男女で違う?男の子と女の子それぞれの育て方

良ければシェアをお願いします。

男女で違う?男の子と女の子それぞれの育て方

よく子どもを産むなら「一姫二太郎」といわれますが、実際、女の子のほうが男の子より育てやすいのでしょうか。そもそも男の子と女の子で育て方は変えるべきなのか、子育ての基本と、、女の子との向き合い方のコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

子育ての基本は男の子も女の子も同じ

基本

子育ての基本は、男の子も女の子も変わりません。子育てをするうえで、将来社会に出て困らない常識やルール、マナー、社会性などを学ばせる必要があるのは、男の子も女の子も同じだからです。反対に親として守るべきルールも同様です。

たとえば、「◯◯はだめな子ね」「◯◯はわがまま」などお互いの子どもの悪口を話さない、感情的に怒らない、過保護に育てない、過干渉を避ける、兄弟姉妹がいる場合は性別の違う子どもを比較しないようにする、などです。

男らしさ、女らしさについて

男女

中には、女の子のようにおとなしい男の子や、女の子なのに電車やミニカーで遊びたがる子もいます。「男の子なんだから」「女の子なんだから」という固定観念を持っていると、親としては理想とのズレに悩み、それをあてはめられる子供も苦痛ではないでしょうか。

まずは性差よりも一人の人間として尊重してあげることが大切です。「女の子だからお行儀よく優しく」「男の子だから泣いちゃダメ」といったように、女のくせに、男のくせにという育てかたはやめましょう。なぜなら男性であっても優しさは必要ですし、女の子であってもバイタリティは大切だからです

合わせて読みたい

英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...

体のしくみの違いを知っておこう

体の仕組み

男の子と女の子で子育てを変える必要はありませんが、それでも自分と異性の子どもはわかりづらいと思うパパママもいるかもしれません。そこで、ここからは少しだけ男の子、女の子の違いについて参考までにご紹介していきます。

お腹の赤ちゃんの脳はもともと女の子脳ですが、男の子の場合、妊娠初期から中期にかけて男性ホルモンが分泌され、脳をはじめ骨格や筋肉なども、男の子らしくなっていきます。ただし個人差があって、女の子らしい性格の男の子もいれば、体ががっしりとした女の子もいます。

近年、男性と女性では脳のしくみが基本的に違っていることが解明されつつあります。女性の脳は男性の脳よりも脳漿(のうりょう)と呼ばれる右脳と左脳をつなぐ部分が多いということがわかってきました。

一般的に女性は言語能力に優れており言葉を覚えるのが早く、自分の周りの状況に適応しやすいしくみになっています。2、3歳の女の子が大人顔負けのおしゃまな言葉を発するのも納得ですね。反対に、男性は平面のものでも立体としてとらえる事ができる空間能力が長けて、乗り物など物に興味を持ちやすいともいわれます

また平均寿命からもわかるように、体力的には女性より勝るものの、どちらかといえば男性のほうが病気にかかりやすい傾向にあります。そのため「男の子のほうが育てるのが大変」といわれるのかもしれませんね。

合わせて読みたい

3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。 特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっ...

脳のしくみの違いから考える男の子、女の子の接し方のヒント

接し方

脳のしくみに違いがあることがわかったところで、具体的にどう働きかけたらベターなのか、ここでは参考までにそれぞれの接し方のヒントについてご紹介します。

男の子の場合

本人が納得いくまで見守る

飽きるまで何度も同じことを繰り返すという特徴がみられます。この繰り返しによって遊び方や物を学習していくので、途中でさえぎることなく根気よく見守ってあげましょう。

好奇心旺盛の男の子は学校帰りに虫の観察をしたり、セミの抜け殻を集めたりとなかなか家に帰ってきません。寄り道も子どもにとっては学びのひとつで脳の発達には必要なことなので、できるだけこういった行動につきあってあげるようにしましょう。

