知的障害の等級って何?程度別の特徴や症状まとめ

良ければシェアをお願いします。

母と子

知的障害」という単語を聞いて、皆さんはどのような症状を思い浮かべますか?「一人で行動できず、周りの手助けが必要な人」、「漢字の読み書きや計算をすることができない」などが挙げられるかもしれません。もちろんそれらの症状も知的障害の症状に当てはまりますが、実際は障害の等級によって症状は大きく異なるのです。今回は「知的障害」とはどういうものなのか、等級によってどのような違いがあるのかということについて解説していきます。

スポンサーリンク

知的障害とは

遠くを見る女の子

発達期(18歳未満)までに生じた知的機能障害により、認知能力の発達が遅れ、日常生活において第三者の手助けが必要な状態を知的障害と呼びます。ここで重要なことは18歳未満という点であり、18歳以降の外傷により知的問題が発生してもこれには当てはまりません。

知的障害を見極める基準として3つの項目が目安に提示されています。「知的能力に明らかな遅れがあること」「集団行動を苦手としており、集団で動くことができない」「発達期に起こる障害である」、これらの3つが当てはまった場合には知的障害の可能性を考えたほうが良いでしょう。

ちなみに2つ目の「集団行動が苦手」という場合は適応障害の可能性もあります。一定の年齢になっても、文字の読み書きができなかったり、計算ができなかったり、衣服の着脱が一人でできなかったりした場合には、一度診察してもらうと良いかもしれません。もちろん、脳の発達には個人差がありますから一概に決めつけることはできませんが、「もしかして?」と思った場合には専門家に頼りましょう。

合わせて読みたい

1歳になるとどんな症状になる?自閉症の赤ちゃんの特徴4つ
生まれつきの障がいである「自閉症」。自閉症を患っている子どもは、どのような特徴を示すのでしょうか。そこで今回は自閉症という病気と、1歳前後で見られるその特徴についてお話していきます。 自閉症という病 「自閉症」という言葉だけを聞くと、「自分の世界に閉じこもっている」「精神的につらいことが...

知的障害の等級を知ろう

上を見る女の子

知的障害の等級は「知的機能(IQ)」+「適応機能」によって決まります。基本的にIQは100前後が一般的とされており、70~50が軽度、50~36が中度、35~21を重度、20~を最重度と分類されています。そして適応機能は「日常生活能力水準」によって決まります。日常生活能力水準は、a~dがあり、aに近づくほど自立した生活が難しくなるとされています。これら二つを掛け合わせることによって、知的障害の等級がはじき出されます。表記の仕方は自治体によって異なります。東京の場合は最重度を「1級」、重度を「2級」、中度を「3級」、軽度を「4級」としています。数字をアルファベットに変えて表記している自治体もあるようです。

知的障害の程度別症状

ハイハイする男の子

軽度知的障害の場合

自立した生活をすることができ、簡単な文章の読み書きが可能です。学校生活などの集団行動をすることは可能ですが、計算や漢字の習得には時間がかかります。決まりきったことやルールなどを守った行動をすることはできますが、緊急事態には対応ができないことが多いです。

中度知的障害の場合

自発的な行動をすることを苦手とします。衣服の着脱やお風呂に入ることなどは、指示を受ければできますが、「今日の天候に合わせた服を選ぶこと」や「プライベートゾーンを洗う」ことなどは上手にできません。平仮名の読み書きをすることはできますが、漢字の読み書きや計算などは難しいと感じるようです。そのため、お釣りの計算ができず一人で会計をすることも難しいでしょう。

重度知的障害の場合

言葉や運動機能の発達が著しく遅いので、漢字の読み書き、計算などはできません。かろうじて平仮名の読み書きはできる場合もあるようです。衣服の着脱などをすることが難しく、入浴なども一人で行えない場合がほとんどです。場合によっては衣食住の介護が必要とされることも。簡単な挨拶や「はい・いいえ」の受け答えはできますが、「会話」となると難しいとされています。

最重度知的障害の場合

赤ちゃんと同じような状態で、文字を書けないことはもちろん、言葉を話すこともできません。「お腹が空いた」「眠い」「痛い」などは、全て身振り手振りや「あー」や「うー」と言った言葉を発することで伝えます。自分で便意を伝えることができないため、一人でトイレに行くこともできません。また、ひどい場合には自分の親を親と認識することもできないと言われています。食事や日常生活にはサポートが欠かせない状態と言えるでしょう。ただし、訓練をすることで言葉を話せるようになることもあるようです。

合わせて読みたい

どこまで話せていればいいの?2歳児の発達の目安
小さな子どもを持つ保護者としては、我が子の発達具合が気になるでしょう。同じ年のよその子どもと比べて、成長が遅れていないかどうか心配になることもあると思います。同じくらいの年の子どもが言葉をスラスラ話せるのに、自分の子どもはほとんどしゃべらないと不安になることもありますよね。 ここでは2...

