産後のケアを専門とした施設!日本にもあった産後治療院!費用は?ケアの内容は?

良ければシェアをお願いします。

マッサージ

小雪さんが第一子を出産した際に、韓国で利用した事で話題になった「産後調理院」。実は今は日本でもその考えが普及し「産後ケア医院」「産後治療院」「産後ケアセンター」「産褥院」(※以降、産後治療院と統一して表記します)などと呼ばれて徐々に人気を呼んでいます。そもそもどんなケアが行われているのか、その費用などを紹介します。

スポンサーリンク

産後のケアが大切?産後治療院ってなに?

まず、初産婦さんは特に「産後ケア」という言葉が聞き慣れないと思います。産後は赤ちゃんが優先、手いっぱいになってママは眠れない日々が続く・・・という話はよく聞きますし、当たり前の事だと思いがちです。でも、産後ママだからこそ気をつけないといけない事が沢山あります。

産後ママにケアが必要な理由とは?

、大仕事を終えたママの身体は、想像を絶するほど骨盤がガタガタになり、子宮まわりの筋肉は伸びきり、ホルモンの影響で精神バランスも崩れています。本来は1カ月は横になって身体を温めなければなりません。日々の授乳だけでも大変なストレスがかかり、体力を戻すのは本当に大変。回復が遅れるとその後の生活もうまく循環しなくなってしまいます。

産後治療院ってどんな場所なの?

そんな産後ママの為に、なるべくストレスを取り除きながら育児を行うサポートをしてくれる施設です。主に食事や掃除などママの身の回りのお世話と、ベテランのスタッフによる育児指導を受けられます。第二子や第三子を出産するママや、両親が高齢であったり遠方からサポートに来て貰えない事情があるママにもニーズがあります。

韓国では一般的に利用されています

韓国では、出産後のママは1カ月は身体を休め、温めなければならないという考えが根付いています。それがその後の家庭が順調に繁栄する秘訣とされているのだとか。出産する病院と産後整理院が一緒になっているケースもあり、ごく普通に利用されています。集合ケアのような庶民的な形態から、ゴージャスホテルのような施設まで様々あるそうです。

合わせて読みたい

里帰り出産の病院選びはどうしたらよい?予約はいつ頃?旦那さんに頼むことは?
里帰り出産をする場合には、現在かかっている病院ではなく、実家の近くの病院で出産をすることになります。里帰り出産の場合、里帰り先の病院の選び方や分娩の予約の仕方などわからない事がたくさんありますよね。どんな順番で決めればいいのか、どんな点に注意が必要なのか、病院の選び方や分娩の予約の仕方など解...

産後治療院のケア内容、その実態とは?

産婦人科を退院してそのまま入院する産後治療院。実際に日本で産後治療院経験者はごくわずかですが、既に「本当に入ってよかった」という声が沢山あがっています。どんなケアをしてもらえるのか、大きく3つに分けてご紹介します。

ケア内容(1)ママの身の回りの世話

自宅ではなかなか難しい、母乳の出が良くなる栄養バランスしっかりした食事が3食、おやつも出てきます。また、毎日のお掃除や洗濯も全てお任せできます。ママは赤ちゃんの授乳と触れ合い、そして身体を休めることに専念すればOK。ごみの処理もお任せで、まるでホテルのよう。これは自分の母親に手伝ってもらう以上のきめ細やかなサービスかもしれません。

ケア内容(2)育児のサポート&レッスン

育児のプロに、授乳の仕方・沐浴のし方・母乳マッサージ・乳腺炎予防ケアの指導をしてもらえる上に、困った時はすぐに相談することが出来ます。もちろん、排便のチェックやミルクの飲み具合、発育度合いを見て貰えるなど赤ちゃんのケアもお任せできます。いつでも相談できるプロがいるというだけで、ママは本当に気持ちが楽になれるはずです。

