赤ちゃんが泣きやむあやし方&寝かしつけ方のコツ

良ければシェアをお願いします。

赤ちゃんが泣きやむあやし方&寝かしつけ方のコツ

体も脳も未発達な赤ちゃんは、生後2ヶ月ぐらいから笑うといった意思表示を覚えますが、最初は泣くといった行動しかとれません。泣くことで、自分は今どうゆう状況でどういった感情でいるかということを教えてくれているのですが、解消してあげるには様々なことを試さなければいけません。

何をしても泣き止んでくれない、何が原因かわからない、そういった悩みを抱えているママやパパの悩みを解消するべく、今回は赤ちゃんが泣きやむあやし方や寝かしつけのコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんをあやす前に確認すること

おむつ

不快を感じていないか

まず、泣き始めたらおむつが汚れていないか、お腹は空いていないか、赤ちゃんが着ている服などが原因で、痛がったりかゆがったりしていないかを確認します。おむつが汚れていればおむつを変えて、それでも泣き止まない場合はお腹が減っている可能性もあります。大抵の場合、お腹がいっぱいになれば赤ちゃんは自然と眠くなります。

空調は快適かどうか

部屋の温度が適温であるかどうかを確認し、赤ちゃんを見て汗をかいたりして暑がったりしていないか、気温が極端に低かったりしていないかなどを確認しましょう。

赤ちゃんと接する時間

育児と家事に追われているママは、時には家事にかかりっきりになってしまって、赤ちゃんのことを気にかけてはいても、赤ちゃんと触れ合わない時間が短くなってしまうことがあると思います。

そういった時間が赤ちゃんにとって短いと感じると、ママに甘えたいという気持ちから泣き出すことがあります。家事の合間でもいいのでこまめに赤ちゃんを抱っこしたり、スキンシップをしたりして赤ちゃんを安心させてあげてください。

泣き方にいつもと異変を感じないか

泣き出してからあやさなきゃと焦る前に、いつもと泣き方が違うかどうかも確認してください。いつもと違う泣き方をしている場合、病気の可能性があるので、泣き方はしっかりと観察することが大切です

合わせて読みたい

0歳児の子育ては大変!子育てに疲れた時のリラックス法7選
赤ちゃんは可愛いけれど、子育てはとにかく大変なもの。特に0歳児の子育ては体力と神経を消耗します。今まではこなせていた家事がこなせなくなったり、趣味の時間がとれなくなったりすることが増え、精神的な重荷になることもあります。産後うつや幼児虐待が問題視されていますが、子育てに疲れたら、無理をせず自分の...

泣き止むあやし方・寝かしつけのコツ

泣く

イライラしない

泣き止まないことから焦ってイライラしてしまって笑顔であやすことを忘れていませんか?赤ちゃんはママやパパの表情に敏感に反応します。赤ちゃんと接するときは笑顔でいることを心がけましょう。

気分転換に外に出る

ずっと同じ環境で横になっている赤ちゃんも飽きてしまってぐずることがあります。そういったときは窓を開けたり、気分転換をさせるために外に出て風や太陽の光にあたったりさせてみましょう。その際、短時間の散歩でもしっかりと季節に応じた服装に気を付けることが大切です

色々な音を聞かせる

赤ちゃんはお腹の中にいる時から、様々な音を聞くことができます。そのためお腹の中のいるときに聞いていた音に似ている音を聞くと安心するとされています。赤ちゃんが実際にお腹の中で聞いていた音に似ている音は下記のようなものがあります。

  • スーパーのビニール袋がこすれる音
  • ドライヤーの音
  • 掃除機をかける音
  • テレビの砂嵐の音
  • シャワーなどの水が流れる音

上記の他にも、赤ちゃんがお腹の中にいた時に聞かせていた歌なども聞かせてみると良いでしょう。音が出るおもちゃなどであやすのも効果的です。

抱き方を変えてみる

基本的にママが抱っこしていることが多い場合は、パパに抱っこさせてみることでいつもと違った感覚に気づき、泣き止むことがあります。また、横抱きで普段抱っこしているのなら、縦抱きに挑戦してみたり、縦抱きにしてからまた横抱きになおしてみたりといったことをすることで、いつもと違った景色が見えることから泣き止むことがあります。抱っこする際は、おくるみやタオルなどでくるむとお腹にいた時の感覚を思い出すため寝かしつけの時にはおすすめです

