子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?

良ければシェアをお願いします。

食べる子ども

子育てをしているといろいろな「新しい経験」に出会います。大人とはまったく違う生き物であるため、大人には予想もつかない行動にびっくりさせられることもしばしば。ただ、そんな「びっくりさせられること」も、事前に「これにはこういう理由があって、こう対策をしていけばいいんだ」ということが分かっていれば慌てずに済むことですね。今回は、「びっくりさせられること」のなかから、「遊び食べ」について見ていきましょう。

スポンサーリンク

遊び食べってどんなこと?

立ち歩き

「遊び食べ」という言葉をあまり耳にしたことがない、という人のために、まずはここから解説していきましょう。

遊び食べには、「食事中であるにも関わらず、立ち歩いてしまったりおもちゃで遊んでしまったりする」というものと、「今、目の前にある食べ物で遊び始めてしまう」ということの2通りがあると考えられています。

どちらも、「大人」である私たちにとっては、とても行儀の悪い行動のように思えてしまいます。しかしこれにはちゃんとした理由があるのです。

合わせて読みたい

風邪?アレルギー?1歳の子がかかりやすい病気まとめ
乳児期の赤ちゃんはまだ体内に免疫を持っていないため、大人に比べ病気にかかりやすく、時には重症化するケースもあります。病気を防ぐためにも、乳児期にかかりやすい病気をチェックしておくことが大切です。そこで今回は、乳児期にかかりやすい病気についてまとめてみました。我が子の健康のために、ぜひご活用くださ...

子どもは「変化」を楽しむ

好奇心

赤ちゃんがもっと小さいころにボタンなどの異物を食べてしまい慌ててしまった、という経験がある人も多いのではないでしょうか。子どもは好奇心が非常に旺盛です。見るものすべてが「初めて」であったり「慣れていないもの」であったりするため、それに対して非常に好奇心がかきたてられます。

私たちにとって食事というのは、「食べれば減るもの」であり、「押しつぶせば形が崩れるもの」です。しかしこれは子どもにとっては「興味」の対象であり究極の遊び道具なのです!

たとえば豆腐・・・

四角くてつるりとした冷たいお豆腐は、スプーンで押すと簡単につぶれます。それを追いかけようとするとさらにばらばらに崩れます。このような「形の変化」は、子どもにとってとても面白いものです。また、食感なども、今まで知らなかったものを次々と学習していきます。

成長過程において、「新しいもの」「変化するもの」に興味を持つことは決して悪いことではありません。むしろ順調に発育をしていることを喜ぶべきです。

合わせて読みたい

覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲した時の4つの対処法
毎日すくすくと大きくなる赤ちゃん。お母さんにとって嬉しいことですが、同時に不安も増えていきます。その理由の1つは赤ちゃんの行動範囲が広がることです。 生まれたばかりの頃は寝てばかりいた赤ちゃんがハイハイをしたり、つかまり立ちができるようになったりすると、目につくもの、手にするものをすべて口に入...

遊び食べ、どう接していけばいい?

怒る母

子どもにとっては探求心や興味からの行動なので、これを強く怒ることは望ましくない、と言われています。

怒ってしまうと、子どもは「食事をすることは怒られることだ」と学習してしまいます。そのため、「遊び食べをやめる」という方向ではなく、「食事自体をとりたくない」という方向に進んでしまうことがあるのです。

子どもが遊び食べを始めた場合は、「食べているものの名前」を子どもに教えてあげることが効果的だと言われています。「バナナですよ」「豆腐だよ」と優しく声をかけてあげましょう。「知りたい」というのが遊び食べのもともとの理由であるのなら、自分がそれをどんなものであるかを理解すれば、徐々に遊び食べが減っていくと考えられています。

また、私たち大人は、ついつい「きちんと食べなさい」「ちゃんと食べなさい」「食べ物をおもちゃにしてはいけません」と言ってしまいがちです。しかしこのような言い方や指示は、実は非常にあいまいなものです。

「やってはいけないこと」を告げてはいるものの、「それならば、どうすればいいのか」についてはきちんと話していないからです。そのため、遊び食べをやめさせるには具体的な指示が必要です。

「お口をあけてね」などのように、具体的にやるべきことを教えてあげると、子どもはそれに従ってくれることもあります。食事の時間は30分ほどかかると思っておくのが望ましいです。子どもが集中できる時間はそれほど長くはなく、10分程度が限界だからです。

毎回食事に付き合うのは忍耐が必要ですが、我が子の成長のために気長に付き合ってあげましょう。

遊び食べのストレスを軽減するための方法とは?

