赤ちゃんの鼻づまりが心配!自宅でできる鼻水吸引3つの方法

良ければシェアをお願いします。

赤ちゃんの鼻水吸引

赤ちゃんの鼻水が詰まっていてかわいそう・・・というのは、保護者ならよく思うことなのではないでしょうか。今回は、自分で鼻をかむことも出来ない赤ちゃんの鼻づまりを解消する鼻水吸引の方法を紹介します。

スポンサーリンク

「口で吸い取る」は正解?不正解?

嫌がる赤ちゃん

「子どもの鼻が詰まっていたら、保護者が口で吸い取る」というやり方を聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。

これももちろん間違いではありません。ただ、普通に吸い取るのでは効率が悪いということで、現在は器具を使って吸い取る方法が推奨されています。

たとえば、丹平製薬の出している「ママ鼻水トッテ」などがそれです。

これはチューブ式になっています。子どもの鼻にノズルをあてて、保護者がもう片方の先端を加えて吸い取る、というものです。

このような器具はとても安価です。お店などにもよりますが、700円程度で買うことができるでしょう。もちろんドラックストアやインターネットで購入することができます。

持ち運びもできる大きさですし、手軽に使えるのがうれしいポイントです。

「自分の子どものものならば、鼻水を吸い取ることにも生理的嫌悪感は覚えない」という人の場合は、これを使うとよいでしょう。ただし、粘性のある鼻水の場合はなかなか吸い取れず苦戦するかもしれません。

合わせて読みたい

風邪?アレルギー?1歳の子がかかりやすい病気まとめ
乳児期の赤ちゃんはまだ体内に免疫を持っていないため、大人に比べ病気にかかりやすく、時には重症化するケースもあります。病気を防ぐためにも、乳児期にかかりやすい病気をチェックしておくことが大切です。そこで今回は、乳児期にかかりやすい病気についてまとめてみました。我が子の健康のために、ぜひご活用くださ...

比較的安価、手動吸い取ることができるタイプも

スポイト式の鼻水吸引器を使う赤ちゃん

「自分の子どもでも、鼻水をすするのはちょっと……」という人もいるでしょう。

また鼻水は、「保護者が口で吸いだしてもいい」とは言われてはいるものの、「体に有害なもの」がたくさん詰まっているものですから、直接口で吸い取ると保護者の方に風邪などがうつってしまう確率が高くなります。保護者が寝込んでしまっては、子どもの世話もなかなかできなくなりますよね。

そのため現在では、保護者が直接鼻水を口に入れないで済むような商品もたくさん開発されています。

「自分の口では吸い取りたくない。しかしあまりにも高価なものは買えない」という人におすすめなのが、手動で鼻水を吸い取ることのできる器具です。

これはいくつか種類がありますが、基本的には、スポイトのような形をしています。スッポイト部分を押しつぶし、ノズルを子どもの鼻に入れます。ノズルを入れたまま子手を離すと、圧力の関係で鼻水がしっかり吸い取ることができる、というものです。

子ども用に開発されている器具ですから、それほど痛みを感じずに吸い取ることができるように工夫されています。また、長さは商品によって違いますが、奥に詰まっている鼻水もしっかり吸引できるでしょう。

値段については、少し複雑な形状ですから、口で吸い取るものよりも少し値段があがります。ただそれでも1000円程度で購入できますから、家庭でも気軽に使うことができるでしょう。何度も使いまわせますから、1つ購入しておいてもよいものです。

電動のものはやはり処理が簡単

電動式鼻水吸引器を使う赤ちゃん

現在は電動式の鼻水吸引器もでています。これは非常に簡単に使えるものです。ノズルの先を赤ちゃんの鼻に入れて、ボタンを押すだけで簡単に鼻水を吸引することができます。

常に同じ力で鼻水を吸い取ることができますし、衛生的です。現在はデザインがしゃれたものもたくさん出ていますから、外に持っていくのも気にならないでしょう。また、処理するための時間も、数秒しかかかりません。

