子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?

食べる子ども

子育てをしているといろいろな「新しい経験」に出会います。大人とはまったく違う生き物であるため、大人には予想もつかない行動にびっくりさせられることもしばしば。ただ、そんな「びっくりさせられること」も、事前に「これにはこういう理由があって、こう対策をしていけばいいんだ」ということが分かっていれば慌てずに済むことですね。今回は、「びっくりさせられること」のなかから、「遊び食べ」について見ていきましょう。

遊び食べってどんなこと?

立ち歩き

「遊び食べ」という言葉をあまり耳にしたことがない、という人のために、まずはここから解説していきましょう。

遊び食べには、「食事中であるにも関わらず、立ち歩いてしまったりおもちゃで遊んでしまったりする」というものと、「今、目の前にある食べ物で遊び始めてしまう」ということの2通りがあると考えられています。

どちらも、「大人」である私たちにとっては、とても行儀の悪い行動のように思えてしまいます。しかしこれにはちゃんとした理由があるのです。

合わせて読みたい

風邪?アレルギー?1歳の子がかかりやすい病気まとめ
風邪?アレルギー?1歳の子がかかりやすい病気まとめ
乳児期の赤ちゃんはまだ体内に免疫を持っていないため、大人に比べ病気にかかりやすく、時には重症化するケースもあります。病気を防ぐためにも、...

子どもは「変化」を楽しむ

好奇心

赤ちゃんがもっと小さいころにボタンなどの異物を食べてしまい慌ててしまった、という経験がある人も多いのではないでしょうか。子どもは好奇心が非常に旺盛です。見るものすべてが「初めて」であったり「慣れていないもの」であったりするため、それに対して非常に好奇心がかきたてられます。

私たちにとって食事というのは、「食べれば減るもの」であり、「押しつぶせば形が崩れるもの」です。しかしこれは子どもにとっては「興味」の対象であり究極の遊び道具なのです!

例えば豆腐・・・

四角くてつるりとした冷たいお豆腐は、スプーンで押すと簡単につぶれます。それを追いかけようとするとさらにばらばらに崩れます。このような「形の変化」は、子どもにとってとても面白いものです。また、食感なども、今まで知らなかったものを次々と学習していきます。

成長過程において、「新しいもの」「変化するもの」に興味を持つことは決して悪いことではありません。むしろ順調に発育をしていることを喜ぶべきです。

合わせて読みたい

覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲したときの四つの対処法
覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲したときの四つの対処法
毎日すくすくと大きくなる赤ちゃん。お母さんにとってうれしいことですが、同時に不安も増えていきます。その理由の一つは赤ちゃんの行動範囲が広...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る