成長する子ども

ただ、「怒らないでいること」「見守ること」は、大人にとって大きなストレスでもあります。せっかく彩りを考えて時間をかけて作ったご飯をぐしゃぐしゃにされるのはストレスがたまるものですし、食べ散らかした食材が床に落ちてしまうこともあるでしょう。

「立って歩く」「おもちゃで遊ぶ」というタイプの遊び食べをしているときに、散らかした食材を踏んづけてしまう、ということもあるかもしれません。そうなると掃除がとても大変です。そのため、あらかじめ「子どもは遊び食べをするものだ」という前提のもとで、食卓周りを整えておくことをおすすめします。

具体的にいうと、

  • ランチョンマットを使う
  • テーブルの下にビニールマットや新聞紙を敷く

などです。こうしておけば遊び食べで食材が飛び散ってしまっても、片付けるのが容易です。

また、洋服が汚れないように前掛けをしたり、赤ちゃん用のこぼれないコップを用意したり、割れにくい食器を選んだりすることも安心ですね。

おわりに

遊び食べは、正常な成長のなかで見られる行動です。これ自体は歓迎されるものですし、多くのお子さんに見られるものです。決してお母さんやお父さんを困らせよう、と思ってやっているわけではありません。

だからこそ、できる限り温厚に、しかし保護者側のストレスもためすぎない形で対応をしていきたいものですね。

ピックアップ

赤ちゃん・子供の人見知りの原因と対策法
ずっとニコニコしていた赤ちゃんが、普段からあまり接していなかった人に会ったときに突然泣いてしまった。そんな経験から、ママやパパは赤ちゃんの人見知りがはじまったのだと理解することでしょう。あまり激しい人見知りをしている赤ちゃんを見て心配になるママやパパもいらっしゃるかもしれませんが、赤ちゃんや子供...
ママが子育て中に感じる孤独感を解消する5つの方法
妊娠・出産、そして育児。子供と一緒に過ごす時間はママにとって幸せなひと時です。その反面、環境の変化により、自分だけが社会から孤立させられているような気持ちになってしまうこともあるようです。ママと赤ちゃんが二人で過ごす時間が長ければ長いほど孤独感や不安は大きくなり、苦しむ人が多くなると言われていま...
共働きの旦那さん必見!上手な家事分担のコツ
共働きの家庭というのは年々増加傾向にあり、2016年7月12日の厚生労働省の発表によると、2008年に1,000万世帯を超えて以降、現在もさらに増え続けているとのことです。この背景には女性の社会進出や不景気という社会情勢があり、これからも増加し続けることでしょう。 そこで問題になるのが家庭内に...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

1歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

1歳になるとどんな症状になる?自閉症の赤ちゃんの特徴4つ
生まれつきの障がいである「自閉症」。自閉症を患っている子どもは、どのような特徴を示すのでしょうか。そこで今回は自閉症という病気と、1歳前後で見られるその特徴についてお話していきます。 自閉症という病 「自閉症」という言葉だけを聞くと、「自分の世界に閉じこもっている」「精神的につらいことが...
あいさつができる子に育てたい!1歳からできるしつけとは
気持ちよくあいさつができる子どもは周囲に好印象を与えます。感情や言葉が芽生える1歳頃があいさつのしつけを始める適齢期ですが、上手くいかずに悩む親も多いようです。 あいさつのしつけで気をつけたいポイントや、発育や個性に合わせた段階的なしつけの対応についてまとめました。 あいさつはしつけの...
1歳の子におすすめなおうち遊びとお外遊び6選
「子どもの遊ばせ方がマンネリになってきた」「1歳に合った遊びは何だろう……?」など、そんな悩みを抱えているママやパパは多いことでしょう。発育に良いゲームや運動能力を伸ばす遊びを考えても、なかなか思いつかない方も多いと思います。 そこで今回は、1歳の子におすすめしたい「おうち遊び」と「お...
【レシピ付き】1日3回規則正しく!1歳児の離乳食の進め方は?
そろそろ1歳を迎える時期になると、「離乳食はどんなものがいいのかしら?」「1日何回あげればいいの?」といったことに悩むお母さんは多いことでしょう。離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて、食べものの固さ・量・回数を調整していきます。徐々に大人と同じような食事ができるよう、ステップを踏んで進めていきま...
子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?
子育てをしているといろいろな「新しい経験」に出会います。大人とはまったく違う生き物であるため、大人には予想もつかない行動にびっくりさせられることもしばしば。ただ、そんな「びっくりさせられること」も、事前に「これにはこういう理由があって、こう対策をしていけばいいんだ」ということが分かっていれば慌て...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る