絵本を読む

まだ、はっきりと目が見えていない時期の赤ちゃんでも、色がはっきりした絵本を選ぶことで赤ちゃんでも分かりやすいです。話しかける代わりにでも良いですし、赤ちゃんの気を引くにも効果的な方法です。

ベビーマッサージをする

大人がマッサージを受け気持ち良くなって眠くなるのと同じで、赤ちゃんに施すベビーマッサージにも赤ちゃんの機嫌を良くする効果があるとされています。ベビーオイルで優しく手足やお腹を撫でられるだけで赤ちゃんもリラックスし、よく眠ることができるようになるため夜泣きに悩むママにおすすめです。

くすぐる

赤ちゃんには触ると笑うツボがあり、お腹から下の方に集中しているとされています。指で軽くツンツンとつついたり、太ももの内側や足の付け根を手で優しくさすったりすることでさっきまで泣いていたのにすっかり機嫌を良くして笑顔になり笑い出しますよ。

合わせて読みたい

赤ちゃんとのスキンシップに最適なベビーヨガってなに?
「子どもが生まれたら、子どもと一緒にできるスポーツをしたい」「子どもと一緒に軽く体を動かしたい」「スキンシップやコミュニケーションの一環として、赤ちゃんと一緒に何かをしたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。 そんな人におすすめなのが、「ベビーヨガ」です。 ベビーヨガとはどんなもの?...

目を奪われることをする

赤ちゃんのあやし方で代表的な「いないいないばぁ」ですが、2歳ぐらいまでは「いないいないばぁ」をするだけで喜ぶとされています。コツは目を合わせること、笑顔を見せることです。その他には、赤ちゃんの目の前で大きな動作を取りいれた踊りをしたり、鏡を見せたりと、赤ちゃんの目を奪うことで泣き止みやすいとされています。

睡眠リズムのための環境作り

眠りにつきやすい環境を赤ちゃんのために整えてあげることで、夜寝つきやすくなるとされています。夜には部屋の光やテレビの音を控えめにしたり、夜間授乳もできるだけ暗い環境下で行ったり、朝には光を浴びさせるなどすることで睡眠リズムを覚えるようになります。

赤ちゃんをあやす時に注意すること

注意点

揺さぶられ症候群(揺さぶられっこ症候群)

揺さぶられ症候群とは、赤ちゃんを激しく揺さぶることで脳にダメージを与えてしまい、傷害が残ったり最悪の場合死にいたったりする病気のことを指します。頭だけを激しく揺らすことが揺さぶられ症候群につながるので、頭や首をしっかりと支えてあやせば問題はありません。喜ばせようとしても、激しくあやすことは控えて、優しく行うようにしましょう。

赤ちゃんの意思表示を少しでも汲み取り、解消してあげることは決して簡単なことではありません。ですが、上述でもご紹介したとおりいくつものあやし方があるため、色々試していくうちにあやし方のポイントを見つけることができますよ。大切なのは笑顔で接し、赤ちゃんと一緒に楽しむことです。赤ちゃんと向き合える今だけの時間を大切に過ごしてくださいね。

ピックアップ

赤ちゃんの目はどう見えてる?新生児の視覚とは
赤ちゃんの誕生は、親にとってこの上ない喜びです。誕生した瞬間から重い責任を背負うことにもなりますが、子供を産み育てるというのは人生の中でも特別な経験であり、その充実感にも包まれます。どんな赤ちゃんでも、産まれたてはかわいいもの。 自分をみてもらうため、「お~いパパですよ、ママですよ」などと...
どっちがいいの?紙おむつと布おむつの違いについて
大昔からおむつは出産前に手縫いで作り使用されてきましたが、現在ではおむつの形も進化し、紙おむつが主流となりました。そのことからも紙おむつを使用するママが圧倒的な数を占めるようになりましたが、なかには布おむつを使用されるママもいらっしゃいます。では、布おむつを使用されている方は何が良くて使用し...
赤ちゃんの最初の試練!突発性発疹の症状・原因・治療・予防の方法
ママたちの間で「突発もうかかった?」という会話が飛び交うほど、ほとんどの乳児がかかる病気といってよいでしょう。また1歳前後にかかるので、乳児から幼児に成長するための登竜門と言われています。今回は突発性発疹の症状とその対処方法についてご説明いたします。 突発性発疹ってどんな病気? 突発性発...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
赤ちゃんが泣きやむあやし方&寝かしつけ方のコツ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る