「 子ども 」のお役立ち記事一覧

子どもが急に発熱!仕事を休んだ時・早退時の働くママのビジネスマナー

子どもが急に発熱!仕事を休んだ時・早退時の働くママのビジネスマナー

めでたく保育園が決まって職場に復帰することになり、ママが意気揚々と出社した途端、園から「熱があるのでお迎えに来てください」と呼び出し電話が来てしまう。こんなことは働くママなら誰しも通る道でしょう。ただ、いくら子どものためとはいえ、職場の誰かに迷惑をかけていることに変わりはありません。職場の雰...

受け忘れていた予防接種はどうすればいい?いつ誰に相談すればいいの?

受け忘れていた予防接種はどうすればいい?いつ誰に相談すればいいの?

乳幼児が受ける予防接種には定期接種と任意摂取があるのを知っていますか。定期接種は感染力が強い病気に対して国が赤ちゃんの命を守るために摂取を奨めるものであり費用はかかりません。一方任意接種は保護者の判断で受けるもので費用は基本的に自費です。今回は定期接種を受け忘れてしまった時の対応策やどこへ相...

幼稚園スモックを手作りしてみよう!手作りスモックの作り方まとめ

幼稚園スモックを手作りしてみよう!手作りスモックの作り方まとめ

新入園や進級の季節、子どもの幼稚園グッズを手作りしようかと考えているママも多いのではないでしょうか。幼稚園グッズの中でも巾着などの袋ものに比べて、少し難しいイメージがあり躊躇してしまいがちな幼稚園スモックですが、袋物とそれほど変わらないシンプルな縫い方でつくることができます。この機会に手作り...

こどもにも増えている? こどもと大人の花粉症の違いとは

こどもにも増えている? こどもと大人の花粉症の違いとは

大人でもとても辛い花粉症ですが、年々花粉症を発症する子どもが増加していて、低年齢化が進んでいます。子どもが花粉症に苦しむ姿はとても可哀想ですし、集中力が欠けることで様々な悪影響が出てくることも考えられます。子どもの花粉症の症状の特徴をよく知り、日々の過ごし方や治療の仕方など、適切な対応をして...

家庭的保育のプロ、チャイルドマインダーってどんな資格?

家庭的保育のプロ、チャイルドマインダーってどんな資格?

チャイルドマインダーについて調べてみると、「合格率80〜90%」という数字を見かけます。資格取得を望んでいる方には嬉しい数字ですが、チャイルドマインダーに子どもを預けてみようと考えている方にとっては少々不安ではないでしょうか。そこで今回は、チャイルドマインダーについて、その安全性についても詳...

学童も終了…来るべき「小4の壁」をどうやって乗り越えるべきか

学童も終了…来るべき「小4の壁」をどうやって乗り越えるべきか

「小4の壁」という言葉ご存知ですか?小4の壁とは別名「10歳の壁」とも言われ、学童保育が終了し放課後の居場所がなくなってしまう子どもたちの現状を指します。また学校での授業内容や友達づきあいにおいても難しさを感じるようになり、つまずきやすくなる時期のことをいいます。今回は、そんな小4年の壁を乗...

算数が得意になってほしい!インドの人はなぜ算数が得意なのか、その理由

算数が得意になってほしい!インドの人はなぜ算数が得意なのか、その理由

「算数」というと苦手意識の強い子どもは多いはずです。出来れば小さいうちから「算数が得意な子」になって欲しいと親としては願います。そこで、近年、数多くの企業創設者を排出し、世界においての大手企業の社員の多くが「インド人」という事実から、今回はインド人が特に「なぜ算数が得意なのか」その理由につい...

どれくらいかかるのか知っておきたい!3歳の子育てにかかる費用はいくら?

どれくらいかかるのか知っておきたい!3歳の子育てにかかる費用はいくら?

「第一反抗期」ともいわれるほど口が達者になる3歳の子育てにかかる費用はどれくらいなのでしょうか。3歳以降は0〜2歳の頃と比べると、生活用品費が減少する代わりに保育にかかる費用が増え、様々な項目がシフトチェンジする、一つの区切りがある年齢のようですね。今回は、3歳児の子育て費用とその内容につい...

夫婦円満!子はかすがいだなぁと感じるときベスト5

夫婦円満!子はかすがいだなぁと感じるときベスト5

子どもは夫婦にとってかけがえのない存在であり、家族の笑顔の源です。喧嘩が多かったり、不仲が続いたりしている夫婦仲が子どものお陰で改善されていったとき、「子はかすがいだね」と言われる風景は昔から変わらずあります。今回は、「子はかすがい」のそもそもの意味と、世間の夫婦が「子はかすがいだなぁ」と感じる...

子どもが親のことを「パパ、ママ」と呼ぶ最大の理由、それは・・・?

子どもが親のことを「パパ、ママ」と呼ぶ最大の理由、それは・・・?