ケア内容(3)ママのリラクゼーション&その他

産後のママは育児の疲れから、肉体的にも精神的にとっても不安定です。エステや骨盤マッサージ、赤ちゃんを抱っこすることで張りやすくなる肩や腕のマッサージ、むくみを和らげるフットマッサージなど、施設によって多岐にわたるリラクゼーションサービスがあります。パパの為の沐浴指導など、ママだけでなくパパへのサポートもしている施設もあります。

合わせて読みたい

欧米では帝王切開が大人気!世界の帝王切開事情!
日本では、多くの方が自然分娩での出産を望んでいますが、事情があり帝王切開になる女性がたくさんいます。ところが、世界各国では相反して帝王切開がブームになりつつあるとか・・・さて、これは事実なのでしょうか。実は欧米での帝王切開率はかなり高いとされています。今回は世界で行われている帝王切開事情をご...

費用は?日本だとどこにあるの?

ここまでの情報を見る限り、あまりに充実&贅沢なサービスなので、かなりのお値段なのでは…?と思ってしまいます。確かに、自治体からの補助も無く全額実費となる為、やはり高額であることは間違いありません。実際、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

高額だと聞くけれど・・・ずばり費用は?

日帰りプランと宿泊プランがあり、1泊3万以上~その倍以上もする施設もあるようです。2週間ゆったり滞在すると恐らく50万円以上はかかり、しかも国からの補助はなく全額実費となる為、利用したくてもなかなか難しいという現実があります。どうしても疲れた、精神的に辛いという時に1~2泊だけ、というように利用するのが良いかもしれませんね。

日本にはどのくらい施設があるの?

日本ではまだまだ一般的に普及しておらず、探すのに苦労するかもしれません。まずはお住まいの自治体に問い合わせてみるのが早いでしょう。インターネットで検索するなら「●●市 産後治療院」「●●区 産後ケアセンター」等で検索をかけて調べてみましょう。関東では都内で15前後、神奈川県で5つ程の施設があるようです(2016年10月現在)。

予約するにはどうしたらいいの?手順は?

まずは興味のある施設に下見に行き、申込手順や費用などの情報を確認します。入院するには必ず事前予約が必要となり、予約金が発生する施設もあります。出産したらその施設に連絡を入れて、産婦人科を退院してそのまま直行という場合が多いです。産後数カ月が経ってから入院するという場合も同様の手続きが必要となります。

おわりに

ただでさえ精神的に不安定な時に、無理をして更なるストレスを抱えることはママにとっても家族にとっても良いことではありません。特にご両親のサポートが得られなかったり、双子を出産したりする予定の方は積極的に利用してみましょう。

ピックアップ

普通の病院と何が違う?豪華絢爛、三大セレブ病院の実態!気になる食事、部屋、費用は?
出産費用は病院や地域によってまちまちですが、最も出産費用の平均が高い地域が東京です。 その東京の中でも出産費用が高額な病院が、芸能人や著名人が多く利用する「三大セレブ病院」と呼ばれる、愛育病院、聖路加国際病院、山王病院、の三カ所。豪華絢爛(けんらん)なセレブ病院は普通の病院と何が違うのでしょう...
費用はどのぐらい?出生前診断のメリット・デメリット
赤ちゃんがお腹に居る時から染色体異常を調べる出生前診断、ママの身体や費用面でも負担が大きい検査です。しかし、晩婚化や高齢出産などさまざまな事情によって出生前診断を受ける人が増えつつあります。 ここでは、出生前診断の検査の種類とそれぞれの費用、考えられるメリットとデメリットについてご紹介します。...
分娩台の出産はイヤ!自分で決める出産スタイル!自然分娩、誘発分娩、無痛分娩
出産は、女性のとっての一大事。我が子をこの世に生み出す大切な大イベントです。「分娩台の出産はイヤ!」「自分で出産スタイルを決めたい!」という方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、自然分娩、誘発分娩、無痛分娩の三種類の分娩にスポットを当てて、各々の分娩形式の持つメリットやデメリットについ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
産後のケアを専門とした施設!日本にもあった産後治療院!費用は?ケアの内容は?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る