七五三にかかる費用はどれくらい?衣装代や写真代など詳しく解説!

良ければシェアをお願いします。

七五三にかかる費用はどれくらい?衣装代や写真代など詳しく解説!

小さかったわが子の成長を祝う行事である七五三。可愛い衣装を選んだり、写真屋さんを探したりと奔走しているお父さん、お母さんも多いかと思います。

「せっかくだからきちんとやりたいけど、相場はどれくらいなの?」「あまり高すぎても困るけれど、安すぎるのもちょっと…」とお悩みのお父さん、お母さん!今回は七五三にかかる費用の相場をご紹介いたします。衣装代や写真代、ちょっとした節約術もご紹介いたしますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

そもそも七五三ってどんな行事?

七五三

子どもの成長を喜び今度も健康に育ってくれるように願う、江戸時代が起源の日本の伝統行事です。かつては関東地方だけで行われていた、地方行事だったとされています。

3歳で言葉を理解し、5歳で知恵がつき、7歳で永久歯が生えてくるといった発育の節目という数字を取って「七五三」と呼ばれています。昔は3歳まで生き延びることも大変だったので、「3歳まで無事に育ってくれてありがとう」というお祝いの気持ちが土台となっているようです。

現在では女の子は3・7歳のときにそれぞれお参りをし、男の子は5歳のときにお参りをするというスタイルが主流になっています。

七五三は11月15日に神社でお祝いをするのが一般的です。ただ、その日の神社は相当混雑するので日程を前後してお祝いするご家庭も多くなっています。時期としては10月中旬から11月がスタンダードとなっているようです。

合わせて読みたい

3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。 特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっ...

七五三費用の内訳を知ろう

内訳

「内訳って『衣装代』『撮影代』くらいじゃないの?」と思っている方は要注意!七五三は意外にも色々と費用のかかる行事なのです。以下、内訳を見てみましょう。

  • 御初穂料(御祈祷料)
  • 衣装代
  • 着付け、ヘアメイク料金
  • 撮影代
  • 会食料

御初穂料(御祈祷料)

これは祈祷の際の謝礼として納める金銭のことを指します。料金は神社によって異なりますが、およそ5000円~10000円が平均金額とされています。七五三のお参りの際に社務所の受付で事前にお納めします。もちろんお賽銭だけで済ませることもできるので、その際は気持ちの分だけお納めするようにしましょう。

衣装代

スーツや着物などはレンタルか購入するかによって金額は大きく変化します。レンタルの場合、10000円~30000円程度ですが、購入の場合は20000円~となっています。購入の場合は良いものを選べば選ぶほど金額が高くなることは言うまでもありませんね。

兄弟、姉妹がいる場合には購入も良いですが、一人っ子だったり男の子と女の子の兄弟だったりするご家庭はレンタルのほうがお得かもしれません。レンタルは当日だけではなく、週単位で借りられるので写真撮影の日と、お参りの日が別でも安心です。

着付け・ヘアメイク代

お父さん、お母さんが着付けをできればもちろん0円で済みますが、女の子の場合はヘアアレンジや写真映えするように軽くお化粧もするでしょうから、なかなか難しいですね。美容院でプロにやってもらったと想定して、10000円とみておくと良いかもしれません。

節約をしたいなら撮影料のなかに衣装代・ヘアセット代も含まれるお店やプランもありますの、探してみてはいかがですか。

撮影代

スタジオの規模にもよりますが、5000円~30000円程度が相場とされています。ただし、色々なカットやそれなりに枚数が欲しい場合にはそれ以上になることも考えられます。お子さんのピンが1枚、家族みんなで1枚くらいだと比較的安く済ませることができるかもしれません。

大手のスタジオでは七五三撮影プランがあって、着付け・衣装や小物のレンタルが無料のところも多いですよ。最近では神社などにカメラマンがきてくる出張撮影も人気です。

ただしその分料金は少々お高め傾向ですが、同時に七五三を祝う子どもがいる場合はスタジオ撮影より割安になったりすることもあります。

会食料

お父さん、お母さん、お子さんだけで七五三を行う場合には、あまり気にしなくても良い項目かもしれませんが、おじいちゃん、おばあちゃん、親戚の方なども孫の晴れ姿は見たいもの。そうなると「お参りして解散!」というわけにはいきませんね。一般的に会食料金の平均は大人が3000円~10000円、子どもが1500円~5000円とされています。

豪華なレストランや割烹などで食事をする場合にはそれ以上になることもあります。ただし、多くの場合会食料は祖父母や親戚などが「お祝い金代わり」として払ってくれることがあるので、そこまで心配しなくても良いでしょう。もちろん、「お祝い金」として現金でいただいた場合、それを会食料に充てることもできます。

合わせて読みたい

悪魔の3歳!?加速する3歳児のイヤイヤとは
子どもは、2歳から4歳にかけての成長が著しいと言われています。特に3歳で目立つのが、イヤイヤ期です。「買ってくれないとイヤ!」、「持たせてくれないとイヤ!」など、自分の思い通りにならないと気が済まないのが、3歳児の特徴です。イヤイヤ期は2歳から始まって、4歳ごろになると落ち着きます。2歳のときよ...

背伸びしすぎない七五三!節約できる部分はココ!

衣装

「一生に一度の行事だけど、こんなにお金がかかるのか…」とお悩みの方に朗報です!ここでは無理せず七五三を行うための節約術をご紹介いたします。

1.親戚などに衣装を借りられるか聞いてみる

レンタルのほうが安いとはいえ、ピーク時になると希望の衣装が借りられないこともあります。もし、親戚などに借りることができれば衣装代は無料になりますね。年の近いお子さんがいそうな知り合いにあたってみると良いでしょう。

2.写真は自宅で撮る

意外にもお金がかかるのが撮影代ですね。もちろん一生残るものですし、記念にプロに撮ってもらうのはおすすめですが、たくさんカットを撮りたい場合には自宅で撮ることをおすすめします。プロに撮ってもらった場合、あれもこれもと選んでいると高額になってしまう可能性が非常に高いです。

しかし、自宅で撮れば何回も撮りなおせますし、好きなだけ現像することができます。一番の節約ポイントは撮影代といえるでしょう。

3.お得な「七五三セット」を利用してみる

近年登場してきた「七五三セット」。御祈祷料も含めて30000円~50000円で全てできる点が人気となっているようです。「何もわからない、どうしよう!」と困っている場合にはぜひこのお得なセットを利用してみることをおすすめいたします。

おわりに

一生に一度のお子さんの晴れ姿ですから、ぜひ良いものにしたいですよね。「お金をかけなければ良い七五三はできない」ということは決してありません。上手に節約術を駆使して、思い出に残る七五三にしたいですね。

ピックアップ

乳歯の生え変わり時期はいつ?永久歯になる前に注意したいコト
子供の乳歯が生え揃った頃、気になるのが大人の歯となる永久歯。乳歯はいつか抜けるものだからと安心していませんか?実は、その生え変わりの時期が永久歯になるにあたって大切な時期となるのです。今回は乳歯の生え変わりの時期についてと、永久歯になるにあたって注意しておきたいことについてご紹介します。 ...
6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...

https://tamagoo.jp/childcare/3-years-old-child-development/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
七五三にかかる費用はどれくらい?衣装代や写真代など詳しく解説!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る