子どもに一人旅をさせるのは何歳から?注意点や持ち物・交通機関まとめ

良ければシェアをお願いします。

子供に一人旅をさせるのは何歳から?注意点や持ち物・交通機関まとめ

子どもの頃、何歳から一人で交通機関を使っていましたか?現在では、長期休暇中に大人の都合から子どもだけで帰省をさせるなど、子どもが交通機関を利用する機会があります。しかし、子どもは何歳から一人旅ができるようになるのでしょうか。また、そのとき子どもには何が必要なのでしょうか。子どもの一人旅について交通機関別に注意したいことや持ち物などをまとめて紹介します。

スポンサーリンク

子どもの性格や成長を見てみましょう

子どもの一人旅の準備はあれもこれもでバタバタしてしまいとっても大変です。事前にしっかりと計画を立て、子どもがきちんと目的地に着くことが目的となります。
そのために親が注意すべきことはなんでしょうか。子どものみで安心して一人旅が出来るポイントを確認をしていきましょう。

子どもの性格や成長を見てみましょう

まず、大切なのは子どもの性格です。一人旅は、たくさんの人の中に一人でいなければなりません。知らない場所で長時間じっとしていることができることが一番大事なことでしょう。

また、知らない人についていかない警戒心が必要です。不審な人に会ったら周りの大人に助けを求めることができるかどうか、自分自身を守る行動ができなければなりません

一人旅に子どもの年齢は関係ありません

精神面の成長は、必ずしも年齢に比例するとは限りません。小学生前から一人行動ができる子もいれば、中学生までできない子もいます。子ども自身が、一人でも状況を把握でき、行動することができれば何歳からでも一人旅はできるのではないでしょうか。

しかし、子どもは年齢によって体力に差があるので、年齢に応じた距離を与えてあげることが重要です。

所要時間や乗換などを把握しておきましょう

一人旅には、移動時間があります。子ども自身、そして親もその時間をしっかり把握することが大切です。子どもには見慣れた時計を持たせ、短時間でわかりやすく目的地に着くルートを利用させましょう。また、乗換をしっかりできることも大事ですね!不安なら乗換のないルートを利用するべきです。

親が所要時間を把握し、何時にどこにいるかわかるようにしましょう。携帯電話を持っている場合は途中の連絡を取る際に便利です。さらにGPS機能付きだと安心といえるでしょう。

合わせて読みたい

子供一人自転車での遠出は何歳くらいからさせる?
子供はみんな冒険が大好き。自転車に乗れるようになった子供は、ぐんぐんと行動範囲を広げ遠くへ行きたがるようになります。だけど、それをいつまでも引き止めることもできず・・・。かといって、ひとりで遠出をさせるのは心配ですね。 交通安全について、親子で確認をする 今までは片時も親のそばから離れな...

新幹線を利用した子どもの一人旅とは

新幹線は基本的に何歳からでも乗車することができます。そのため、親の判断で乗せることができ、一人旅の交通機関として利用されることが多くあります。しかし、新幹線では乗車スタッフの交代などがあり、目的地まで子どもを見てくれる人がいません。そのためしっかり準備をしなければなりません。

子どもの席はグリーン車で指定しよう

新幹線での席はしっかり確保しましょう。また、グリーン車ではパーサーが対応してくれることがあります。しかし正式なサービスではないので頼り切ることは難しいです。長期休暇中は混雑が予想されるため、きちんと自分の席を理解できるようにしておきましょう

また、子どもはトイレを我慢するのが難しいです。トイレの位置は事前にチェックするように!トイレにたって新幹線内で迷子になってしまうということも十分あり得ますので。またその際は貴重品を席に置いていかない、などの細々した諸注意も伝えておいてください。

