冬の乾燥から赤ちゃんを守ってくれる加湿器の賢い選び方と使い方!

良ければシェアをお願いします。

加湿器

冬になるとどうしても気になるのが部屋の乾燥。赤ちゃんにとって最適な湿度は50%~60%くらいといわれており、湿度の低下は赤ちゃんにとってさまざまな弊害をまねく可能性があります。赤ちゃんの健康のため、湿度には特に気をつけてあげたいですね。今回は、赤ちゃんにとっての加湿の重要性、加湿器の賢い選び方と使い方についてご説明していきます。

スポンサーリンク

乾燥した空気から赤ちゃんを守ろう 

毎年冬になると話題にあがるのが、お部屋の乾燥対策についてですよね。特に赤ちゃんがいる生活では、部屋を加湿する事が非常に重要になってきます。それではなぜ加湿する必要があるのでしょう?赤ちゃんの体の仕組みと乾燥の怖さについて具体的にお伝えいたします。

赤ちゃんの皮膚は大人の半分の薄さ

赤ちゃんは肌が大人の半分程度と非常に薄いので、湿度の変動に非常に影響されやすいのです。湿度が低くなると皮膚を守る機能が低くなり、肌がまるで粉をふいたように乾燥してしまいます。頭や体のかゆみで赤ちゃんがかきむしってしまうと、出血を招き皮膚の状態が悪化するので、アレルゲンが侵入しやすくなりアトピー性皮膚炎の原因になる事もあります。

のどや鼻の粘膜が大人よりもやわらかい

赤ちゃんののどや鼻の粘膜は大変デリケート。大人と違い粘膜が非常にやわらかく不完全なため、湿度が低い状態ではすぐに炎症を引き起こしてしまいます。これが咳やのどの痛みなどの不快な症状を招き、ぐずりの原因にもなってしまうのです。大人が朝起きた時などにのどの不快感があるなら、赤ちゃんはそれ以上の不快感を感じているかもしれません。

乾燥を好む風邪菌やインフルエンザ菌

最も怖いのは、乾燥した空気を好む風邪やインフルエンザなどのウイルスです。これらのウイルスは40%以下の低い湿度で活発に活動をしますので、乾燥した部屋にいるという事は感染症を引き起こしやすくしているといえます。寒さで風邪をひかないようにと部屋を暖めた結果、湿度が低下し、ウイルスを増殖させるという逆効果になってしまう場合があるのです。

合わせて読みたい

極寒の冬!赤ちゃんのお散歩で気をつけること
赤ちゃんとの冬のお散歩は、「寒くはないかな?」「風邪をもらってしまったらどうしよう?」などなど…心配がつきません。いろいろ考えると、家に閉じこもりがちになってしまう事も多いのではないでしょうか?けれど、外に出ることは赤ちゃんのみならず、ママにとってもいい気分転換になります。ポイントを押さえて、寒...

赤ちゃんにとって安心・安全な加湿器とは?

加湿機と一口に言っても、実は気化式・スチーム式・ハイブリッド式など沢山の種類があります。赤ちゃんにとって安心・安全な加湿器はどのように選べばよいのでしょうか。ポイントを解説しながらご説明していきます。

雑菌の繁殖を防いでくれるものを選ぶ

超音波式と呼ばれる加湿器はフィルターがないので、タンク内をこまめに清掃する必要があります。しかし、水を継ぎ足しながら使うという特性のためにどうしてもおろそかになり易く、雑菌の繁殖を招く危険性があります。空気中にまきちらかされた雑菌は「加湿器病」という恐ろしいアレルギー性の肺の病気を引き起こす可能性があるので、赤ちゃんのいる家庭では超音波式は特に避けた方がよいでしょう。

蒸気の吹き出し口が熱くならないものを選ぶ

スチーム式の加湿器は水を加熱して水蒸気化させる仕組みなので、高温で雑菌は死滅し加湿器病の心配はありません。しかし、そのために蒸気の吹き出し口が非常に熱くなってしまうので、万が一赤ちゃんが蒸気口に触れてしまった場合にやけどの危険性があります。安全面を考えると吹き出し口が熱くならない気化式やハイブリッド式をおすすめします。

