産後にママが風邪ひいた!家事と育児、どうやって乗り切る?

産後の風邪
ママが風邪をひいてしまった時、あなたの家ならどうしますか?男女同権とか、男女平等などと叫ばれている現代ですが、やはり家事や育児をメインで担当しているのは、ママというケースがほとんど。ママがダウンした時、家事や育児をパパに頼んだり、近くに住む両親や義両親に頼んだりなどして乗り切るしかありませんよね。頼る先がどこであるかは家庭の事情によってさまざまだと思いますが、皆はママがダウンした時の家事や育児をどのようにして乗り切っているのでしょうか。

ママがダウンした時、皆どんな風に乗り越えているの?

パパのサポート
産後のママは、出産という大きな仕事を終えて体に大きな疲労やダメージのある状態。そこに、育児の忙しさや家事をこなさなければいけない責任などが加わり、疲れから免疫が低下して風邪をひいてしますこともあるでしょう。ママが体調を崩してダウンしてしまった時は、パートナーであるパパにとってもピンチ。そんな時、皆はどのように乗り切っているのでしょうか。

パパが全力でサポート

両親や義理の両親が遠くに住んでいて頼ることができないという場合、パパしか頼みの綱がありません。中にはパパが有給で休みをとったり早退したりする人も。また、残業しないで早く帰ってくるようにしたり、帰りにすぐに食べられるお弁当やフルーツを買って帰ってきたりなど、寝込んでいるママを全力で支えている人は多いようです。夫婦だからこそ、お互いがつらい時には支え合うというのが理想ですよね。

祖父母に頼む人も

近くに両親や義理の両親が住んでいる場合、子どもを預けてお世話をお願いする人も多くいます。パパに頼むよりも実母に頼む方が気を遣わなくて済むという人も。義理の両親と良好な関係を築くことができている人では、こういった時に義理の両親に連絡をして子どもを迎えに来てもらうなど、実の娘のように甘えてしまうことで心も体も楽になるようです。ただ、子どもが小さい場合、ママじゃないと泣いてしまうという問題があることは否めません。こういった時のために、普段からおじいちゃん、おばあちゃんと頻繁に交流をはかっておくことは必要なことかもしれません。

合わせて読みたい

旦那はいらないかも?!家事、子育て・・・やるのは全部私!
旦那はいらないかも?!家事、子育て・・・やるのは全部私!
妻が抱える夫の悩みで多いのが、「夫が家で何もしてくれない」というものではないでしょうか?ひと昔前はそういった家庭も多かったものですが、今...

パパができるサポートとは

ママの看病
ママが風邪をひいた時、最も頼りになるのが身近にいるパパです。両親が同居していても、近くに両親が住んでいても、やはり親に頼むのは気がひけるもの。だからこそ、パパが頑張ってサポートをすることが大切です。そこで、ダウンしてしまったママのためにパパが気遣ってあげたいことを挙げていきましょう

そばで妻のサポーターに徹する

風邪などでダウンした場合は思うように体が動かせず、自力で病院に行けなくなるほど症状が重くなることもあります。そんな時、パパが家にいてくれるだけで安心し、子どもの世話や家事などを心配しなくても良くなるので、ママの心労が減ってゆっくり休むことができます。
仕事の都合上どうしても行かなければならない場合は仕方ないですが、断っても差し支えがないものであれば、飲み会や同僚、友人とのお出掛けの約束はできるだけキャンセルしましょう。また、有休をとることや早退が可能であれば、早めに家に帰ってサポートしてあげてください。子どものお世話や家事など、妻に心配をかけさせないようにすることも大切です。

積極的に家事をすること

洗濯や掃除などの家事は積極的にやりましょう。やり方がわからないというパパも多いと思いますが家の中の片付けや掃除機かけ、洗濯機を回すことなど最低限のことは手伝ってあげてください。ママの病み上がりにたくさんの洗い物が残っていたり、家じゅうが散らかっていたりすることのないように気を遣ってあげることは大切なことです。やり方がわからないと、ママに「これはどうするの?」としつこく聞いてしまいがちですが、具合が悪い時にそんなことを聞かれたら、はっきり言って迷惑です。こういった時に備えて、普段から家事をするように心掛け、慣れておくようにするといいでしょう。

食事はママのリクエストに耳を傾けて

ママがダウンしてしまうと心配なのが食事のこと。1人暮らし経験のある男性では自炊できる人がいるものの、料理のできない男性も多く「今日のご飯どうするの?」など、病気のママに向かって無神経なことを聞いてしまいがちです。また、心配をかけまいと自分だけ「外でご飯を済ませてくる」なんて言って出ていくのもNG。自分のことばかり心配しているような行動や発言に、ママはがっかりしてしまいます。こういう時こそママの食べたいもののリクエストに耳を傾け、自分のことは二の次にすることが鉄則です。子どもの食事は、1日や2日であればレトルトの離乳食などでも大丈夫なので、ママに食事の心配をさせないように気遣ってあげましょう。

おわりに

風邪でダウンしてしまったママの多くは「ごめんね」と言います。これは、家事や育児を十分にできないことから生まれる申し訳なさからであり、責任を感じている証拠です。しかし、そもそも、女性が家事や育児のほとんどを背負わなければいけないという決まりはなく、こんな時こそ男性が当たり前のようにこれらを引き受けることが大切です。ママに気を遣わせないよう、笑顔でサポートして、体調の回復を見守ってあげてくださいね。

ピックアップ

「俺の方が稼いでる」はNG!の分担家事に、夫婦の収入差は関係ない!
「俺の方が稼いでる」はNG!の分担家事に、夫婦の収入差は関係ない!
共働きの家庭が増えている今、「家事分担」に関する意見でぶつかる夫婦は多いものです。「どうして私ばかり家事をしなければならないの?」と不満...
【家事のしすぎ】手を抜く&工夫できること三つの方法
【家事のしすぎ】手を抜く&工夫できること三つの方法
家事を頑張りすぎていませんか?日本人女性、中でも子持ちのママたちは家事に対して責任感が高すぎるという説があります。自分は完璧主義ではない...
脱:ワンオペ育児!夫婦ツーオペ育児で家事と育児を乗り切る!
脱:ワンオペ育児!夫婦ツーオペ育児で家事と育児を乗り切る!
子どもが生まれるとそうじ、洗濯、買い出しとやらなくてはいけないことが増えて大変!家事や育児でやるべきことが増えるだけでなく、子どもの世話...
30台後半、中学生と小学生の子育て中です。 平日はライター業、週末はウェディングMCとして、実質週7フル稼働中。 「言葉よりも姿勢を見せる」をモットーに、母親の一生懸命さから何かを学んでくれればなぁと期待していますが、なかなかうまくいかないものですね。そんな時は、コストコ、イケアでのショッピングと、たまのエステでストレス発散! しています。笑

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
産後にママが風邪ひいた!家事と育児、どうやって乗り切る?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

アンケートにご協力くださいm(__)m

今まで経験された出産方法を教えてください。[複数回答]

アンケート結果

Loading ... Loading ...

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る