0歳児の子育ては大変!子育てに疲れた時のリラックス法7選

泣く赤ちゃん

赤ちゃんは可愛いけれど、子育てはとにかく大変なもの。特に0歳児の子育ては体力と神経を消耗します。今まではこなせていた家事がこなせなくなったり、趣味の時間がとれなくなったりすることが増え、精神的な重荷になることもあります。産後うつや幼児虐待が問題視されていますが、子育てに疲れたら、無理をせず自分の体をいたわることが自分のためにも赤ちゃんのためにも非常に大切です。そこで今回は、子育てに疲れた時のリラックス法7選をご紹介します。

スポンサーリンク

1.早起きは三文の徳、小さな朝活を楽しむ

朝食

赤ちゃんの寝る時間や夜泣きなどに合わせていると、生活リズムが乱れることも多いでしょう。しかし、そんな時だからこそ、朝の時間を大切にしてください。赤ちゃんが起きる前など、少し早く目が覚めたら外の空気を思いっきり吸ってみるのはいかがですか。早朝のきれいな空気は新鮮で、気持ちもリフレッシュさせてくれます。

大きく息を吸って吐く、深呼吸の習慣を付けるだけでも、体に良いリズムをつけることができます。起きたばかりの体に新鮮な空気を取り入れ、今日も1日頑張ろうと自分に語りかけてあげましょう。小さな朝活の時間です。

2.灯台の時間を作る

灯台

「灯台の時間」とは多忙なスケジュールの波に飲まれてしまいそうになった時に自分自身と向き合う時間のことです。こうした時間をつくって、「今日は赤ちゃんとどう過ごそうか」「パパや両親に何か手伝ってもらおうかな」など、物事の優先順位や今抱えているもので誰かの力を借りることのできるものはあるかを整理しましょう。「そんな余裕なんてない!」というママも多いかもしれませんが、5分や10分でも構いません。目の前のことだけでなく、少し先の事を考えてみるだけで、気持ちも落ち着きリラックスできるはずです。できれば一日のはじまりの内に、こうした時間を設けましょう。

合わせて読みたい

赤ちゃんのしつけはいつからする?ママさんのお悩みを解決!
赤ちゃんには何を話しても分からないから、しつけをするのは1歳を過ぎたあたりから・・と考えてはいないでしょうか。しかし、しつけを始める時期は早ければ早いほど良いと言えます。といっても、0歳の赤ちゃんに食べ方を厳しくしつけたり、言葉できつく言ったりしても効果はありません。この時期に大切な事は、後に繋...

3.赤ちゃんと一緒にお昼寝

お昼寝

赤ちゃんがお昼寝をしたら、ママも横になって体を休めるようにしましょう。横になったり、わずかに仮眠をとったりするだけでも体は休まり、リラックス効果があります。

4.1日の終わりに自分をいたわる

一人食事

子育てをして家事もこなして、1日動き回った自分をいたわる時間を作ってあげましょう。忙しく動き回った日中から一転して、赤ちゃんも寝て静まり返った家でお酒や料理を楽しみ1日の疲れを癒します。自分にとって至福と感じる時間を作ることで、思いっきりリラックスすることができます。また、子育てだけでも大変なのですから、無理に家事まで完璧にこなそうとしないことも大切です。

合わせて読みたい

いつからいつまで?赤ちゃんの夜泣きの3つの原因と対策法
赤ちゃんはお母さんにとっても、家族にとっても愛らしい存在です。よく「目に入れてもいたくない。」などといいますが、赤ちゃんの寝顔はまるで天使のようです。しかし、この天使のような赤ちゃんも、お母さんを悩ませる時があります。それが夜泣きです。あやしても、抱っこしてもなかなか泣き止んでくれず、夜中に一人...

5.パパや両親の力を借りる

パパと子ども

少し子育てに疲れたなと感じたら、パパや両親に協力をしてもらい自分の時間を確保することも大切です。赤ちゃんを預けて銭湯やマッサージに行ったり、ママ友や知人と食事に行ったりするなど、少しの間「母子分離」をすることでママも日々の疲れから解放されるので、身内の助けはとても大切です。

6.公的なサービスも賢く利用しよう

公的サービス

パパが仕事で忙しかったり、両親が近くに住んでいなかったりする場合など、身内の助けが期待できない時は、ベビーシッターや産後ヘルパーなどの公的サービスを受けることも考えましょう。こうしたサービスを利用するのは、他人に子供を預ける不安や、経済的な負担からためらう方も多いかもしれません。しかし、それでママが休むことによって、長い目で見て育児に良い影響がある場合も多いのです。

一休みできるだけでなく、専門家から子育てのアドバイスを受けることもできます。また、育児の不安がある場合には、自治体の子育て窓口に連絡し、相談に乗ってもらうことも可能です。

7.リラックスできる環境を用意しておく

寝室

例えば、好きな音楽を聴く時間、好きな本や漫画を読む時間、好きなお笑いやドラマを見る時間など、こうした時間は簡単には作れないかもしれませんが、意識的にそうした趣味の時間をつくることも大切です。そのためには、赤ちゃんが寝た一瞬の隙に楽しめるようにCDや本を身近な場所に用意しておくなど、環境を整えておくことが大切です。

特に音楽は、赤ちゃんがいてもかけておくことはできるため、自分がリラックスできる音楽を流しておきましょう。また、お風呂やベッド周りの環境を整えておくと、短い入浴時間や睡眠時間でもリラックスしやすくなります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は子育てに疲れた時のリラックス法7選をご紹介しました。自分に合った、お気に入りのリラックス方法を見つけて、疲れをためない生活ができれば、赤ちゃんもママもハッピーな毎日が送れそうですね。

自分にあったリラックス法を見つけて、気持ちと体を大切にしながら子育てを楽しんでください。また、自分なりのリラックス方法を見つけたり、その時間を確保したりするためには夫をはじめとした周りの人の協力が非常に大切です。周りに甘えることを悪いことだと思わずに、自分一人で抱え込まず、「みんなで育てていくんだ」という気持ちで育児を行っていきましょう。

ピックアップ

赤ちゃんの五感を刺激するベビーマッサージの効果とは
初めての赤ちゃんと、たくさんスキンシップを取りたいと思う人は多いでしょう。ただ、繊細な赤ちゃんとどのように接するのが正解であるのか、わからないという人も多いと思います。赤ちゃんとは言葉でのコミュニケーションが図れないからこそ、体で触れ合うことが最も大切になります。今回は、赤ちゃんの五感を刺激する...
【レシピ付き】赤ちゃんが喜ぶ美味しい離乳食メニュー
離乳食は、赤ちゃんの食事をミルクから、私たちが普段口にしているような一般的な食べ物へと切り替えるための、いわば「つなぎ」の役割を果たす食事です。赤ちゃんごとに差はありますが、大体生後5ヶ月辺りから離乳食を与える期間(離乳期)に入り、1歳半くらいまでには完了するといわれています。 しかし、ひとく...
子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回さ...
星ねえ。蟹座のB型。既婚。旦那さんと息子の3人家族。 野球をしている息子のために土日は早朝からお弁当作りをしています。家事は手抜きをモットーにしています。もう一度出産するならマタニティフォトを撮影して産後は産後治療院でまったりしたい!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
0歳児の子育ては大変!子育てに疲れた時のリラックス法7選
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る