里帰り出産の帰省はいつがよい?病院の検診や引き継ぎ方法は?

良ければシェアをお願いします。

両親

出産は本当に大仕事。ママの身体も思うように動かない中、出産後すぐに赤ちゃんと家事をこなすのは現実的にとても過酷であることから、初産婦さんも経産婦さんも、里帰り出産を希望されるママさんが多いようです。でも、帰省するタイミングや病院の検診のスケジュールはどう立てればいいのか、初めての時はとても不安ですよね。そんなママの疑問を解消します!

スポンサーリンク

帰省のタイミングは状況により見極めよう

一般的には、里帰りするタイミングは30週~35週の間です。その間にママやご家族の状況をふまえて皆で相談して決めるようにしましょう。ここで特に重要なのは「移動距離」と「上の子がいるかどうか」となります。具体的にあなたの状況をイメージして考えてみましょう。

里帰り先が【遠方】の場合は33週までに

妊娠後期の大きなお腹を抱えたママの身体にとって、新幹線・車・飛行機どの交通機関であっても、長時間の移動は想像以上にハードになります。只でさえ何が起こるか分からない出産ですので、大事をとって早めに長距離移動を済ませておく方が安心です。気軽に自宅と実家を行き来できない為、遠方の里帰り出産はから2、3カ月程前に行うママが多いようです。

里帰り先が【近い】場合は35週までに

里帰り先が同じ県内・市内など1、2時間以内で済むのであれば、ある程度直前まで自宅で粘っても問題ありません。ママ本人だけでなく、母親や旦那さんも気軽に行き来できる点も便利ですよね。この場合は、ママや家族の気持ちを考慮して皆がストレス無く過ごせることを優先して帰省するタイミングを図りましょう。家族皆で話すことが重要です!

その他様々な状況により判断しましょう

自宅と里帰り先の距離感と共に、以下のようなケースはその都度考える必要があります。

上の子がいる場合

幼稚園・保育園に通っている場合はパパひとりでは対応できないことが多く、子どもも一緒に里帰りすることになります。実家で上の子の面倒をみてもらえる状況かを考慮しましょう

仕事の都合がある場合

有給を消化して前倒しで産休に入る場合は職場の上司に相談しておきましょう。ママが里帰りすることは、上の子やパパの生活スタイルが数ヶ月かわることになります。まずは家族で相談することが大切ですね。

合わせて読みたい

里帰り出産の病院選びはどうしたらよい?予約はいつ頃?旦那さんに頼むことは?
里帰り出産をする場合には、現在かかっている病院ではなく、実家の近くの病院で出産をすることになります。里帰り出産の場合、里帰り先の病院の選び方や分娩の予約の仕方などわからない事がたくさんありますよね。どんな順番で決めればいいのか、どんな点に注意が必要なのか、病院の選び方や分娩の予約の仕方など解...

病院の検診や引き継ぎはどうやるの?

遠く離れた2つの病院とやりとりする必要があるので、どのような流れで進めれば良いのか分からず不安ですよね。基本的には、里帰り先の指示に従って必要なものを揃えれば問題ないですが、事前にしっかり流れをチェックしておきましょう。

一般的な流れ<病院探し~分娩予約まで>

里帰り出産の場合、一般的には以下のような流れになります。

  1. 里帰り出産することを決めたら、出産する病院を決める
  2. 20週までを目安に、出産する病院へ分娩予約を入れる

※人気の病院はベッドが埋まってしまう可能性があるので、早いに越したことはありません。また、健診をその病院で受けないと分娩を受け付けてくれない場合もあるので事前に病院へ電話して確認しておきましょう。予約金も必要ですので、合わせてチェックして下さい

一般的な流れ<分娩予約後~出産まで>

  1. 分娩予約を済ませたら、その時点で以下を確認する
    • いつまでに里帰りをしておくべきか
    • 前の病院から貰っておく必要があるものは何か(「紹介状」と言われるはずです)
    • その他準備するものは何か
  2. 里帰り出産をする直前までに、それまでの病院から紹介状と必要な書類などを貰っておく

※こちらは病院側も準備を必要としますので、なるべく早めに伝えておきましょう

不安になったら、病院側の指示に従うこと!