新幹線の一人旅に必要なものとは

短時間の移動でも、なにがあるかわかりません。子どもの身分や緊急連絡先を記載したものと保険証を持たせましょう。第一に病院にかかったときに必要なものは必需品です

また、現金を持たせましょう。新幹線内は、車内販売があります。食べ物や飲み物などをすぐに買えるように小銭とお札を分けて持たせると便利なうえに安全です。

新幹線では寝ないようにしましょう

新幹線で注意しなければならないのが、眠って乗り過ごしてしまうことです。飛行機と違い、新幹線は自分で降りなければ終点まで行ってしまいます。自分で降りる駅をしっかり認識しておくために眠らないように気を付けましょう。漫画やゲームなど子どもが適度に遊べるようなものを持たせることで眠気対策ができます。

合わせて読みたい

金銭感覚を育てるお小遣いの渡し方 平均額はいくら?
小学生くらいの年齢になると浮上してくる「お小遣い問題」。「いつからあげるべきなの?」「必要なときに渡す方法は?」「もしかしてお小遣いあげすぎ?」などお小遣いに関する疑問は数えきれないほどあるかと思います。今回はそんな疑問を解決すべく、お小遣いの平均額からおすすめの渡し方まで幅広くご紹介いたします...

飛行機を利用した子どもの一人旅とは

飛行機は、航空会社によって異なりますが、子どもだけの搭乗をサポートするシステムがあります。しかし、それだけでは準備不足で安心できません。サポートの内容とともに注意すべきことと準備すべきことを紹介します。

子どもの一人旅をサポートするシステム

JALやANAには、6歳以上の子どもだけの搭乗をサポートするシステムがあります。いずれも到着後のロビーまで係員が案内してくれるというものです。

飛行機は目的地まで同じスタッフで送り届けてくれるので心配なことを頼むことができます。子ども自身も搭乗スタッフに尋ねられるようにしておきましょう。また、到着後もスタッフの案内があるまで知らない人についていかないように子どもに教えておいてください。

飛行機の一人旅に必要なものとは

飛行機も新幹線と同じように、子どもの身分や緊急連絡先を記載したものと保険証は持たせましょう。また、飛行機では、携帯やゲームの電源を切らなければいけないときがあります。基本的には、飛行機内でのサービスに従いながら搭乗することが理想です。

飲み物などのサービスは含まれているので、大金を持たせる必要はありませんが、チケットの管理をしっかりできるようにしましょう。

飛行機に乗るために必要な知識を持とう

飛行機は荷物を預けるなど搭乗手続きがあります。基本的には航空会社のスタッフや親と行いますが、搭乗の準備から到着までの流れをガイドブックで知っておきましょう。

子ども向けに記載されたガイドブックなどがあります。予習することでより安心して飛行機を利用することができます。また、搭乗スタッフの案内に従えるようにしておきましょう。

おわりに

「可愛い子には旅をさせよ」という言葉がある通り、一人旅は子どもにとって大きな経験になります。しかし、安全な旅ができるように周りのサポートが必要不可欠です。年齢に関係なく、子どものことをしっかり見て親の判断で一人旅をさせるものです。事前の準備やシミュレーションをしっかりすることで子どもをサポートしましょう。

ピックアップ

勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
小さな子どもを持つ保護者の方のなかには、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、様々な習い事をさせている場合も多いのではないでしょうか。 しかし、勉強もスポーツも詰め込めばいいというものでもありません。勉強をしたりスポーツを習ったりするだけでなく、休息の時間も...
ハマり過ぎは禁物!お子さんをゲーム依存にしない3つの方法
子供の身近な遊び道具のひとつとして与えられるゲームですが、その裏でゲーム依存症という言葉があります。ゲーム依存症とは、どの程度のものなのでしょうか。また、どのように予防し、直せばいいのでしょうか。私の息子の実体験を含めながら、ゲーム依存の理由、症状と子供をゲーム依存にしない3つの方法を紹介し...

https://tamagoo.jp/childcare/characteristic-of-10-years-old/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子どもに一人旅をさせるのは何歳から?注意点や持ち物・交通機関まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る