子どもに親のことをなんと呼ばせようか、と考えている親御さんは少なくないようです。まわりを見回すと圧倒的に「パパ、ママ」と呼んでいるお子さんが多いように思います。今回は、この「パパ」「ママ」という呼び方について様々な角度から考えてみたいと思います。 「パパ」「ママ」の一番の理由は呼びやす...

中学の部活に入ったら必要になる道具と費用まとめ(室内部活編)

中学の部活に入ったら必要になる道具と費用まとめ(室内部活編)

もうすぐ中学生になる子どもにとって最も楽しみなことといえば「部活動」ですね。なんの部活動に入ろうかワクワクしながら悩む子どもの横で親御さんは「何を準備すればいいの?費用はどのくらいかかるの?」と不安になっていませんか?子どもがやりたいことをしっかり応援できるように、部活動に必要な道具や費用に...

通常学級を受けて、週に何時間か別の教室で教育を受ける「通級指導」とは?

通常学級を受けて、週に何時間か別の教室で教育を受ける「通級指導」とは?

みなさんは「通級指導」と聞いて、どんなところか何をする場所なのかを説明をすることができますか?通級指導教室に通っている子どもやその保護者との関わりがなければ、どんな場所なのかわからない方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、通級指導についての説明と通級指導教室で特別支援教育を行う担当者に...

知っていますか?「赤ちゃんが乗っています」カー ステッカーを貼る意味

知っていますか?「赤ちゃんが乗っています」カー ステッカーを貼る意味

最近ではさまざまなデザインの「赤ちゃんが乗っています」カーステッカーが見られます。赤ちゃんを迎えるに当たり、ベビー用家具や洋服と同時にそろえる必須アイテムになりつつあります。気軽にアクセサリー感覚で使っている方も多いのではないでしょうか。そんなふうに世間に浸透してきているステッカーですが、ど...

「子供歌舞伎教室」で日本の伝統文化【歌舞伎】を親子で体験してみよう!

「子供歌舞伎教室」で日本の伝統文化【歌舞伎】を親子で体験してみよう!

みなさん歌舞伎を鑑賞したことはありますか?存在自体は知っているけれど、なかなか敷居が高い、行く機会がない、という方が多いのではないかと思います。東京都にある公益法人都民劇場は、演劇・歌舞伎・音楽を手頃な会費で鑑賞することが出来る組織であり、日本で最も古い歴史と伝統を持つ鑑賞団体です。その都民劇場...

移民大国のアメリカ!少子化問題、出生率の変化、子育て支援・・・日本との違いに着目!

移民大国のアメリカ!少子化問題、出生率の変化、子育て支援・・・日本との違いに着目!

アメリカは、日本に比べると高い出生率を実現しているものの、近年では出生率の低下が見受けられます。しかし、日本のような社会的子育て支援を提供することがなくても、少子化はそれほど深刻ではありません。今回は、アメリカの少子化問題について、合計特殊出生率の変化や子育て支援、日本との意見の違いに着目し...

わかっちゃいるけどやめられない「スマホ育児」のいいこと、悪いこと

わかっちゃいるけどやめられない「スマホ育児」のいいこと、悪いこと

昔は「テレビ子守」などと言う言葉も聞かれましたが、今「スマホ育児」というのがニュースなどでも問題になっています。子育てにスマホを利用することには、賛否両論がありますが、スマホやタブレットがこれほど普及している中、スマホを育児の中で全く利用しないというのは、難しい状況になってきているのかも知れ...

芦田 愛菜ちゃん世代!2004年生まれの子役たちから目が離せない

芦田 愛菜ちゃん世代!2004年生まれの子役たちから目が離せない

2004年生まれの子役たちも今年で13歳、もう中学生になる歳でそろそろ子役から女優、俳優と呼ばれる年頃です。特に2004年生まれは天才子役の当たり年!とも言われています。2004年生まれと聞くだけでは、どんな子役がいるのか分からなくても、名前を聞くときっと一度はテレビやCMで活躍しているのを...

気がついたら子どもがいない!一人歩きの事故を起こさないために注意すること

気がついたら子どもがいない!一人歩きの事故を起こさないために注意すること

行動範囲が一気に広くなる幼児期には、事故の種類も増加します。特に一人歩きでの事故は多い傾向にありますが、公園など屋外だけでなく、家の中にも一人歩きの危険が潜んでいるのです。そこで今回は、実際にあった一人歩きによる事故の話と一緒に、一人歩きによる事故を防ぐための方法も併せてご紹介します。歩き始...

子どもがスマホを利用して視力低下しないように気をつけるポイント

子どもがスマホを利用して視力低下しないように気をつけるポイント

スマホやゲームは始めてしまうと中々やめることができず、子どもに悪影響を及ぼしているのではないかと考える人も多いことでしょう。一番の気がかりは長時間小さい画面を見ることで視力低下ではないでしょうか。そこで今回は、子どもがスマホを利用するとどんな影響があるのか、また長時間スマホを利用しない対策に...

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る