていると、お砂場セットを乗せられたり、帰りにスーパーに寄って買ったものを入れられたりと便利です。仮に、ベビーカーとしての使用はせず、三輪車として乗るのがメインだとしてもカゴは便利です。しかし、その場合はお砂場セットがいれられる位の小さいタイプのカゴで十分です。

もし、ベビーカーとしての利用も考えているなら、少し大きめのかごがついているものを選ぶといいでしょう。また、カゴが要らなくなった場合に取り外しができるかどうかはしっかりと調べておきましょう。

合わせて読みたい

2歳の男の子に人気のおもちゃ7選
子どもが成長するにつれ、「日常生活で何かを見る」「ふれるという機会が多くなる」と、さまざまなものに興味を持ち始めます。2歳になる頃は、「イヤイヤ期」ともいわれるような自己主張が出てくる時期でもあり、また、身体機能が発達して安定し、歩く、走る、飛び跳ねるなどの活発な動きができるようになってきます。...
もうすぐ1歳半になる娘に夫と溺愛中。育児に関する記事を書きながら、自分自身も勉強しています!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
2歳になった子供に三輪車をプレゼント!選び方のポイント
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る