灼熱の夏!赤ちゃんのお散歩で気をつけること

散歩中の赤ちゃん

暑い夏だから、家にこもってばかりでは赤ちゃんにもお母さんにもあまりいいとは言えません。でもやっぱり熱いと熱中症が心配…というのが本音ではないでしょうか。そこでこちらでは、熱中症の基本的なことから赤ちゃんと暑い夏を快適にお出かけするための対策を紹介していきます。これで、きっと夏も安心してお散歩できますよ。

スポンサーリンク

熱中症とはどんなものでしょうか

実は赤ちゃんは大人以上に熱中症になりやすいということをご存知でしたか?ここでは、なぜ赤ちゃんは熱中症になりやすいのか、熱中症とはどんな症状なのか、またもし熱中症になってしまったらどうすればいいのかを解説していきます。

赤ちゃんが熱中症になりやすいのはどうしてでしょうか

赤ちゃんは身体が小さく体温調節もうまくできないうえに、自分の意思を言葉で伝えることができません。喉が渇いていても赤ちゃんはそれをうまく伝える術を持っていないため、水分不足に陥りやすく熱中症になりやすいのです。また、赤ちゃんは身体が小さい分、すぐに熱中症の症状が進行してしまうという特徴を持っているのです。

熱中症になるとどんな症状がでるのでしょうか

熱中症になると汗をたくさんかくことはもちろん、体温が高くなり、さらに症状が進行すると熱けいれんや意識障害が起こります。特に、汗が出なくなり手足が冷たくなったり、おしっこが出なくなったり、呼びかけに反応しなくなったりした時は危険な兆候です。最悪の場合には死に至ることもあります。こんな症状が出たら、迷わず病院へかかりましょう。

熱中症になってしまったときの対処方法

熱中症の症状が出たら、まずは涼しい場所へと赤ちゃんを移動させましょう。衣服を脱がせたり、わきの下に保冷剤や冷たいものをあてたりして、身体を冷やしてあげることが大切です。また、脱水症状を引き起こしている場合もあるので、水分補給をしましょう。なるべく早く体に水分を吸収させるためにはベビー用のイオン飲料が好ましく、できれば10度前後に保っておくと吸収しやすくなります。

合わせて読みたい

月齢別!赤ちゃんのお出かけで知っておくべきポイント
赤ちゃんとのお出かけは、赤ちゃんの生活リズムを整え、ママの気分転換にもなるため、積極的に行うことが望ましいです。とはいえ、赤ちゃんはいつから出かけていいものなのか、また、お出かけの際の注意点やポイントなどはあるのだろうかと、不安に思うこともたくさんありますよね。ここでは、そういったママの疑問や不...

外出時の熱中症対策について考えよう

暑いからといって毎日家にこもることは、やはり赤ちゃんにとってもお母さんにとってもあまりいいとは言えません。では、暑い時期にどんな対策をしていけばいいのでしょうか。ここでは、外出時の熱中症対策についてご紹介します。

外出時の水分補給は何がいいのでしょうか

外出時の水分補給は、母乳やミルクだけで十分です。母乳やミルクには電解質(イオン)が入っているため、水分が吸収しやすくなっているのです。それでも、水分を念のため補給したいということであれば、水や麦茶を与えれば基本的には問題ありません。赤ちゃん用のイオン水は、熱中症の症状が出た場合にのみあげればいいでしょう。

赤ちゃんの洋服はオシャレより薄着が一番

かわいいベビー服を着させたいというのが親心。しかし、そのために重ね着をすることになってしまえば、赤ちゃんにとってはたまったものではありません。まずは赤ちゃんが過ごしやすい服装を第一に考えましょう。また、暑い夏の時期の肌着の着用は控え、体温の高い赤ちゃんには薄着をさせるのがいいでしょう。そして、汗を書いたらこまめに着替えをさせるようにしましょう。

車で外出する場合に気を付けること

車は短時間で高温になってしまう場所です。赤ちゃんを車に乗せる前に車内を涼しくしておく必要があります。出かける10分前くらいには、窓やドアを開けて熱を外に逃がすようにしておきましょう。ちょっとしたことで、赤ちゃんは体調を崩してしまうものです。少しの買い物だからといって、赤ちゃんを車内に一人残すことだけは絶対にやめましょう。