日々のお手入れが簡単なものを選ぶ

フィルターが汚れた状態で利用を続けていると、やはり加湿器病を招く原因となってしまいます。月に1度程度のフィルターの手入れが必要とされていた気化式やハイブリッド方式ですが、最近は使い捨てのフィルターを採用したモデルなども出ていますので、赤ちゃんのお世話に忙しくて頻繁にフィルターの清掃にまで手が回らない方はこういったタイプを選ぶのがよいでしょう。

合わせて読みたい

赤ちゃんの鼻づまりが心配!自宅でできる鼻水吸引3つの方法
赤ちゃんの鼻水が詰まっていてかわいそう・・・というのは、保護者ならよく思うことなのではないでしょうか。今回は、自分で鼻をかむことも出来ない赤ちゃんの鼻づまりを解消する鼻水吸引の方法を紹介します。 「口で吸い取る」は正解?不正解? 「子どもの鼻が詰まっていたら、保護者が口で吸い取る」と...

加湿器の効果をあげる使い方は?

せっかく購入した加湿器。より効果を高める使い方を知って、加湿器の能力を最大限に活用したいですね。こちらでは加湿器に使用する水、効果的な置き場所、加湿した空気を循環させる方法についてご説明していきます。

加湿器に使用する水は必ず水道水を選ぶ

加湿器には必ず水道水を使う事が重要です。浄水器を通した水やミネラルウォーターの方がきれいな水蒸気を発生させてくれるような気がしますが、実はNGなんです。なぜかというと、水を消毒するための塩素が入っていないので雑菌が発生しやすくなってしまうという事と、ミネラルウォーターのミネラル分が結晶化し、加湿器の故障を引き起こす可能性があるからです。

加湿器の効果を高める置き場所は?

加湿器の効果を高めるには、置く場所も重要です。まず、窓の近くに置かないという事。窓の近くは温度の低い場所なので、結露がひどくなりカビの原因となってしまいます。そして、なるべく床から50センチ~1メートルほどの高さに置く事。冷えた空気は下側に集まりやすいのですが、その中では水蒸気が溶けにくく床に結露を生じさせてしまうため、空気中に広がらないのです。

サーキュレーターで空気を循環させる

加湿された水蒸気は空気中の物質よりも重いため、部屋の下の方にたまりがちになります。サーキュレーターや小さめの扇風機などを利用して空気を循環させることによって、部屋全体の湿度を保つことが可能になります。サーキュレーターを上向きにセットして、下にたまっている水蒸気を上にあげる事ができるようにするとよいでしょう。

おわりに

いかがでしたか?今回は赤ちゃんのための加湿器の選び方と使い方についてご案内いたしました。寒い冬はどうしても体調を崩しやすいものです。お部屋の中は赤ちゃんにとって快適な環境を整えて、病気や不快な症状を引き起こすリスクを少しでも減らしてあげたいですね。

ピックアップ

赤ちゃんが中々泣き止まない!考えられる原因と効果的な対処法
昨日までは抱っこしてあげるとピタっと泣き止んでいた赤ちゃん。それがある日突然、抱っこでも泣き止まない、となったらどこか具合が悪いのじゃないかと心配になりますよね。でもそれは、赤ちゃんが自分の欲求を泣いて表現できるようになったのだと考えられます。赤ちゃんをよく観察して泣いている原因とその対処法...
1歳未満の赤ちゃんがかかりやすい!百日咳の症状・原因・治療方法
「咳」というと、「あまり大したことのないもの」と思う人もいるかもしれません。しかし、重い病気である可能性もあるので、決して楽観視はできません。今回は、「百日咳」について取り上げます。 百日咳とは呼吸器に起こる感染症 百日咳(ひゃくにちせき)は、呼吸器に...

https://tamagoo.jp/ninkatsu/mumps-symptom-cause-preventive-hospitalization/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
冬の乾燥から赤ちゃんを守ってくれる加湿器の賢い選び方と使い方!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る