うちの子もしかして? 猫アレルギーの赤ちゃんの症状と対処方法

良ければシェアをお願いします。

猫と赤ちゃん

赤ちゃんが生まれると気になるのが、ペットに対してのアレルギーです。特に猫を飼っている人ならば、猫アレルギーになってしまわないか心配になりますよね。デリケートな赤ちゃんには細心の注意を払いますが、家族の一員となっている愛猫を手放すなんてことは出来ません。この先、猫と赤ちゃんが共存していく上で、まずは猫アレルギーの知識を正しく持つことがとても大切となります。

スポンサーリンク

アレルギーは免疫反応が過敏に起こること

アレルギーというのは、体に必要な免疫反応が過敏に起こってしまうことで、基本的には生まれ持った体質の要素を含みます。ここでは猫アレルギーが起こり得る原因と、どのような人が猫アレルギーになりやすいかを見ていきましょう。

急に猫アレルギーになるのではない

生まれた時から猫に対しての免疫や抗体が出来ていて猫アレルギーにならない体質であれば、後になって猫アレルギーが発症することはまずありえません。このことから、赤ちゃんが初めて猫と対面した時にアレルギー反応が起こっても、その接触が原因で猫アレルギーになったのではなく、赤ちゃん自体がもともと猫アレルギーの体質だったということになります。

遺伝的要素を持っていることもある

ではどういった赤ちゃんがなりやすいのでしょうか。実は、猫アレルギー自体が、遺伝的要素であることも少なくありません。両親のどちらかがアレルギー体質を持っていると、その体質が赤ちゃんに遺伝してしまい、猫アレルギーやアトピー性皮膚炎などの、さまざまなアレルゲンに反応してしまう可能性は、決して低いとは言えません。

猫アレルギーにはどんな症状があるか

猫アレルギーの症状には、くしゃみや鼻水、湿疹やそれに伴う肌のかゆみ、目の充血や目のかゆみなどが挙げられます。また、アトピー性皮膚炎の赤ちゃんは、普段から湿疹やかゆみなどの症状がありますが、猫アレルギーも併発している可能性があるので、アトピー性皮膚炎を発症している赤ちゃんが猫と接触した場合はより注意が必要です。

合わせて読みたい

乳児湿疹の原因・症状・ケア方法まとめ
赤ちゃんは自分の異常を、「言葉」という形で誰かに訴えることができません。そのため、大人がきちんと体調を見てあげる必要があります。お肌の湿疹もそのひとつですね。今回は新生児期の赤ちゃんにできる乳児湿疹について、取り上げます。 乳児湿疹とは赤ちゃんに起きる湿疹のこと 「乳児湿疹」という特定の...

猫アレルギー発症の原因となるのは何か

先にも述べましたが、家族に猫アレルギーを持った人がいる場合は遺伝が要因として挙げられます。では、どのようなケースで猫アレルギーが発症するのでしょうか。ここではその原因として考えられることと、猫アレルギーの調べ方についてご紹介していきます。

猫の毛やフケはアレルギーの大きな原因

猫アレルギーのメカニズムで一番の原因となっているのが、猫の毛やフケといえます。猫を飼っているとお分かりですが、猫の毛はたくさん室内に散っています。この猫の毛やフケというのは、アレルギーを引き起こしている要因となる抗原が含まれています。赤ちゃんと一緒に猫のいる家庭を訪問する場合、猫の毛が散らかっている家だと注意が必要となります。

掃除の行き届いていない家は避ける

もともと猫アレルギーを持っていてもしばらく発症しないケースがあります。そのようなとき、大丈夫だろうと頻繁に猫のいる家に遊びに行くと、少しずつながらも猫の抗原が入ってきます。これを重ねてしまうと、猫アレルギーを後になって発症することがあります。これが猫アレルギーの難しいところといえるでしょう。猫を飼っているにもかかわらず、掃除が出来ていない家に訪問するのは控えたほうがいいでしょう。

