退職後でも出産手当金は貰える?申請方法と計算方法のまとめ

良ければシェアをお願いします。

健康保険証

健康保険の保障の一つに「出産手当金」があります。これは、健康保険の被保険者が出産のために仕事を休み、その期間給料を受け取ることができないときに受給できる手当です。

ここだけ見ると再度職場復帰しなければならないように感じますが、実際は、出産を機に職場を退職し、育児に専念する人も必要な条件を満たせばこの「出産手当金」を受け取ることができます。

今回は、退職後に「出産手当金」をもらうためのポイントと申請方法についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

出産手当金って?

祝い金

産休中に給料が支払われない会社は、まだ多くあります。このような場合、産休中の生活を支えるために健康保険から支給されるのが「出産手当金」です。契約社員やパートの人でも健康保険に加入していれば対象となり、支給対象となる期間は産前42日(多胎の場合は産前98日)と産後56日の間で会社を休んだ日数分が支給されます。

また、出産が予定日より遅れた場合はその遅れた日数分多く「出産手当金」が支給されます。それでは、より詳しく受給条件を見ていきましょう。

合わせて読みたい

妊婦に向いてるのは?無理なく働けるお仕事3選
出産には大きな費用がかかりますし、子供を育てていくには何かとお金が必要です。そのため、家計に少しでもプラスになるよう、妊娠中にも仕事がしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。 しかし、中には妊娠中に向いていないお仕事もあるため、仕事選びには慎重になる必要があります。そこで今回は、妊婦さ...

出産手当金の受給条件

若い女性

健康保険の被保険者期間が継続して1年以上あること

1つ目の条件は、健康保険の被保険者期間が継続して1年以上あることです。数年間勤めていた会社を退職した場合は問題ありませんが、派遣スタッフなどで勤めている会社が変わっている場合は注意が必要です。

1年以内にA社からB社へ職場が変わった場合、健康保険の加入期間に1日でも空白期間ができてしまうと「継続」とは認めてもらえないため「出産手当金」を受給することができなくなってしまいます。空白期間に任意継続を利用して加入期間を延ばしても、国民健康保険に加入しても条件には当てはまらないため注意してください。

ただし、1年以上の加入期間がない人でも産前の6週以内に在職したまま産休を取っていた期間は、「出産手当金」が支払われます。

出産日もしくは出産予定日から42日以内に退職していること

2つ目は、出産日もしくは出産予定日から42日(多胎の場合は98日)以内に退職していることです。妊娠により体調が悪くなってしまい、出産予定日の42日より前から産休を取る人も多くいます。

その場合、退職日をいつにするかで「出産手当金」を受け取れるか受け取れないかが、変わってしまいます。退職日が出産日もしくは出産予定日の42日(多胎の場合は98日)以内でないと「出産手当金」は受け取ることができません。

早めに産休を取ってそのまま退職してしまう場合は、会社とも相談して産前42日(多胎の場合は98日)を過ぎた後に退職日を設定してもらえるよう調整してください。

※出産日は産前期間に入ります。

退職日に働いていないこと

最後に挙げられるのが、退職日に働いていないということです。健康保険の被保険者期間が継続して1年以上で出産日もしくは出産予定日から42日(多胎の場合は98日)以内に退職していても、退職日が出勤扱いになっていると「出産手当金」を受け取ることができません。

「出産手当金」を受け取るためには、必ず出産日もしくは出産予定日から42日(多胎の場合は98日)より前に産休をとり、産前42日(多胎の場合は98日)を過ぎた後に産休のまま退職日を設定してもらうよう、会社としっかり相談してください。

合わせて読みたい

育児に専念!育児休業給付金の計算方法と条件
育児休業を考えているものの、その間の金銭面での不安から、なかなか踏み切れないという方もいらっしゃるかもしれません。確かに、育児休業の間は、企業から給与をもらうことができません。ですが、きちんとした手続きを踏めば、育児休業中に「育児休業給付金」が支給されることはご存知でしょうか。 ここでは、「育...

