子供一人自転車での遠出は何歳くらいからさせる?

良ければシェアをお願いします。

子供が自転車に乗って走る

子供はみんな冒険が大好き。自転車に乗れるようになった子供は、ぐんぐんと行動範囲を広げ遠くへ行きたがるようになります。だけど、それをいつまでも引き止めることもできず・・・。かといって、ひとりで遠出をさせるのは心配ですね。

スポンサーリンク

交通安全について、親子で確認をする

今までは片時も親のそばから離れなかった子供が、自分の目の届かないところへ遊びにいくようになると、やはり不安でたまらなくなります。

特に心配なのは交通事故でしょう。交通事故から子供を守るために親が出来ることといえば、きちんとした交通ルールを教えることです。

親子で一緒に自転車で出掛けてみましょう

子供が一人で自転車で出掛けたがるようになったら、親子で自転車に乗り、子供に先導してもらいながら出掛けてみましょう。そうすることで、子供がどこへ行きたがっているのかも分かりますし、その道筋に潜む危険を共に体感することができます。

そこでひとつひとつの場所に立ち、「ここは危ないから、どうしたらいいかな。こうしたらいいかもね。」と、一緒に考え、安全策を出していきましょう。

一緒に考えることで子供にとっても危険に対する認識が深まります。また、そこで出した安全策を「親子の約束」としていけたらよいですね。

「自転車の約束」ポイントを作っておきましょう

前項で決めた、「自転車の約束」。あっちの方面は危ないから行っちゃダメだよ、などと言っても冒険心にあふれた子供をとめることは、なかなかできません。

「お弁当屋さんの前の信号は絶対に一度止まらないとダメ。」「保育園の前の坂道は一度自転車をおりる。」など、具体的なポイントで約束を決めておきましょう。

そして帰ってきたら、「お弁当屋さんの前でちゃんととまった?」と聞いてみます。「とまったよ。」ときちんと約束を守れたようなら、たくさん誉めてあげましょう。

子供を車の運転席に乗せてみましょう

車を運転する人にしか分からないことって、意外と多くあります。車からの視点は、運転者からしか分かりません。特に車に近い部分は何もみえませんし、見かける機会が多いミニバンは車体が高いたバンパーの前はほとんど死角になっています。

そこに小さな子供の自転車などがいたら、ほぼ死角に入ってしまい、運転者からは何も見えません。

そこで、駐車場などで子供を運転席に座らせ、車の周囲に近いほど物が見えにくいかを教え、なるべく車の近くを自転車で走らないように教えてあげましょう。

合わせて読みたい

勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
小さな子どもを持つ保護者の方のなかには、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、様々な習い事をさせている場合も多いのではないでしょうか。 しかし、勉強もスポーツも詰め込めばいいというものでもありません。勉強をしたりスポーツを習ったりするだけでなく、休息の時間も...

出掛ける時のルールをつくりましょう

「行っちゃダメ」と言っても、自転車に乗った子供の興味はとめられず、どこにでも行ってしまいます。

四六時中、子供を監視し、後をついて行くことができない以上、出掛ける前に必ず確認するポイントは押さえておきましょう。

子供の行動を理解しておきましょう

「あそこは危険だから行っちゃダメ」と、口で言うだけでは無意味にちかいことです。どこへ行ったのか、誰と行ったのか、何も分からないと不安が増すばかりです。

特に友達同士で出掛ける時には、「どこに行くのか」「誰と行くのか」「なにをするのか」「何時に帰るのか」をきちんと親が把握しておくようにしましょう。

日常の行動範囲から離れた場所に行くとき

日常の行動範囲から外れた場所に出掛ける時には、行先の特性をふまえたルールを作ることも大切です。

子供同士で自転車で遠出してピクニックに行ったり、釣りに行ったりする機会があるかも知れません。そんな場所では、気持ちが高揚して遠足気分になってしまいますね。

「そんな所はまだ早い」とダメ出しする前に、親子できちんとしたルールを決め、守ることを約束させましょう。

そして、どんな場所でも、一人でどこかに行ったり、バラバラになって行動することのないように言い聞かせましょう。

よく遊ぶお友達のお宅と連絡をとることが大事

最近の学校では、個人情報の関係で連絡網を作らないところも多いようですが、よく遊ぶお友達の連絡先は把握しておくとよいでしょう。

帰りが遅いときなどに親同士で連絡を取り合うことができます。お友達のお宅で遊ぶことが多いようなら、ご挨拶がてらお子さんを迎えに行ってみるとお友達の家も把握できますし、親子で安全な帰宅経路を確認することもできます。

