傷病手当金

良ければシェアをお願いします。

傷病手当金

用語傷病手当金

読み方しょうびょうてあてきん

「傷病手当金」とは、病気やけがで休業せざるを得なくなった場合に、本人や家族の生活を補償するための制度です。申請書を作成し、健康保険組合に提出すると、最長1年半、1日当たり標準報酬日額の3分の2の金額をもらうことができます。

この「傷病手当金」の支給対象となる病気には、切迫早産切迫流産妊娠悪阻など、妊娠中の症状も含まれます。

関連記事

出産時に利用できる9つの手当金・助成金・給付金
出産にかかる費用はどのくらい必要か把握されていますか?主に分娩費と入院費を合わせたものが出産費用とされますが、全国的な平均額は約40万~50万の間です。 1人の赤ちゃんを産むのに出産時だけで、これほどの大金が必要となります。妊娠~出産までということを考えたら、さらに金額は大きくなりますよね。 ...
育児に専念!育児休業給付金の計算方法と条件
育児休業を考えているものの、その間の金銭面での不安から、なかなか踏み切れないという方もいらっしゃるかもしれません。確かに、育児休業の間は、企業から給与をもらうことができません。ですが、きちんとした手続きを踏めば、育児休業中に「育児休業給付金」が支給されることはご存知でしょうか。 ここでは、「育...
退職後でも出産手当金は貰える?申請方法と計算方法のまとめ
健康保険の保障の一つに「出産手当金」があります。これは、健康保険の被保険者が出産のために仕事を休み、その期間給料を受け取ることができないときに受給できる手当です。 ここだけ見ると再度職場復帰しなければならないように感じますが、実際は、出産を機に職場を退職し、育児に専念する人も必要な条件を満たせ...
購読はいいねが便利です!
傷病手当金
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る