赤ちゃんがコンセントにさわると危険!安全対策しておこう

コンセントの安全対策
新生児のころは布団ですやすや寝ていた赤ちゃんも、成長するごとに行動範囲が広がっていきます。そうなると、赤ちゃんが自ら移動し、興味のあるものに触れたくなるのは自然なこと。中でも「コンセント」に触れることで、感電などの事故に遭う危険性もあります。
今回は赤ちゃんが安全に過ごせるよう、コンセントに対する対策についてご紹介していきます。

コンセントで考えられる事故と原因・対処方法

コンセントに触る赤ちゃん
コンセントは、普段の生活においてなくてはならないものです。赤ちゃんにとって危険といわれても、部屋中のコンセントをなくすわけにはいきません。ここでは、まずコンセントで考えられ事故はどのようなものか、そして原因や対処方法について考えていきます。

感電事故はどうやっておこる?

コンセントは細い穴のようになっており、プラグを差し込むことで通電するしくみです。好奇心旺盛な赤ちゃんにとっては、とても気になる存在といえるでしょう。例えば、赤ちゃんがなめたりよだれがついたりした指で触れることで、感電の危険性が高まります。また、細い棒のようなおもちゃ、はさみ、スプーン、フォークなどをコンセントに差し込むことで感電する恐れがあります。感電によってやけどや心臓まひなどを引き起こす可能性があるため、コンセントへの安全対策は非常に大切です。

感電事故が起きた場合の対処方法

もしも赤ちゃんが感電事故に遭ってしまった場合、まずは赤ちゃんの状況をよく確認しましょう。泣き方など普段と違いがみられる場合には、かかりつけの病院や救急相談窓口などへ電話で相談してみることがおすすめです。
少し驚いただけで泣いているケースもありますが、少しでも変わった様子や泣き方が異常など、不安な状態であればすぐ病院へ連れていくことが重要です。

合わせて読みたい

高層マンションが慣れっこの子どもの増加と転落事故急増の背景
高層マンションが慣れっこの子どもの増加と転落事故急増の背景
高層マンションで子どもの転落事件が増加 現代では、核家族化と都市化が進み、都会の高層マンションで暮らす世帯がめずらしくなく...

安全対策にコンセントカバーを用意しよう

コンセントのカバー
コンセントにおける安全対策の一つに「コンセントカバーの取り付け」があります。ホームセンターや百均など、比較的簡単・お手頃に購入できるのが特徴です。ここでは、コンセントカバーの必要性や選び方のポイントについてご紹介します。

コンセントカバーの必要性

コンセントカバーは、赤ちゃんへの安全対策はもちろんのこと、コンセントにほこりがたまってしまうのを防ぐのにもおすすめのグッズです。ほこりがたまることで、プラグを抜き差しする際に火災を引き起こす恐れがあります。
また、かわいいデザインのものを使うことで、インテリアの一部として楽しむことも可能です。

コンセントカバーの種類

コンセントカバーには大きく二つの種類があります。一つは、コンセントの穴をそれぞれふさぐタイプです。一般的には「コンセントキャップ」などと呼ばれています。もう一つは、コンセント全体をフルカバーするタイプです。
コンセントキャップはお手頃な価格が魅力ですが、赤ちゃんが自分の手で取り外し、誤飲してしまう恐れがあります。一方でフルカバーのタイプはロックボタンがついていたり、ねじで取り付けたり、頑丈で赤ちゃんがなかなか開けられないしくみとなっています。
コンセントキャップでも取れにくいしっかりとしたタイプもあるので、部屋のつくりなどに合わせて選びましょう。

デザインはシンプルなほうがおすすめ

コンセントカバーのデザインは、動物の形をはじめかわいらしいものもたくさん販売されています。しかし、赤ちゃんが興味を示して外したくなる可能性もあるのでデザインには注意しましょう。例えばシンプルなオフホワイトなど、今あるコンセントとよく似た色のほうがシンプルです。
デザインがシンプルだと赤ちゃんの興味も他にそれる可能性もあるので、シンプルなタイプがおすすめでしょう。

赤ちゃんが触れそうなコンセント口は要注意!

室内を見渡し、どこのコンセントにつけるかチェックしてみましょう。赤ちゃんの目線にあるコンセント口には特に注意し、カバーをつけることがおすすめです。赤ちゃんが普段過ごす寝室やリビング・畳の間など、必要があれば部屋ごとに対策をするといいでしょう。

合わせて読みたい

身の回りのものが危険物に【乳幼児】事故防止のヒヤリハット
身の回りのものが危険物に【乳幼児】事故防止のヒヤリハット
乳幼児は好奇心いっぱい!いろんなものに触れたがるものです。パパやママが思ってもみないような行動をとることもあるでしょう。 普段大人が何...
夫・長男(4歳児)・次男(2歳児)のにぎやかな4人家族。フリーライターとして、出産育児・ビジネス・働き方関連・就職転職・地方創生など幅広いテーマを執筆しています。 我が子には「思いやりのある子・人の痛みのわかる子」になってほしいと願いながら、ただいま育児奮闘中! ブログ記事も不定期更新中。 http://tomotomokinoko.hatenablog.jp/

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
赤ちゃんがコンセントにさわると危険!安全対策しておこう
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る