話をしっかり聞いてあげる

子どものうちはどうしても自分の思っていることを上手に言葉で表現することができません。とくに男の子の脳は女の子の脳より言葉を覚えるのが遅い傾向があります。それでも子どもが伝えようとしていることを根気よく聞いてあげることが重要。

そうやって気持ちを上手に引き出して代弁してあげることを繰り返すことで、理解してもらえる安心感を覚え、言葉での表現方法も身についていきます。言葉のかわりに絵や楽器などで自己表現する方法を教えてあげるのもいいですね。

叱るときほめるときは理由をきちんと説明する

叱るときにいきなり「ダメ!」と止めるのは×。なぜダメなのか理由をきちんと説明してあげましょう。そのとき危ないからダメ、痛いからダメというように具体的に、子どもにもわかりやすい言葉で納得できるように伝えましょう。

ほめるときもただ「いい子ね」というだけでなく、「お手伝いしてくれて嬉しいからいい子ね」というふうにきちんと理由を教えてあげることが大切です

女の子の場合

五感をたくさん刺激してあげる

これは男の子にとっても有効ですが、きれいな花や絵、美しい音楽や、彩りの美しい料理などに直接触れる機会をつくってあげることが大切です。これによって感受性が磨かれていきます。

たくさん褒めてあげる

女の子はたくさん褒めてあげることが長所を伸ばしてあげることにつながります。ちょっとしたしぐさや言葉、表情などを褒めてあげると、また褒めてもらおうと行動します。できるだけ「やさしいね」「素敵ね」というようにきれいな言葉で穏やかに声をかけてあげると効果的。こうしてたくさん褒められることが女の子には自信につながり、また他人に対してもやさしく接するようになっていきます。

お手本を見せてあげる

男の子の場合には褒めるときも叱るときも理由を話すことが大切でしたが、女の子の場合には言葉より、具体的に大人が手本を見せることが重要といわれています。女の子は大人のマネをすることが大好きで、マネをすることで成長していきます。あいさつや食事のマナーなど、ママやパパがお手本を見せて習慣を身に着けさせてあげましょう。

おわりに

ここまで男の子、女の子それぞれの育て方のヒントを挙げましたが、一番大切なのはその子の個性に合った育て方を親子で一緒に見つけていくことです。男の子と女の子別にコツをご紹介はしましたが、実は男女関係なく、その子にふさわしいと思うほうのコツを活用してください。

思うようにいかないのが子育てであり、それが醍醐味でもあります。いまはつらいと感じても、やがて子どもは巣立っていきます。それまでの一生の間のわずかな時間、子どもと一緒にママもパパも成長するつもりでのんびり楽しんで毎日を送ってくださいね。

ピックアップ

6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...
4歳児との接し方で気を付けたいポイント5つ
たくさんの言葉を話せるようになったり、自分ひとりでできることが増えたり、子どもの成長をみることは大きな喜びです。しかし、体が大きくなり体力もついた分、言うことを聞いてくれなかったり悪態をついたりされると、手に負えないと感じることもあるでしょう。 そうした「手の負えなさ」を多くの保護者が...
勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
小さな子どもを持つ保護者の方のなかには、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、様々な習い事をさせている場合も多いのではないでしょうか。 しかし、勉強もスポーツも詰め込めばいいというものでもありません。勉強をしたりスポーツを習ったりするだけでなく、休息の時間も...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
男女で違う?男の子と女の子それぞれの育て方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

3歳~6歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...
4歳児との接し方で気を付けたいポイント5つ
たくさんの言葉を話せるようになったり、自分ひとりでできることが増えたり、子どもの成長をみることは大きな喜びです。しかし、体が大きくなり体力もついた分、言うことを聞いてくれなかったり悪態をついたりされると、手に負えないと感じることもあるでしょう。 そうした「手の負えなさ」を多くの保護者が...
3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。 特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっ...
3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...
英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る