一般的な流れは前述した通りですが、病院ごとに必要書類や、またそれが必要なタイミングは異なる場合があります。基本的には里帰り先の病院に指示を仰いで、必要なものを然るべきタイミングまでに今の病院で揃えてもらうということを念頭に置いておいてください。里帰り先で「忘れていた!」ということがないように、しっかりチェックしましょう。

合わせて読みたい

欧米では帝王切開が大人気!世界の帝王切開事情!
日本では、多くの方が自然分娩での出産を望んでいますが、事情があり帝王切開になる女性がたくさんいます。ところが、世界各国では相反して帝王切開がブームになりつつあるとか・・・さて、これは事実なのでしょうか。実は欧米での帝王切開率はかなり高いとされています。今回は世界で行われている帝王切開事情をご...

里帰り出産の準備で注意すべき3つのこと

不自由な体で移動をし、病院間も引き継ぎを行うわけですから、里帰りはいつもより慎重に、リスクを最小限に考える必要があります。注意すべき点を3つまとめましたので、当てはまるところが無いか考えてみましょう。

リスク管理はしっかりと!早めの行動が大切

多胎妊娠早産傾向のある場合、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症などの合併症がある場合、ママの身体に婦人科系疾患がある場合、その他帝王切開の可能性がある場合など、少しでもリスクがある場合は医師の指示に従って早めに帰省するなど判断する必要があります。何よりも母体と赤ちゃんの安全に健康が第一ですので、家族の協力を仰ぎましょう。

飛行機で帰省する場合は要注意!

ANAやJALの国内線を利用する場合、通常通り搭乗出来るのは妊娠35週までとなります。その他の航空会社を利用する場合、独自の規定が敷かれていますので、事前に下調べをしておきましょう。また、上の子と一緒に帰省する場合も、年齢によりシートの制限がある場合がありますのでチケットを取る前に確認をしておいたほうがよいでしょう。

パートナーの「父親としての自覚」の話

男性は実際に自分が身ごもるわけではなく、また出産にも立ち会えない場合、なかなか父親としての自覚が芽生えにくいものです。そのために長期間妻と離れたり、子どものいる生活と遠くなると愛情が希薄になってしまうなど、家族間ですれ違いが起きてしまうケースが考えられます。自分のパートナーがどんな性格なのかも踏まえて、パートナーとしっかり話し合い、今後のことを決めることが重要です。

おわりに

マタニティライフ、特に出産間近ともなると、わくわく、どきどきして、それだけで気持ちが一杯になってしまいしまうものです。その点、里帰り出産であれば、実母や親戚、古くからの友人が近くにいるので安心できるはずです。最も大切なのは母子共に無事に出産を終えること。いざという時に困ることが無いように早め早めの準備をするように心がけましょう。

ピックアップ

帝王切開で高額療養費制度の還付金が戻ってくるのはなぜ?
帝王切開時にかかる費用が気になるプレママさんも多いはず。自然分娩よりも高額な費用がかかるのは事実です。でも、そんなママさんたちにも嬉しいポイントがあります。それは、保険制度を使った高額療養費での還付金制度です。今回は、帝王出産をしたらどれぐらいの還付金があるのか?その手続きは?とママさんたち...
安産、難産、その境目ってどこ?時間?痛さ?関係するの?
安産と難産の違いはどこ?大変なお産だったはずなのに周りからは「安産でよかったね」と言われたなど、その境目は決まっているのでしょうか?痛みに強い弱いに限らず感じ方は人それぞれです。 出産するならだれもが安産で産みたいですよね。安産と難産の人に特徴はあるの?時間が関係するのか、痛さが関係するのか、...
その日は突然やってくる!破水から出産までお産の流れを確認
破水は陣痛と同様にお産が始まる重要なサインです。破水が起こってすぐに出産が始まる場合もありますが、そうでなく時間がかかる人もいます。 お産のおしるしがきたらどのように対処したらいいのか、何をしないといけないのか、安心してお産が迎えられるように、初産と経産婦の違いと、破水から陣痛、出産までの流れ...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
里帰り出産の帰省はいつがよい?病院の検診や引き継ぎ方法は?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る