出産手当金の申請方法と支給額

役所の窓口

申請書の受け取りから提出までの流れ

「出産手当金」を受け取るためには、職場の総務部や担当部署などに申請して「健康保険出産手当金支給申請書」をもらってください。この書類は、健康保険組合や会社を管轄している社会保険事務所でもらうことができます。

産後、「健康保険出産手当金支給申請書」に必要事項を記入し、勤めていた会社と医師または助産師の証明を受け、添付書類として申請期間とその前1か月分の賃金台帳・出勤簿(タイムカードなど)の写しを添えて社会保険事務所に提出してください。

出産手当金の申請書記入例と記入ポイント

補足として、健康保険出産手当金支給申請書の記入例と記入ポイントをご紹介します。以下の流れに沿って記入してください。

出産手当金支給申請書記入例

  1. 【被保険者(申請者)情報】被保険者証の記号・番号を記載
    ※記号・番号は保険証に記載されています。
  2. 【被保険者(申請者)情報】被保険者の住所を記載
    ※被保険者が亡くなられている場合、相続人の方が申請される場合は、申請者の氏名を記入します。
  3. 【振込先指定口座】振込先の指定口座を記載
    ※ゆうちょ銀行の口座を希望される場合は、振込専用の店名(漢数字3文字)・預金種目・口座番号を記入します。
  4. 【申請内容】出産前の申請か、出産後の申請か番号で記載
  5. 【申請内容】出産前なら出産予定日のみ、出差後は両方を記載
  6. 【申請内容】出産のために休んだ期間を記載
    ※出産のために労務に服さなかった期間とその日数(公休日含む)を記入します。
  7. 【医師・助産師記入欄】医師または助産師に記入いただく箇所です

参考:www.kyoukaikenpo.or.jp

出産手当金の計算方法

「出産手当金」として支給される金額は、1日あたり「支給開始日の以前12ヶ月間の各標準報酬月額を平均した額÷30日×2/3」です。(支給開始日は、一番最初に出産手当金が支給された日を指します。)この1日あたりの支給額を標準報酬日額と言います。

「出産手当金」は、提出書類に不備がなければ、およそ1~2か月後に一括で指定した口座に振り込まれます。請求が可能な期間は産休開始の翌日から2年以内です。2年を超過すると1日過ぎるごとに支給日数が1日ずつ減ってしまうためできるだけ速やかに申請してください。

出産手当金の分割申請

出産手当金は必ずしも一括で申請しないといけないというわけではなく、産前分・産後分と2回に分けて申請することが可能です。多くの方は産後に一括で申請するという方法を取りますが、早めに受け取りたいという場合には産前の申請も可です。一括申請であれば、産後の休暇期間に入ってから約4ヶ月後となる支給のタイミングが、産前に申請することで産前休暇期間に入ってから約4ヶ月後に支給されるということになります。

ただし、分割申請の場合は事業主の証明が2度必要であるなど、色々と手間がかかるのも事実です。

おわりに

今回は、退職後に「出産手当金」をもらうためのポイントと申請方法についてご紹介してきました。「出産手当金」を退職後に受け取るためには、退職日の設定と日程の調整が重要で、ちょっとした日程の調整ミスで「出産手当金」を受け取ることができなくなる場合があります。

退職日については、今回ご紹介したポイントを踏まえて、会社としっかり相談をして慎重に決めてください。

ピックアップ

妊活中に退職はアリ?ストレスで仕事を辞める4つのメリットデメリット
今の仕事内容、職場の環境が好きだからと言って、仕事でストレスを感じないという方はほとんどいないでしょう。仕事をしている限り、多少のストレスでも強く感じてしまいがちです。 では、妊活中でありながらストレスを受けてしまうような仕事を続けるべきでしょうか?結論から言うと、妊活中の方が仕事を続けていく...
立ち会い出産で後悔しないために!夫が気をつけるべき3つのこと
夫婦の絆を深め、感動を共有することができる出産方法として、立ち会い出産を希望する夫婦が増えてきています。妊婦もリラックスして出産に臨むことができ、児童虐待件数の減少にも繋がることから、積極的に立ち会い出産を勧める病院もあります。しかし、夫が何の準備もせず出産に立ち会ってしまっては、妻にイライラさ...
出産前に知っておきたい!帝王切開の基礎知識
日本の帝王切開率は20%弱、約5人に1人が、帝王切開で出産しています。帝王切開の予定はなくても、緊急に必要になる場合もあります。 では、帝王切開とはどんな出産方法で、なぜ、またどのような流れで行われ、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか?今回は、出産前に知っておきたい、帝王切開の基礎...
22歳。B型。既婚。
現在妊娠9ヶ月。妊娠中の食欲が増す、太りやすくなるを完全になめきっていたため、妊娠前とくらべて20kg近く体重が増加しました。
妊娠の経験を活かし、妊娠中の注意点、妊娠中に必要な基礎知識の記事を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
退職後でも出産手当金は貰える?申請方法と計算方法のまとめ
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る