早産

早産

用語早産 読み方そうざん 早産とは、妊娠22週~37週未満に出産することを指します。妊娠高血圧症候群や子宮頸管無力症、高齢出産などが早産を引き起こす原因とされていて、早い段階で産まれるほど呼吸器障害などが残るリスクも高まってしまいます。お腹の張りや痛み、出血や破水といった...

うつ状態

うつ状態

用語うつ状態 読み方うつじょうたい うつ状態とは、気持ちが沈んでやる気が起きなかったり、物事に対しての意欲が失せてしまったりする状態のことを指します。食欲が湧かない、眠れないなどの症状を伴うこともあり、日常生活に支障をきたす場合もあります。うつ病との違いは明確にできるもの...

エストロゲン

エストロゲン

用語エストロゲン 読み方えすとろげん エストロゲンとは、妊娠しやすいように子宮内膜を厚くしたり、卵胞の成熟をサポートしたりなどの女性らしい身体作りに大きく関わる女性ホルモンです。月経が終わる頃に分泌量が増していき、排卵間近になるとピークを迎えます。妊娠すると出産まで増え続...

染色体

染色体

用語染色体 読み方せんしょくたい 染色体とは、遺伝情報の発現・伝達を受け持つ生体物質を指します。人間の細胞の核には23組46本の染色体が存在します。その中の1組2本の染色体を「性染色体」と呼び、男性もしくは女性になるか決まります。男性はXY、女性をXXと表記します。また、...

生殖機能

生殖機能

用語生殖機能 読み方せいしょくきのう 生殖機能とは、子孫を残すために必要な機能を指します。生殖機能の成長に関わる性ホルモンは、間脳にある視床下部や生殖器などから分泌されます。女性の場合、生殖能力がピークを迎えるのは20代後半で、それから少しずつ低下し、閉経を迎えると生理が...

黄体ホルモン(プロゲステロン)

黄体ホルモン(プロゲステロン)

用語黄体ホルモン(プロゲステロン) 読み方おうたいほるもん(ぷろげすてろん) 黄体ホルモンとは、排卵した時に卵巣に残された卵胞が黄体化することで分泌される、女性ホルモンの一つです。受精しやすいように身体の環境を整える働きがあり、基礎体温を上昇させたり、子宮内膜を厚く維持し...

カロテノイド

カロテノイド

用語カロテノイド 読み方かろてのいど カロテノイドとは、黄色・橙色・赤色など動植物が体内に持つ色素の総称です。体内に発生した活性酸素を取り除く抗酸化作用や光保護作用の働きを持ち、近年ではガン・心臓病の予防にも効果があるとされています。肝臓・乳房・前立腺・皮膚などに点在して...

生理周期

生理周期

用語生理周期 読み方せいりしゅうき 生理周期とは、生理がきた日から次の生理がくる前日までを指します。生理周期を把握することは自分の体を知る大事な指標となります。この周期は25~38日を正常とし、24日以内と周期が短いものを「頻発月経」、39日以上日が空くものを「稀初月経」...

ベビ待ち

ベビ待ち

用語ベビ待ち 読み方べびまち ベビ待ちとは、英語の「baby(ベビー)」と日本語の動詞「待つ」を組み合わせた造語で、出産を希望する女性が妊娠することを待っている状況のことを指します。一般的には出産に向けた子作りをしている最中であること、また不妊治療を行っている人たちのこと...

妊活

妊活

用語妊活 読み方にんかつ 妊娠に関する正しい知識を身に付けたり、自分の体の状況を知ったりすること、そして妊娠しやすくするためにライフスタイルを見直す活動を指します。妊娠を希望する女性はもちろん、現在は希望しないものの将来妊娠を考える女性や、パートナーである男性も対象となり...

鉄分

鉄分

用語鉄分 読み方てつぶん 鉄分とは、主に赤血球を生成するために必要な栄養素です。体の中にある鉄の7割が血液内の赤血球を作るヘモグロビンの成分で、残りの3割は肝臓などに保管してあります。 とくに女性は生理の時に出血したり、妊娠して赤ちゃんに栄養素を与えたりするため、男性よ...

不妊治療

不妊治療

用語不妊治療 読み方ふにんちりょう 不妊症と診断された夫婦(あるいはどちらか)に対し、投薬や、高度生殖医療を利用することで、不妊の原因を取り除く治療のことを指します。多くは、治療を行いつつ、妊娠しやすいような体づくりも行います。厚生労働省によると、不妊治療を受ける夫婦の数...

カルシウム

カルシウム

用語カルシウム 読み方かるしうむ カルシウムとは、骨や歯を作る栄養素です。体の中にあるカルシウムの99%は骨と歯に使われ、残りの1%は血液や筋肉といった組織にあります。牛乳・小魚・大豆などに多く含まれており、コップ一杯の牛乳にはおよそ220mgのカルシウムが含まれています...

必須アミノ酸

必須アミノ酸

用語必須アミノ酸 読み方ひっすあみのさん 必須アミノ酸とは、体の中で合成できないトリプトファン・メチオニン・リシン・フェニルアラニン・トレオニン・ロイシン・バリン・イソロイシン・ヒスチジンの9種類のアミノ酸を指します。 ヒスチジンは体内でも多少作られることから、他の準必...

ミネラル

ミネラル

用語ミネラル 読み方みねらる ミネラルとは、たんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミンと並ぶ五大栄養素の一つです。この栄養素には体の組織を作ったり、体の調子を整えたりする作用があります。体内で作ることはできないので、食物から摂取する必要があります。ナトリウム・マグネシウム・カリ...

カロテン

カロテン

用語カロテン 読み方かろてん カロテンとは、カロテノイドの中で炭素と水素からなる化合物の総称を指し、抗がん作用のあるα-カロテンと、強力な抗酸化力をもつβ-カロテンの2種類に分類されます。カロテンはにんじん(carrot)のオレンジ色のもとで、語源にもなっています。その他...

受動喫煙

受動喫煙

用語受動喫煙 読み方じゅどうきつえん 受動喫煙とは、他者の喫煙によって発生した煙を吸うことを指します。間接喫煙・セカンドハンドスモークとも呼びます。受動喫煙によって妊婦さんの体の中に入り込む有害物質の量ですが、自身で喫煙したケースと比較して、一酸化炭素で約3分の1、ニコチ...

酵素

酵素

用語酵素 読み方こうそ 酵素とは、生体で起こる化学反応に対し、触媒として働く分子を指します。この分子は生物が物質を消化する段階から吸収・分布・代謝・排泄まで全体のプロセスに携わり、生体が物質を変化させて使うのに欠かせません。また、酵素は大きく分けて消化酵素・代謝酵素・食物...

人工授精

人工授精

用語人工授精 読み方じんこうじゅせい 人工授精とは、女性の子宮の中に人為的に精子を注入して授精させる生殖医療技術を指します。また、配偶者が提供した精子を用いることを「配偶者間人工授精」、第三者から提供された精子を用いることを「非配偶者間人工授精」と呼びます。男性の精子に問...

知的障害

知的障害

用語知的障害 読み方ちてきしょうがい 知的障害とは、読み書き・計算など日常生活で頭脳を使うことに支障があることを指します。知的障害のおよそ80%は原因がはっきりしていません。残りの20%は、染色体異常といった生まれつきの知的障害、出産時の酸素不足、生後の高熱などが原因とな...

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る