入院中のマタニティパジャマは何着必要?授乳口?セットアップ?長さは?

良ければシェアをお願いします。

マタニティパジャマ
病院からもらった入院リストの中に書いてあったマタニティパジャマ。マタニティパジャマってそもそもどういうものでなぜ必要なの?授乳口って必要なの?どんなものを選べばいいの?と、とまどっている方もいらっしゃるかもしれません。今回はそんな悩めるママのために、マタニティパジャマの利点や選び方などについていろいろと調べてみました。

スポンサーリンク

そもそもマタニティパジャマって何?

出産予定の病院から入院時の持ち物として、マタニティパジャマを指定されている事が多いです。そもそもマタニティパジャマとはどういうものをさすのでしょうか。普通のパジャマとはどう違うのか、どんな工夫がされているパジャマなのかについて順番にみていきましょう。

普通のパジャマとの違い!授乳口付きで体が冷えない

マタニティパジャマは普通のパジャマとどう違うのでしょうか。まず決定的に違うところは、胸元に授乳口がついているという事です。授乳口のおかげで、これからしばらく続くであろう夜中の授乳の際もおっぱいだけを出して赤ちゃんに授乳をする事ができるので、肩口やおなかなどおっぱい以外の部分の体が冷えないという利点があります。

ゆったりサイズなので着心地が良い

妊娠で大きくなったバストやおなか周りがゆったりと設計されているパジャマなので、何といっても着心地の良さが違います。またウエストサイズを変えることができますので、体が大きくなり始める妊娠中期から出産直後の入院中、出産後しばらく、と体の変化に応じてご自身の最適なサイズに調節をして長く着つづけられるという利点があります。

ママのための工夫がつまったパジャマ

他にも、大きなポケットがついていて産褥パッドやタオル、ティッシュ、ガーゼなどちょっとしたものを持ち歩きやすいという点もあります。さらに、ネグリジェのように長さがあるので入院中に何度もある診察の際に便利であるという点、汗を吸いやすく乾きやすいさらさらとした生地が多い事もマタニティパジャマのよさとしてあげられます。

合わせて読みたい

時期別で便利!妊娠したら必要な9つのもの
初めての妊娠、ドキドキしながら赤ちゃんの誕生を待っている人が多いことでしょう。赤ちゃんの胎嚢や心拍が確認できたら一安心、この頃からマタニティウエアやグッズの準備を始めます。 しかし、最初に必要と思われるものをすべて購入してしまうと、余分な買い物をしてしまったり、置き場に困ったりしてしまうことも...

マタニティパジャマはどうやって選ぶ?

出産前、入院中、出産後と長く着用ができるマタニティパジャマ。たくさんあってどんなパジャマを選んだらいいのかわからない!という方も多くいらっしゃいますよね。実際にどういう点に気をつけて選べばよいのか、どういうマタニティパジャマが便利なのかという点についてみていきましょう。

妊娠中期の余裕のある時にゆっくりと選ぶ

マタニティパジャマはいつ購入するのがよいのでしょうか。ゆったりと着ることができて普通のパジャマよりも着心地がいいので、おなかが目立ち始める妊娠中期から着用を始めると楽です。出産間際になってあわてて購入するよりも、まだおなかが大きくなりすぎずに動きやすい妊娠中期の間にじっくりと選んでおけば、機能がいまいち、デザインが好みではないなどの失敗がなく長く着ることができます。

インターネットで多くの種類から選ぶ

インターネットで商品を購入した事のある方は多くいらっしゃると思いますが、マタニティパジャマもやはり多くの種類が売られています。サイズや、機能など欲しい情報はお店側で詳しく載せてくれていますし、さらには実際に購入した方のレビューは最も参考になります。実際に目で見て買うものもちろんよいのですが、時間がない方や多くの種類からじっくりと選びたい方はインターネットでの購入も選択肢の一つとしておすすめです。

