良ければシェアをお願いします。

新生児からのスリング!選び方と賢い活用術を伝授

イラスト

赤ちゃんを抱っこするために使用する抱っこ紐にもさまざまなタイプのものが現在では存在します。そのなかでもスリングという抱っこ紐の一種をご存じでしょうか。新生児から使用できる抱っこ紐で、抱っこ紐としての使用以外にもさまざまな使い方ができるのです。今回はスリングの選び方から賢い活用術などをご紹介します。

スポンサーリンク

スリングとは

背中

スリングには長い歴史があり、およそ数千年前から使用されてきたと言われています。一枚の幅の広い布をたすき掛けのようにして赤ちゃんを包みこむ形で抱っこができるようになっているものが基本の形ですが、現在ではその形状にもさまざまな種類のものが存在します。

スリングの魅力

  • 赤ちゃんとの密着度が高い
  • 生まれてからすぐ使える
  • 夏の暑いときでも快適に使用可能
  • コンパクトで持ち運びに便利
  • デザインが豊富にある
  • 赤ちゃんの便秘解消になる
  • 産後のママの体を気遣える

上記はスリングのメリットとも呼べる魅力について書き出してありますが、早いものでは生後2週間から使用が可能なものもあります。

で出産されたママの体にとって赤ちゃんの抱っこは負担が大きいものですが、胸の高さで抱っこできるため帝王切開でできたおへそ下の傷口に触れることなく抱っこが可能で負担が少なくすみます。またママのお腹の中にいたようなポーズでいられるので安心できます。

赤ちゃんにとっては第二の子宮とも言われているのですよ!

スリングの種類

四人

リングタイプ

スリングとして一番ポピュラーなタイプのものです。一枚の布にリングが付いており、リングを通して抱っこの位置の調節が簡単にできます。

また、リングタイプには、リングを通したときの布の形状が広いフレアーテールタイプといったものや、布が縫い付けられているベルトテールタイプといったものがあります。特にベルトテールタイプのものは、シリングに通しやすく扱いやすいため初心者でも簡単に使用ができます

バックルタイプ

バックルタイプのスリングは、バックルがついており、バックル部分で赤ちゃんとの密着度を調節できるスリングです。リングタイプのスリングよりも、調節がしやすいのが特徴で、赤ちゃんを乗せるときや降ろすときもスリングごと簡単にはずすことができます。

しかし、バックルに重量があったり、バックルが体にあたって使い心地が気になったりする点もあるので、購入の際は実際に試すことをおすすめします。

チューブタイプ

チューブタイプは一番シンプルな作りとなっており、一枚の布が輪の形状になったものに赤ちゃんを乗せて使用します。取り扱い方は一番簡単ですが、長さの調節などができないため、使用できる期間も短いです

合わせて読みたい

おんぶ紐はメリットがいっぱい!おすすめ商品と選び方
ママになる方にとって必需品になる抱っこ・おんぶ紐。赤ちゃんの寝かしつけから外出時、家事を行う時など昔から重宝されてきました。できれば、出産前に準備しておきたいものの1つですよね。しかし、種類が豊富にあることからどれを選べばよいのか悩んでしまう方は多くいらっしゃいます。ここでは、そういったことから...

スリングの選び方

公園の赤ちゃん

使いやすいものかどうか

使いやすさの基準ですが、スリングには上述でもご説明したように、長さの調節ができるタイプのもの、着脱がしやすいもの、赤ちゃんを乗せたり降ろしたりと簡単にできるもの、コンパクトに収納が可能なものなど、スリングの種類によっても使い勝手が異なります。実際に試着をしてみて、自分にとって使いやすいものなどを見つけるようにしましょう

安全性が高いものかどうか

安全性が高いかどうかの目安に、ssマーク(セーフティスリングマーク)といったものがあります。このマークは、日本のベビースリング協会によって、第三者機関にて試験を行い合格できた商品にだけ表示ができるものです。安全性が高いものを選ぶ際には、ssマークを1つの目安として選ぶと良いでしょう

パッド入りのものか無しのものか

パット入りのものは肩に入っているものや赤ちゃんを入れる部分のふちなどにパッドが入っていて、肩に入ったものは肩への負担が軽くなるよう作られており、ふちに入っているものは縦抱きにしたときに赤ちゃんの足へのあたりが優しくなっておりねじれにくいのが特徴です。いずれにしてもスリングはかさばるものなので、赤ちゃんの体重の負担を少しでも解消したい方は、パッド入りのスリングを選ぶと良いでしょう。

生地や素材、デザイン

スリングには生地や素材、デザインも実に豊富にあり、その素材によって快適さも異なります。例えば、メッシュ素材やUVカット素材のものは夏でも快適に使用することができ、しじら織りのものは肌触りが良く涼感がいのが特徴です。そのほかにも、ワッフル・綿麻・ニット・ダンガリーなどの素材を使ったスリングがあります。季節や快適性によって合わせると良いでしょう

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
新生児からのスリング!選び方と賢い活用術を伝授
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る