猫アレルギーか検査することも必要

ご自身の赤ちゃんが猫アレルギーを持っているか調べることも大事です。赤ちゃんは6ヶ月以上になると、様々なアレルギーの可能性を調べる血液検査をすることが出来ます。血液検査が可愛そうという親御さんにはパッチテストがあります。費用も高くなく、何より赤ちゃんが痛い思いをすることなく検査できるので、疑わしい症状があればぜひ受けておきましょう。

合わせて読みたい

粉ミルクはどれを選べばいい?人気のおすすめ7選!
ミルク育児や混合育児の場合、粉ミルクを用意しなければなりません。現在では、数十種類にも及ぶ粉ミルクがあり、どれを選べばよいのか悩む方や、人気のものは何なのかを知りたいという方が多いと思います。 ここでは、そういった悩みを解消するべく、粉ミルクの選ぶポイントやおすすめの粉ミルクについてご紹介しま...

猫アレルギーにならないためにできること

赤ちゃんが猫アレルギーになってしまえば、泣く泣く愛猫を手放すことも最終手段として考えなくてはなりません。出来ればやはり、猫と赤ちゃんを共存させたいものです。そこで愛猫を手放す前にご家庭で何が出来るかみていきましょう。

毎日の掃除をきっちりやることを心がける

猫アレルギーの主な原因は、猫の毛やフケといえます。毎日掃除機をかけるのは当然ながら、床や壁など、猫が足を伸ばす場所にも拭き掃除を心がけるようにしなくてはなりません。大変かもしれませんが、徹底的にやることが大切です。空気中が気になるようでしたら、空気清浄器も効果の高いものを選び、新鮮な空気にしてあげましょう。

赤ちゃんと猫の生活環境を分ける

猫を赤ちゃんから遠ざける工夫をしなければなりません。特に赤ちゃんがよく寝ている寝室や簡易ベッドなどに、愛猫が入れないようにしましょう。また、赤ちゃんが主に遊ぶ場所にも猫が簡単に入らないように注意してください。さらに猫アレルギーの引き金になるのが埃です。赤ちゃんのまわりに埃が出やすい素材のものを置くのは極力避けるようにしましょう。

猫の身体を洗い、清潔感を保つことが大事

猫の毛は抜けやすいので、こまめにブラッシングしてください。万が一赤ちゃんを引っ掻くようなことがあると大変ですから、猫の爪を切ることも共存には大切です。また、猫が勝手に外へ遊びに行かないようにさせてください。いろんな場所に出かけた猫は思わぬ病原体を持ち込んでくるかもしれません。もしも猫が勝手に抜け出した場合は、体を洗ってやることが必要です。これはアレルギーの要因ともいえるアレルゲンを減少する働きがあります。

おわりに

猫と赤ちゃんが共存していく中では、やはり室内や猫自体を清潔に保つことが必要です。大変なこともありますが、愛猫を手放すことがないように猫アレルギーの要因となることを一つずつクリアしていきましょう。猫と赤ちゃんがともに成長できれば、家庭にとって癒しの存在となること間違いなしです。

ピックアップ

断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう
赤ちゃんに授乳を与える最初のステップから、次に待っているステップは離乳期や卒乳・断乳です。なんとなく卒乳と断乳という言葉は知ってはいるけれど、違いについてはよく分からない…と思っている方、もしくは、一緒なのではないかと思っている方は意外と多くいらっしゃいます。そのことからも、ここでは卒乳と断乳の...
調乳のお水にウォーターサーバーがオススメな理由3つ
大人だけのときは水道水でもいいと思っていたけれど、「子どもが生まれたから安全で、おいしい水に変えたいと思った」「子どもが生まれたタイミングでウォーターサーバーに切り替えた」という人は決して少なくはありません。 ただ、ウォーターサーバーはとても多くの種類が出ていますし、「そもそも水道水とはどう違...

https://tamagoo.jp/childcare/convenient-usage-of-couffin/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
うちの子もしかして? 猫アレルギーの赤ちゃんの症状と対処方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る