長い丈にパンツ付きのセットアップが便利

入院中、診察や手当のたびにズボンを脱いだり履いたりする事は想像以上に大変なので、マタニティパジャマは丈の長いワンピースタイプが便利です。しかし、出産前後に自宅でも着用する事を考えると、さらにパンツもついているセットアップがおすすめ。ワンピースタイプでズボンなしの場合、下半身や足元に冷えを感じてしまう、すかすかしてなんとなく落ち着かない、などという事が考えられるためです。

合わせて読みたい

出産前の入院準備!バッグに入れて準備しておきたい、便利な持ち物リスト
妊娠後期に入った妊婦さんであれば、まもなく会える赤ちゃんの顔を想像して、毎日が期待と不安で胸いっぱいではないでしょうか。本番の出産予定日に向け、少しずつ入院の準備をしておくことで、そわそわした気持ちを落ち着かせることができます。入院してから「用意しておけばよかった!」と後悔しないためにも、持ち物...

他にマタニティパジャマで気になる点は?

マタニティパジャマについていろいろと見てきましたが、結局入院中は何着用意すれば間に合うのか?素材はどんなものがいいのか?そもそもマタニティパジャマではなく他の商品で代用できるのか?などについてお話していきます。

結局マタニティパジャマは何着必要?

病院内は常に温度が暖かく保たれていますので、産後のママは意外と汗をかきやすいです。さらに、赤ちゃんがおっぱいを吐きもどしてパジャマが汚れてしまうという事も十分に考えられますので、最低でも3~4着あると便利でしょう。お見舞いに来てくれた方ともパジャマ姿で会うことになりますので、お気に入りのパジャマを多めに用意しておくと安心です。

どんな素材のパジャマがおすすめ?

ママが着用しているという事は、一番近くにいる赤ちゃんの肌にも触れるという事です。新生児の肌は敏感で弱いもの。ですから、やはり肌触りが柔らかくて優しい、綿100%の素材が一番マタニティパジャマに適しているといえます。デザインや見た目がお気に入りであることももちろん重要ですが、赤ちゃんのため、素材選びにも気をつけてあげてくださいね。

マタニティパジャマ以外で代用はできる?

例えば西松屋の授乳口付きTシャツとゆったりしたパンツや、無印やユニクロのワンピースなどで代用される方もいらっしゃるようです。しかし、出産時には何が起こるかわかりません。緊急で手術が必要になった場合などに備えて、病院から必ずマタニティパジャマを着てくださいと指定されている場合もあるようなので、一度確認をしてみてください。

おわりに

妊娠中から出産後まで長く便利に着ることのできるマタニティパジャマ。種類も機能も豊富で迷ってしまう事も多いと思います。ご自身が一番気に入る商品をゆっくりと選んで、気持ちよく過ごすことができるといいですね。

ピックアップ

肌の乾燥・冷えがつらい!妊婦さんの快適な冬の過ごし方
妊婦さんにとって冷えはよくないという事を聞いたことはありませんか?どうして妊婦さんにとって冷えはよくないのでしょうか?夏の暑い時の妊娠も大変ですが、冬の冷えは妊娠中にはとてもツライものです。 さらに冬は乾燥の季節でもあります。冷えと乾燥を防いで快適に妊婦生活を過ごしたいですよね。今回は冷え対策...
妊娠中に冷え性になりやすい3つの理由
冷え性は体質的に女性がなりやすい症状ですが、特に妊娠中に冷え性になる方が多いようです。体の冷えはお腹の赤ちゃんに良くない影響を与えてしまう恐れがあると言われていますが、なぜ妊娠中は冷え性になりやすいのでしょうか? 今回は、妊娠中に冷え性になりやすい3つの理由と、冷え性による影響や対策につい...
服装は?持ち物は?初めての妊婦健診(妊婦検診)で失敗しない2つのポイント
自宅でできる妊娠検査薬で陽性が出て、いざ妊娠検査へ行こう、というときに気になることが、一体どんなことをするのか、妊娠検査の内容や何を持っていけばいいのか、だと思います。初めての妊娠検査へ向かう前にしっかり準備をしておきましょう。 妊娠検査へ行く前にしておきたいことから、実際に検査ではどんなこと...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
入院中のマタニティパジャマは何着必要?授乳口?セットアップ?長さは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る