合わせて読みたい

水だけで大丈夫?赤ちゃんの最適な水分補給の方法とは?
大人の感覚だと、「水分補給」というと、多くの場合「水」が思い浮かぶと思います。 しかし赤ちゃんの場合は、水以外の水分補給も必要になります。今回は、赤ちゃんに与えるべき水分の種類についてご紹介してきます。 まずはこれ!「ミルクと母乳」 赤ちゃんにあげる最初の水分。それが「母乳」です。...

赤ちゃん外出時便利グッズを活用しよう

最近では、熱中症対策グッズがたくさん販売されています。どれも必要そうなものばかり売られていますが、すべて購入していてはお金がかかって仕方がありません。こちらでは、夏の外出時必須アイテム3つをご紹介します。

日よけには赤ちゃんから大人まで絶対不可欠な帽子

日よけの帽子は、言うまでもなく必須アイテムといえるでしょう。帽子の中でも、UVカット機能が付いたものがおすすめです。洋服はおしゃれよりも通気性の良い薄手のものを選んだ方が好ましいですが、帽子はかわいいものがたくさん売られています。もちろん日差し避けが一番の目的ですが、帽子で思い切りおしゃれを楽しむのもいいのではないでしょうか。

ベビーカーの熱を逃がすための冷却グッズ

アスファルトから直接熱を受けやすく、熱がこもりやすいベビーカーには、赤ちゃんの身体を冷やせるようなグッズを使用すると、暑さ対策には効果的です。頭や背中部分にポケットがついていて、冷やした保冷剤を入れられるようになっている便利グッズや、ベビーカーに敷くだけで、ひんやりした肌触りになるシートなどが販売されています。ぜひ活用してみましょう。

夏の直射日光を避けるサンシェードグッズ

ベビーカーであればすぐに取り付けられるサンシェードなどを使用すれば直射日光も避けられ、虫よけにもなります。また、抱っこ紐であればお母さんが日傘をさして対策するのもいいでしょう。ちょっとだけなら日よけを使わなくても平気だと思わず、わずかな時間でも直射日光を避けることは熱中症対策としてとても重要となります。しっかりと、対策を行いましょう。

おわりに

夏の暑さが厳しい時は外に出ることも避けてしまいがちですが、少しでも涼しい時間帯を選んで外出したり、ご紹介した外出グッズなどを活用したりして、しっかりと暑さ対策をしていれば熱中症の心配はありません。過度な心配をせず、赤ちゃんとの快適なお散歩を楽しんでください。

ピックアップ

調乳のお水にウォーターサーバーがオススメな理由3つ
大人だけのときは水道水でもいいと思っていたけれど、「子どもが生まれたから安全で、おいしい水に変えたいと思った」「子どもが生まれたタイミングでウォーターサーバーに切り替えた」という人は決して少なくはありません。 ただ、ウォーターサーバーはとても多くの種類が出ていますし、「そもそも水道水とはどう違...
新生児からのスリング!選び方と賢い活用術を伝授
赤ちゃんを抱っこするために使用する抱っこ紐にもさまざまなタイプのものが現在では存在します。そのなかでもスリングという抱っこ紐の一種をご存じでしょうか。新生児から使用できる抱っこ紐で、抱っこ紐としての使用以外にもさまざまな使い方ができるのです。今回はスリングの選び方から賢い活用術などをご紹介します...
はじめてのベビーカー選びで抑えておきたいポイントを伝授!
出産間近になり、様々なものを用意しなければいけない中で購入に迷うものがあると思います。産後だと時間や体力の関係で買いに行けない、満足したものが買えないかもしれない、とそんな不安からできるだけ出産前に購入できるものは購入しておきたいですよね。今回は、出産前の買い物のなかで迷うものの1つ、ベビー...
4歳の娘と第二子妊娠中のママです。妊娠中でも毎日フル回転です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
灼熱の夏!赤ちゃんのお散歩で気をつけること
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る