箸の持ち方を練習しよう!おすすめの練習法を大公開

良ければシェアをお願いします。

箸の持ち方を練習しよう!おすすめの練習法を大公開

子どもが成長するにしたがって、だんだんとできることは増えていくもの。食事ひとつとってみても、手づかみで食べていたのが、スプーンやフォークを使えるようになってきます。そうなったときに次に考えるのが「お箸」の使い方ではないでしょうか。

いつくらいからお箸の練習を始めたらいいのか、また効果的なトレーニング方法はないかなど、お悩みの保護者のかたもいらっしゃると思います。そこで今回は、お箸の持ち方のおすすめ練習法をご紹介します。

スポンサーリンク

お箸の練習は何歳頃から始めたらいいの?

何歳から

お箸を使う練習を始める時期、またそのきっかけはどういったタイミングなのでしょうか。早いお子さまであれば、2歳からでも覚えるケースもあるようです。逆に遅い場合では、「5歳を過ぎてから使えるようになった」という例もあります。そのため、一概に何歳から、と言い切れるものではありませんが、一般的には3歳頃を目安と考えるとよいでしょう

きっかけとしては、スプーンやフォークを使えるようになったのを確認してからお箸に移行することが多いようです。また、子どもの方から「お箸を使いたい」と興味を持つ場合もあります。ちなみに保育園などでは「クレヨンがしっかり持てるようになったら、お箸トレーニング開始」というところもあります。

合わせて読みたい

3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...

「鉛筆握り」からスタート

鉛筆握り

では、具体的なお箸の練習法をみていきましょう。

基本となるのは、「鉛筆握り」と呼ばれる持ち方です。鉛筆握りはスプーンの持ち方でも練習するやり方ですが、その名の通り、鉛筆を持つように人差し指・中指・親指を使う握り方です。

【1】まずは、鉛筆を1本使って、鉛筆握りを練習させてあげましょう。

【2】鉛筆握りができるようになったら、握ったまま上下に動かす練習を行います。

スムーズに上下に動かせるようになったら、もう1本鉛筆を持たせます。1本目を握ったままの状態で、2本目は親指のすきまから差し込み、薬指に乗せましょう。

【3】その状態から、上の鉛筆だけを動かします。

このときに下の鉛筆が動かないようにします。上手に上の鉛筆だけを動かさないと、下の鉛筆が動いたり、落ちたり、2本がバラバラに動いたりしてしまいます。下の鉛筆が薬指の上で安定したまま、上の鉛筆がスムーズに動くようにしましょう。

【4】【3】までできるようになったら、鉛筆からお箸に持ち替えましょう。

お箸でも同じ持ち方で、下のお箸が安定したまま、上のお箸だけを動かせるようにします。慣れてきたら、そのお箸を使って、実際に物をつまんで移動させてみましょう。大きめでつかみやすい豆などがおすすめです。

合わせて読みたい

悪魔の3歳!?加速する3歳児のイヤイヤとは
子どもは、2歳から4歳にかけての成長が著しいと言われています。特に3歳で目立つのが、イヤイヤ期です。「買ってくれないとイヤ!」、「持たせてくれないとイヤ!」など、自分の思い通りにならないと気が済まないのが、3歳児の特徴です。イヤイヤ期は2歳から始まって、4歳ごろになると落ち着きます。2歳のときよ...

根気よく、子どものモチベーションを保ってあげよう

モチベーション

練習法をご紹介しましたが、ほとんどのお子さんはすぐにはマスターできません。2本持つところまではいったものの、そこから上手に動かせるようになるまで、数カ月から1年かかるということも珍しくはありません。

そのため、最も大切なポイントとしては、親子とも焦らないことが挙げられます。叱ったりうるさく「こう持ちなさい」と言ったりしても、それでできるようになるわけではありません。むしろ、イヤになってしまう場合が多いでしょう。

根気よく、子どものモチベーションを保つことを第一に考えて見守っていきましょう。そのためには、少々不格好だったり失敗したりしても、できるだけ褒めてあげることが大切です。

「今、きれいに持てているよ!」「上手になったね」など声をかけてあげてください。なかなか進まなくても、「毎日がんばっていて、偉いね」と継続していることをほめることが大切です。

無理強いせずに、疲れている様子ならスプーンやフォークに切り替えてあげる、子どもの好きな献立や、お箸を使いやすい献立をできるだけ作ってあげる、などの工夫も必要です。

また、なかなか上達しない場合は、お箸が合っていない可能性もあります。長すぎたり、滑りやすいつるつる素材だったりすると使いにくくなるため、気を付けてあげましょう。

「トレーニング箸」は必要?不要?

トレーニング

お箸にリングが付いて指を通すことができる「トレーニング箸」も、市販されています。こちらはお箸トレーニングを始めるにはうってつけと言われています。

しかし、トレーニングの入り口としてはよいと言われていますが、あまりトレーニング箸に慣れてしまうと、変な癖が付いてしまったり、成長してからもトレーニング箸でないときれいに持てなかったりするといった声もあります。

メリット・デメリットを考えた上で、あくまで補助やイメージトレーニングとして使うものと考えた方がよいかもしれません。

おわりに

お箸の持ち方の練習法についてご紹介しました。お箸は間違った持ち方や汚い使い方を覚えてしまうと、なかなか癖が抜けず、大人になってから周囲に悪い印象を与えてしまう可能性があります。

逆に、子どものときにしっかりトレーニングして、正しい持ち方と使い方をマスターしておけば、ずっときれいな使い方ができます。お箸をきれいに使う人は、それだけで品が良く見えますよね。

きちんとした箸を持てない大人にならないためにもこの時期にきれいな箸の持ち方をマスターさせたいですね。お子さまがそうした大人に育つためにも、根気よくトレーニングしてあげましょう!

ピックアップ

赤ちゃんにテレビは悪影響!?テレビとの上手な接し方は?
家事に追われているとき、おとなしくなるからといって、ついついテレビを赤ちゃんのお守りがわりにしてしまっていませんか?実際にテレビが赤ちゃんにどんな影響を与えるのか、子育てとテレビの関係について調べました。 テレビが与える悪影響とは? まずは一般的にいわれる、テレビが子ども...
手洗いうがいを習慣付けよう!上手な進め方をご紹介
子どもが少し大きくなって外で遊ぶようになったら、家に帰った後に手洗いとうがいをするように教えなければなりません。しかし、なかなか言うことを聞いてくれなくて困っているママやパパも多いでしょう。 また、小さいうちはきちんと手洗いとうがいをしていても、小学校に上がってからしなくなるお子さんも...
4歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
4歳児は、急激な成長の最後の年ともいわれています。個人差もありますが、2歳から言葉を覚え始めて3歳で活発になり、イヤイヤも多くなります。目まぐるしい成長を経験して、ようやく落ち着くのが4歳です。知能の発達も著しいので、成長に合わせてさまざまなことを教えたい年頃です。今回は、4歳児の発達・成長・発...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
箸の持ち方を練習しよう!おすすめの練習法を大公開
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

3歳~6歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...
4歳児との接し方で気を付けたいポイント5つ
たくさんの言葉を話せるようになったり、自分ひとりでできることが増えたり、子どもの成長をみることは大きな喜びです。しかし、体が大きくなり体力もついた分、言うことを聞いてくれなかったり悪態をついたりされると、手に負えないと感じることもあるでしょう。 そうした「手の負えなさ」を多くの保護者が...
3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。 特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっ...
3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...
英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る