子供に「心配しすぎ!」と言われても気にしない!きっと、「自分を心配してくれているんだ。」とありがたく実感してくれる時がくるでしょう。

合わせて読みたい

屋外で子どもが事故に合わないための予防策!
子どもが歩けるようになってくると、屋外で遊ばせていると少し目を離した際にすぐにどこかに行ってしまいます。 事故は起こってしまってからでは取り返しがつきません。今回は歩き始めてから小学校に通い始めるあたりまでの、一番事故が心配な時期の子どもの予防策を紹介していきます。 子どもが事故にあう理...

「ひとりでできた」が子供を成長させる

初めて子供を一人で遠出させるのはとても不安です。しかし、大人が思っている以上に子供は一人で何かを成し遂げたいという気持ちを強く持っています。そして、「ひとりでできた」という体験は決して忘れることのない、別世界への空間を拡げていってくれるでしょう。

「かわいい子には旅をさせよ」と昔から言われています

昔から「かわいい子には旅をさせよ」と言いますが、親は子供が自分の近くにいることがなにより安心です。しかしそれは、子供の側からしてみると「自分の思い通りにできない不自由さ」と感じ始めるのです。

『自分でやってみたい、ひとりでしてみたい』。これは言い換えれば、子供の〝意欲”の表れです。

親から見れば「まだまだひとりでは無理だろう」と思っていたことも、子供は着実に自立への一歩を踏み出しているのです。

自分でなんとかする力が身に付く

ひとりで出掛けた場合、トイレに行きたくなったら自分で探さなければいけません。気分が悪くなったら誰かに助けを求めなければいけません。

このようにして、「分からない時には誰かに聞く」「困った時には近くの大人に助けを求める」など、様々な場面に遭遇した時に、自分で行動し解決する能力が身に付けられます。

親が子供にサポートしてあげられることは成長とともに限らてきますが、子供を信じて送り出すということも親の大事な役割といえるでしょう。

「ひとりでできた」という事実が、子供の自信につながり成長へと導いてくれるのです。

親も子供と成長一緒に大きくなる

子供は、生まれたときから、見るもの、触るもの、行く場所、経験する事、すべてが初体験です。そして、それは親も一緒。

子供を産んだ時からが子育ての始まりであり、子供に対してやることなすことすべてが初体験なのです。時には失敗しながら、一緒に成長していけばよいのではないでしょうか。

親の器が大きければ大きいほど、子供の器も大きくなると言います。器とは「理解力」と言えます。子供に対する理解力があれば、様々な出来事やトラブルがあっても、冷静に判断し、対応することができるのではないでしょうか。

おわりに

大きくなると「子供だけで出掛けたい」「一人で自転車で出掛けたい」と言い始めますが、そこに「何歳になったら大丈夫」という正解はありません。

いくつになっても子供は心配ですし、リスクはつきものです。本当に大丈夫か、どこまでなら許せるか、それを決められるのは親だけです。「みんなやっている」「○ちゃん家はOK」などの言葉で“よその家”を判断基準にせず、親子で納得のいく答えが出せると良いですね。

ピックアップ

ハマり過ぎは禁物!お子さんをゲーム依存にしない3つの方法
子供の身近な遊び道具のひとつとして与えられるゲームですが、その裏でゲーム依存症という言葉があります。ゲーム依存症とは、どの程度のものなのでしょうか。また、どのように予防し、直せばいいのでしょうか。私の息子の実体験を含めながら、ゲーム依存の理由、症状と子供をゲーム依存にしない3つの方法を紹介し...
子どもの鼻血がとまらない!鼻血を出した時の正しい対処法
子どもって意外とよく鼻血を出しますよね。鼻をかみすぎたとき、転んで鼻をぶつけたとき、そして自分で鼻をほじっていて。血をみると子どもも大人も慌ててしまいますが、まずは落ち着いてください。実は慌ててティッシュを鼻に詰めるのは良くないと言われています。大人が慌てず落ち着いて対処し、子どもに説明する...

https://tamagoo.jp/childcare/child-influenza-basic-knowledge/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子供一人自転車での遠出は何歳くらいからさせる?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る