電動式ではありますが、もちろんコードレスです。コードが赤ちゃんの顔に当たる、ということもありませんし、安定した姿勢で吸い取ることができるのも魅力です。

ただ、やはり電動式のものは高価です。商品にもよりますが、6000円程度の出費は覚悟しなければなりません。

ちなみに電動式のもののなかには、吸引力が調整できるものもあります。大型ではありますが、どんな鼻水でもしっかりとキャッチできることなどが人気の理由です。「メルシーポット」の名前でSEASTARなどが販売を手掛けていますが、手入れも簡単で、効率よく鼻水を吸引することができます。

値段は高く、15000円を超えることもあります。ただ、使った人たちの感想として、「早く使っておけばよかった」というものがたくさん寄せられており、その値段分の価値は十分にあると言えるでしょう。

おすすめの電動式鼻水吸引器

電池を使った小型の吸引器。持ち運びにも適しているので、常にカバンに入れておくことができますね。スイッチ一つで簡単に利用ができるという点と、メンテナンスが水洗いで済むという点が、忙しいママにとっては嬉しいです。

耳鼻科の先生もおすすめしているメルシーポットは、吸引力がしっかりとしています。よく鼻水が出てしまい、喉の方にまで行ってしまうような子は、鼻づまりや咳といった問題の解決に一役買ってくれることでしょう

合わせて読みたい

鼻水が出たら要注意!1歳までになりやすい中耳炎の予防は?
中耳炎は、3歳までの乳幼児の70%がかかると言われていて何度もかかる子もめずらしくありません。ですが、赤ちゃんがかかりやすい病気とはいえ、耳が痛いのは可哀想ですし、パパママもお世話や通院が大変です。できる限り予防をしたり、軽い症状のうちに治したりしたいですよね。 そのためには普段の生活の中でか...

保育園に行く前に買っておきたい!

ショッピングカードに乗る赤ちゃん

子どもは免疫力が弱いものです。そのため、すぐに風邪をひいてしまいます。保育園のように大勢の子どもが集まるところなどは特にリスクが高いと言えるでしょう。そのため、保育園に行く前に鼻水吸引器を買っておきたいものです。

現在販売されている吸引機は、どれも「手入れのしやすさ」に焦点をあてて開発されています。また、自分たちのライフスタイルや財布の状況に応じて選び分けることもできるようになっています。

自分たちにマッチする鼻水吸引器を探してみてください。

おわりに

子どもが鼻をぐすぐすさせているのは、親としてはつらいものですよね。鼻水を吸い出してあげたい!と考えるのが親心でしょう。昔のやり方のように口で鼻を吸い出すのもよいのですが、保護者の健康を考えると、やはり器具を使った方がいいかもしれません。

クチコミサイトも参考にしてしっかりと鼻水がとれるものを選びましょう!

ピックアップ

赤ちゃんの五感を刺激するベビーマッサージの効果とは
初めての赤ちゃんと、たくさんスキンシップを取りたいと思う人は多いでしょう。ただ、繊細な赤ちゃんとどのように接するのが正解であるのか、わからないという人も多いと思います。赤ちゃんとは言葉でのコミュニケーションが図れないからこそ、体で触れ合うことが最も大切になります。今回は、赤ちゃんの五感を刺激する...
おたふく風邪の症状・診断基準・原因・治療・予防・入院の必要性
成人男性がおたふく風邪や高熱になると赤ちゃんができなくなるといわれることがあります。大人になったにもかかわらず、まだおたふく風邪にかかっていないし、予防接種も受けていない…こんな人は不安になってしまいますよね。そこで成人男性が「おたふく風邪」になったら男性不妊になるのは本当なのかどうか調べてみま...

https://tamagoo.jp/childcare/symptom-of-baby-pertussis/

たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
赤ちゃんの鼻づまりが心配!自宅でできる鼻水吸引3つの方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る