夫も妻も高収入!パワーカップルの定義とは?住宅、世帯年収、子ども・・・

パワーカップルの定義
パワーカップルという言葉をご存じですか?使う人によってさまざまな定義を持って使われているようですが、基本的には”夫婦ともに高収入によって高所得世帯となっているカップル”を指す言葉として使われています。以前にいわれていた共働き高収入夫婦の”DINKs”と呼ばれているカップルとはまた違った定義のされかたをしているパワーカップルについて調べてみました。

パワーカップルって何?

妻の仕事
そもそも、パワーカップルとはどのような夫婦のことを指すのでしょうか。使う人とシーンによってさまざまに定義されているようですが、この記事では、ニッセイ基礎研究所の定義に沿ってご説明します。

購買力のある共働き夫婦

前出の記事によると、パワーカップルという言葉は、2013年ごろから、不動産業の中で使われるようになってきた言葉。夫婦ともに高収入で、高所得世帯となっている夫婦を指して使われてきました。都心のタワーマンションなどの高額物件に対する購買力が期待できるカップルという定義でしょう。

夫だけでなく、妻も高収入

パワーカップルの特徴は、妻自身も高収入であることで、高所得世帯となっているということです。
厚生労働省の調査によると、平成28年度の年間平均所得は約560万円ですから、700万を超えるとやや高所得世帯といえます。パワーカップルは夫婦それぞれが高収入を実現しているため、高所得世帯になっているのです。
例えば、1500万円を超える高所得世帯の中でも、年収1500万円の夫と専業主婦の世帯もあります。しかし、パワーカップルは、夫の年収700万円程度に対して、妻も同じ程度の年収を得ていることで、合計した世帯収入が1500万円程度となり、高所得世帯となっています。

所得の世帯数

合わせて読みたい

共働きで一番貯蓄できるのは子どもが8歳までの時期だった!
共働きで一番貯蓄できるのは子どもが8歳までの時期だった!
子育て中は何かとお金がかかります。教育資金や自分たちの老後資金など将来のために備えるなら、子どもの年齢を意識して貯蓄計画を立てましょう。...

パワーカップルとDINKsの違いは?

保育園のお迎え
共働きの高収入世帯といえば、以前にDINKsも話題になりました。DINKsとパワーカップルの違いはどのようなところなのでしょうか。

DINKsとは

DINKsとは、Double Income No Kidsの頭文字をとった造語です。仕事やライフスタイルの好みなどさまざまな理由から、子どもを持たないことを選択した夫婦のことを指します。DINKsの最も特徴的なライフスタイルは、自らの選択で子どもを持たないと決めていることです。

パワーカップルは子どものいる核家族世帯が過半数

一方、ニッセイ基礎研究所の記事によれば、夫婦ともに年収700万円超の世帯をパワーカップルであると定義すると、25万世帯(全体の0・5%、共働き世帯の1・8%)が該当。そのうち、子どものいる核家族世帯が過半数を占めています。そして、その数は少しずつ増えているとのこと。ここから見えてくる、DINKsとの大きな違いは子育て世帯であるかどうかというところにあります。

合わせて読みたい

共働きは子育てにどう影響する?上手に子育てを行う三つの方法
共働きは子育てにどう影響する?上手に子育てを行う三つの方法
内閣府が発行する平成28年度版の『男女共同参画白書』によると、昨年度の共働き夫婦は1,114万世帯(前年度比3.4%増)。一方、夫のみが...
40代前半。15年間の義両親同居のモラハラ生活を経て離婚、現在は15歳の長男と10歳の次男と3人で暮らしています。子どもたちにはそれぞれ特徴のちがう発達障害があります。離婚後、保育士資格を取得し、いかに自立していくかを模索中です。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る