知的障害の年齢別の特徴は?

鉛筆

赤ちゃんの場合

知的障害は早い場合には3歳までにわかるとされています。最もわかりやすいことは泣かないということです。お母さんが一緒にいなくても、知らない人に会っても、怖いものを見ても泣きません。また、楽しいことや面白いことがあっても笑わないということも特徴的と言えるでしょう。感情を自らの中に閉じ込めてしまい、表情に出すことをしません。

成長によって改善することもあるため、あまり早い段階で決めつけしてしまうことはおすすめしませんが、発達障害の可能性も頭に入れておくと安心です。

幼児の場合

保育園・幼稚園に入園する頃になると子どもには自我が芽生え、お喋りをしたり、友達と遊んだりするようになります。その時期に一人でいたり、人と話す際に目を合わせなかったり、集団行動を嫌がったりする場合には、適応障害があることがあります。

また、名前を呼んでも振り向かない、触られることを嫌がる場合もこれに当てはまることがあります。知的障害児の場合、コミュニケーションの取り方がわからないという場合がほとんどです。軽度の場合は、周りの子よりも遅くとも言葉を覚えるようになります。根気よく人とのかかわり方を教えてあげましょう。

障害を持っていない子の場合は、漢字や計算を覚え始め、外で友達と活発に遊ぶ時期です。しかし、知的障害児の場合は漢字や計算を覚えること、集団で行動することはとても大変なことです。特に漢字を覚える場合、同音異義語などは混乱してしまい、より覚えることが難しくなります。また、授業中にじっとしていることができなかったり、友達と話そうにもどうにもかみ合わなかったりなど、いわゆる「空気が読めないこと」が多いとされています。

おわりに

現在妊娠している方、または赤ちゃんが生まれたばかりのお父さん、お母さん。これをご覧になっている方のお子さんが知的障害を持っている可能性は0ではありません。もし障害が発覚した際、「どうしよう」と焦らないためにも基礎的な知識は頭の隅に入れておくことをおすすめします。

ピックアップ

子どもに訪れるさまざまな敏感期を解説!
子どもの『敏感期』とはなんでしょうか。子どもは日々成長をしていて、多くの体験や経験から成長、発達していきます。そのような毎日の環境のなかでより成長したい、スキルアップしたいと感受性が高まる時期を『敏感期』と言います。今回は、どのように敏感期を過ごし、子どもの可能性を広げればいいのかを解説したいと...
男女で違う?男の子と女の子それぞれの育て方
よく子どもを産むなら「一姫二太郎」といわれますが、実際、女の子のほうが男の子より育てやすいのでしょうか。そもそも男の子と女の子で育て方は変えるべきなのか、子育ての基本と、男の子、女の子との向き合い方のコツについてご紹介します。 子育ての基本は男の子も女の子も同じ 子育...
3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
知的障害の等級って何?程度別の特徴や症状まとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

3歳~6歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

6歳からの中間反抗期の特徴と注意すべき言動
魔の2歳児とも呼ばれる第一次反抗期がやっと終わったと思ったら、6歳になってからまた反抗期がはじまった… 子どもに訪れる反抗期は、第一次反抗期と第二次反抗期だけだと思っていませんか?実は6歳ぐらいからの反抗期は、2歳児からはじまる第一次反抗期と中学生くらいからはじまる第二次反抗期の間に起こるとさ...
4歳児との接し方で気を付けたいポイント5つ
たくさんの言葉を話せるようになったり、自分ひとりでできることが増えたり、子どもの成長をみることは大きな喜びです。しかし、体が大きくなり体力もついた分、言うことを聞いてくれなかったり悪態をついたりされると、手に負えないと感じることもあるでしょう。 そうした「手の負えなさ」を多くの保護者が...
3歳の子を叱る時の上手なやり方とダメなやり方
子育てにおいて、「叱る」ことはもっとも重要な行動のひとつです。悪いことをした際に適切に叱らず子どもを放置していては、結果的にわがままな大人に育ってしまう可能性も大きくなってしまいます。 特に3歳という年齢は、これから物心をつけ人格を形成していく過程で重要な年齢です。ここで育て方を間違えてしまっ...
3歳児の発達・成長・発育など特徴まとめ
3歳児の成長はとても早く、親からすれば目まぐるしい毎日を過ごすことになります。この年頃で経験したことは、将来の人格形成にもつながっていきます。現在3歳児がいるご家庭でも、これから3歳になるお子さんがいるご家庭でも、この時期の成長過程を把握しておくのはとても大切なことです。 今回は、3歳児の...
英会話にスイミング!3歳に始めたい4つの習い事
幼児期は、身体的にも脳の発育の面でも、大きく成長するとても大切な時期です。この時期に学ぶことは、その後の人生にも大きな影響を与えることになります。 幼児教育に力を入れておられる方も多いですが特に、子どもが「3歳」になると、習い事を始めさせる人が多いようです。しかし、どんな習い事をさせた...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る