良ければシェアをお願いします。

尾木ママ以外にも!子育てで迷ったら子育て評論家の本を読んでみよう!

良ければシェアをお願いします。

教育評論家の本

子育てを頑張るママは、どんなときに子育てについて悩むのでしょうか。初めての子育て、兄弟ができたとき、子どもの反抗期など、きっかけはさまざまです。昔は、子育てについての悩みを発信することができないママが大勢いました。現在は様々な子育て論が議論されその数だけ子育て評論家も存在します。ぜひ子育てに迷ったら子育て評論家の本を読んでみましょう。

スポンサーリンク

初めての子育てに迷ったら読みたい本

子どもが生まれて初めてパパとママになることができます。そんなパパとママの初めての子育ては、わからないことばかりで悩みが尽きません。子どもに必要なものやよくないもの、また子どもの成長や病気についてなど子育てについて学ぶことがたくさんあります。そんなときに読みたい子育て評論家の本を紹介します。

『はじめてママ&パパの育児』五十嵐隆

この著者は、日本小児科学会会長を務め、プライベートでは三児の父でもある五十嵐隆先生です。初めての育児ならではの悩みや疑問に答え、わかりやすい育児のノウハウが書かれています。読者や体験者の声がたくさん掲載されているため、読者が知りたいことが集められている育児本です。子どもならではの事故や怪我への応急処置方法が載っており、初めての子育てをするパパやママの教科書になっています。

『0~3歳 能力を育てる好奇心を引き出す』汐見稔幸

子育てをしている親は、なにを目標にしているのでしょうか。頭のいい子どもや運動神経がいい子どもなど、親はどのように子どもを育てればいいのでしょう。そんな疑問に答えてくれるのがこの育児本です。子どもに知識だけを植え付けるのが親ではありません。子どもが自分に『自信を持つこと』が大切だと著者の汐見稔幸先生は断言しています。また保育者と親のための学び&交流誌「エジュカーレ」(http://ikuji-hoiku.net/shiomi/)の責任編集者を行っています。

『子どもはみんな問題児。』中川李枝子

子育てをしていると子どもにイライラしてしまうことやそんなイライラしている自分に落ち込んでしまうことなど、気持ちの面で参ってしまうことがあります。しかし、子どもは、子どもらしくいることが一番です。当たり前なのに、つい忘れてしまうようなメッセージが詰まっている本です。この本を読むと、子どもへの愛情が改めて感じることができます。

合わせて読みたい

悪魔の3歳!?加速する3歳児のイヤイヤとは
子どもは、2歳から4歳にかけての成長が著しいと言われています。特に3歳で目立つのが、イヤイヤ期です。「買ってくれないとイヤ!」、「持たせてくれないとイヤ!」など、自分の思い通りにならないと気が済まないのが、3歳児の特徴です。イヤイヤ期は2歳から始まって、4歳ごろになると落ち着きます。2歳のときよ...

子どものしつけに迷ったら読みたい本

子どもが大きくなると子どもを叱ることが増えていきます。しかし、どんな叱り方をすればいいのでしょうか。他の子どもができるのに自分の子どもができないことに焦りを感じ、つい感情的に怒鳴ってしまうママも少なくありません。そんなときに読みたい本を紹介します。

『お母さんはしつけをしないで』長谷川博一

子育てにおいて『』とはなんでしょうか。子供の頃に受けた間違ったしつけのせいで、現在の子どもの問題が多く発生していると言います。しつけの後遺症として不登校やひきこもり、少年犯罪につながっていると筆者は考えています。親は、子どもにしつけをしなければならないという気持ちからしつけという支配をしてしまいます。みんなが幸せになるための教育について考えさせられます。

『男の子の本当に響く叱り方ほめ方』小崎恭弘

「しっかりしろ」、「やめなさい」、「だめ」など何度注意しても言うことを聞かないのはなぜでしょうか。筆者は、元保育士で、3人の息子を持つ男性です。筆者自身が経験したことや感じたことなどが詰まっている一冊です。男の子には、どんな言葉が響くのでしょうか。子どもに言うことを聞かせるためには、どんな叱り方がいいのでしょう。そんな疑問に答える本になっています。

『子どもの話にどんな返事をしていますか?』ハイム・G・ギノット (著)、 菅 靖彦 (著)

子育てにおいて、子どもとの会話やコミュニケーションはとても大切な時間です。そんな親子の会話ではどのようなやり取りをしていますか。子どもができなかったことややらなかったことの話を聞くと、つい怒ってしまうのが親です。この本では、親子の会話の悪い例が書かれています。子どもとの会話を客観的に見て考えるきっかけをつくる本になっています。

合わせて読みたい

男女で違う?男の子と女の子それぞれの育て方
よく子どもを産むなら「一姫二太郎」といわれますが、実際、女の子のほうが男の子より育てやすいのでしょうか。そもそも男の子と女の子で育て方は変えるべきなのか、子育ての基本と、男の子、女の子との向き合い方のコツについてご紹介します。 子育ての基本は男の子も女の子も同じ 子育...
10,8,2歳の男の子のママです。賑やかすぎる毎日を子どもたちと一緒に過ごしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
尾木ママ以外にも!子育てで迷ったら子育て評論家の本を読んでみよう!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る