1歳でも指しゃぶりが止まらない!上手な4つのやめさせ方

良ければシェアをお願いします。

1歳でも指しゃぶりが止まらない!上手な4つのやめさせ方

幼少期の問題として挙げられる「指しゃぶり」。早めにやめられる子もいれば、小学生になっても癖になってしまっていてやめられない子もいます。1歳になるまでは成長過程で必要な行動ですから問題ないですが、2歳3歳になってもやめられない場合には習慣化して癖になってしまうことも考えられます。

今回は癖になる前に指をやめさせる方法をご紹介いたします!これから指しゃぶりの時期に入るお子さんがいらっしゃる方も、すでに習慣化してしまっていてお困りのお母さんも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

なぜ指しゃぶりはやめたほうがいいの?

風邪

「あまり指しゃぶりを続けるのはよくない」ということはよく耳にしますね。なぜ指しゃぶり期間が長いとよくないのでしょうか。指しゃぶりが与える影響について見ていきましょう。

1.歯並びが悪くなる恐れがある

指しゃぶりが癖になってしまうと、なかなかやめられません。気が付いたら5歳になっても指しゃぶりがやめられない、ということも珍しくはないようです。

あまり指しゃぶりを続けていると歯並びに影響が出てくると考えられています。出っ歯になってしまったり、上下の歯のかみ合わせが悪くなってしまったりすることがあります。

2.滑舌が悪くなることもある

正確には「舌足らず」になるとされています。これは上記の歯並びが悪くなることが原因です。歯並びが悪くなると、舌足らずになるだけではなく、口呼吸になって口が渇きやすくなってしまうことも考えられます。

3.病気になりやすくなる

指をしゃぶるということは、指についている病原菌を口の中に入れるということです。どんなに清潔にしていても、菌を完全に落とすことはできません。

指しゃぶりをやめない限り、身体の中に指からの菌が侵入していくということになります。風邪をひきやすくなったり、感染症になったり、虫歯になってしまうこともあるのです。

合わせて読みたい

子供の歯並びが悪い 乳歯の歯並びが悪い原因と対処法
子どもが成長する中で、「歯」について気がかりな保護者の方も多いでしょう。甘い物やジュースばかりを欲しがっていると、虫歯にならないか気になってしまいますよね。 歯の悩みで、虫歯などと並んで保護者の頭を悩ませることが多いものが、子どもの歯並びです。歯並びの悪さはどうしても外見上目立ってしまうだけに...

指をしゃぶる理由はなに?

指しゃぶり

1歳になるまで、赤ちゃんが指をしゃぶる理由は、物を認識する力を育てているためです。赤ちゃんは視覚や嗅覚ではなく、口の中に物を入れたときの感触で色々なものを認識します。

「口の中でこれはどのように動くのか」「どのような味がするのか」というところでさまざまなものを判断する能力を身につけていくのです。また、指しゃぶりは口の中の筋肉を育てる役割もあると言われています。

2歳3歳と指しゃぶりを続けている場合、癖になってしまっていることがほとんどのようです。もしくは「お母さん、お父さんが仕事で忙しい・構ってもらえない」というようなさみしさから、無意識にやってしまうことも。

「ツメ噛み」と同じで欲求が満たされないときに、指しゃぶりをしてしまうことが多いと考えられています。

合わせて読みたい

たまGoo!がおすすめする1歳児に読んであげたい本10選
1歳になるとハイハイからヨチヨチ歩きになり、転びながらも少しずつ歩ける距離が長くなっていきます。自己表現も始まり、うまく言葉にできない気持ちを全身で一生懸命に伝えようとします。 そんな風に、世界がぐんと広がるこの時期。子どもの感受性を育むためにも、素敵な絵本との出会いを贈ってあげたいで...

指しゃぶりをやめさせる4つの方法

遊び

1.口や手を使う遊びを提案する

指しゃぶりをやめさせるためには「指があいている状態をなくす」ことが重要です。癖になってしまっている場合、「指があいているからしゃぶろう」という思考回路が無意識のうちに出来上がってしまっています。

それを防ぐためには、口や手を使う遊びを提案すると良いでしょう。あやとりや折り紙など何でもOKです。とにかく「指をしゃぶる」ということを忘れて、他のことに意識を向けさせることが大切です。

2.身体を使って遊ぶことを教えて、日中の運動量を増やす

指しゃぶりが一番多い時間帯は「寝る前」と言われています。「なんとなく眠いけど寝付けない」というときについしてしまうお子さんが多いようです。

それを回避するため、日中たくさん遊んですぐに寝付けるようなサイクルを作ると良いでしょう。昼間にたくさん遊んでおけば、すぐに眠たくなるため、指しゃぶりをせずに眠ってくれるようになります。

3.指に絆創膏を貼ってみる

指しゃぶりを頻繁にしていると、指にタコができてしまうことがあります。その際はそれを口実に指に絆創膏を貼りましょう。

「ケガをしているから」という言葉を添えれば、だいたいのお子さんは指しゃぶりをやめるようです。おそらく「ケガ=痛い」という認識があるためだと思われます。

また、絆創膏が嫌いな子どもも多く、「絆創膏を貼りたくないから指しゃぶりをやめよう」という考え方をするようになることも期待できます。

4.指しゃぶり防止用のマニキュアなどを塗る

最近では子どもの指しゃぶりを防止するためのマニキュアが登場してきているようです。寝るときの指しゃぶりに困っている場合は利用してみるのも良いでしょう。

もちろん、子どもが舐めても大丈夫な成分を使用しているため、問題はありません。あまり塗りすぎず、少量を塗ることがポイントです。

おわりに

子どもの指しゃぶりをやめさせることは意外にも難しいものです。上記の方法を試してみることも良いですが、ストレートに「指しゃぶりにはこんなデメリットがあるから、やめてほしいな」ということを伝えても良いかもしれません。

頭ごなしに叱るのではなく、きちんと理由を説明して、「指しゃぶり」と向き合うようにしましょう。

ピックアップ

【レシピ付き】1日3回規則正しく!1歳児の離乳食の進め方は?
そろそろ1歳を迎える時期になると、「離乳食はどんなものがいいのかしら?」「1日何回あげればいいの?」といったことに悩むお母さんは多いことでしょう。離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて、食べものの固さ・量・回数を調整していきます。徐々に大人と同じような食事ができるよう、ステップを踏んで進めていきま...
覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲した時の4つの対処法
毎日すくすくと大きくなる赤ちゃん。お母さんにとって嬉しいことですが、同時に不安も増えていきます。その理由の1つは赤ちゃんの行動範囲が広がることです。 生まれたばかりの頃は寝てばかりいた赤ちゃんがハイハイをしたり、つかまり立ちができるようになったりすると、目につくもの、手にするものをすべて口に入...
子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?
子育てをしているといろいろな「新しい経験」に出会います。大人とはまったく違う生き物であるため、大人には予想もつかない行動にびっくりさせられることもしばしば。ただ、そんな「びっくりさせられること」も、事前に「これにはこういう理由があって、こう対策をしていけばいいんだ」ということが分かっていれば慌て...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
1歳でも指しゃぶりが止まらない!上手な4つのやめさせ方
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る