「 給付金 」のお役立ち記事一覧

給付金
給付金に関してのお役立ち記事を紹介しています。妊娠から出産までにかかる費用はどのくらいなのかというのを把握していますか?日本では、分娩費と入院費を合わせた出産費用として約40~50万円が必要になると言われています。
そんな時に役立つのが国や自治体が助成金として支給してれるお金です。ここでは、さまざまな給付金に関する知識を取り上げていきます。

育児には協力してほしいけど・・・パパが育休、時短でも将来、昇進できるのか?

育児には協力してほしいけど・・・パパが育休、時短でも将来、昇進できるのか?

「イクメン」という言葉が流行して以来、男性の育休や時短勤務を取り入れる企業が増えてきました。一昔前とは違い、共稼ぎが主流になってきたので、育児は男性も女性もお互い協力し合わないと大変です。女性の育休は取りやすいですが、男性の場合は色々問題点がありそうです。ここでは、男性が育休や時短を取得して...

旦那さんが突然のリストラによる失業や病気で退職したときの心構え!

旦那さんが突然のリストラによる失業や病気で退職したときの心構え!

旦那さんが、突然リストラや病気によって仕事を辞めてしまったら?これからの生活はどうなるのか、子どもはどうやって育てていけばいいのかなど、不安なことだらけだと思います。リストラや病気は、突然予告もなしにやってきます。そんな時、お先真っ暗と嘆いてばかりいるわけにはいきません。そこで、ここではそのよう...

妊婦さん・ママ必見!国民年金・社会保険料の免除を考える

妊婦さん・ママ必見!国民年金・社会保険料の免除を考える

妊娠することはめでたいことですが、先立つもののことを考えると手放しに喜んではいられません。一般的に妊婦は出産前、或いは出産後は働けない状態になり、収入を得ることができません。しかも出産は無料でできるものではなく、平均40〜50万かかると言われています。そこで国民年金・社会保険料の免除を受けら...

イクメンブルーは甘え?!原因は男性の育児休暇取得率にあり!

イクメンブルーは甘え?!原因は男性の育児休暇取得率にあり!

パパが育児に協力的な「イクメン」も当たり前のような風潮になってきました。赤ちゃんの親として、夫婦二人で育てる考え方が浸透してきた結果ではないでしょうか。しかし、現在「仕事」と「育児」の板挟みなったパパが「イクメンブルー」に陥るという現象があります。ここには、男性の育児休暇取得への壁が大きく関...

出産までに何が起こるかわからない!保険が適用される異常妊娠や異常分娩について

出産までに何が起こるかわからない!保険が適用される異常妊娠や異常分娩について

本来妊娠や出産は病気ではありませんから、保険は適用外で全額自己負担となります。しかし「異常分娩」「異常妊娠」に関しては保険が適用する場合があるのをご存知ですか?自然分娩にも関わらず「異常分娩の扱い」になるのは入院、手術を伴う帝王切開をはじめ、微弱陣痛や前期破水、吸引分娩などです。このような「保険...

激震!ジャネット ジャクソンが49歳で妊娠!旦那さんは年下の大富豪!

激震!ジャネット ジャクソンが49歳で妊娠!旦那さんは年下の大富豪!

故マイケルジャクソンの妹で人気歌手のジャネットジャクソン。1966年5月16日生まれのジャネットは49歳で妊娠発表、50歳という年齢で出産予定日を迎えます。はっきりとした予定日は公表されていませんが、おそらく2017年の春だろうという憶測が飛び交っています。2016年4月に妊活宣言をして無事...

100万超えはあたりまえ?!不妊治療にかかる金額を賢く抑える方法を解説!

100万超えはあたりまえ?!不妊治療にかかる金額を賢く抑える方法を解説!

とにかく高額なイメージの不妊治療。100万円を超えるどころか、期間が長くなれば1,000万円もの金額かかる場合もあるそうです。不妊治療が高額になるのは保険適応外の処置が多いことが大きな理由です。しかし、現在は不妊治療のための「助成金」などが手厚くなってきています。また、医療費控除や健康保険な...

男性の育休取得は未だにハードルが高い?上手な取得方法をご提案

男性の育休取得は未だにハードルが高い?上手な取得方法をご提案

産後も女性が働き続けられる社会を目指すために男性の育休制度が重要視されていますが、政府が出した育児休業取得率の目標基準値には到底およびません。その背景には「パタハラ」が存在することも明らかになってきています。また、育児休業という名目にも関わらず、取得日数が5日だけなんてことも。今回は、男性がしっ...

妊娠~出産に伴う医療費控除の基礎知識と申請方法3つのポイント

妊娠~出産に伴う医療費控除の基礎知識と申請方法3つのポイント

妊娠~出産までには、さまざまな場面でお金がかかりますよね。毎月の妊婦健診を始め、出産前の入院費用、そして分娩に伴う費用など、多くの医療費を支払うことになったでしょう。人によっては想像以上にお金がかかったと言う人も居るはずです。 そこで意識しておきたいのが、確定申告時の医療費控除のことです。...

児童手当の金額は?所得や兄弟の人数で支給額は変わる?

児童手当の金額は?所得や兄弟の人数で支給額は変わる?

1972年から始まったこの児童手当という制度。別名こども手当とも呼ばれています。名前は耳にしたことはあっても、どんな内容なのかいまいち分からないという方も多いでしょう。ここでは児童手当がどういったものなのか、支給される金額や親の所得額による制限、兄弟の人数で支給額が変わるのか等、制度についてご紹...

2016年4月より不妊治療保険 販売解禁!知りたい商品の中身!

2016年4月より不妊治療保険 販売解禁!知りたい商品の中身!

2016年4月より不妊治療の費用を保障する、不妊治療保険の販売が解禁されました。金融庁から促されたもので、出生率を上げたいという背景があります。現在、厚生労働省による不妊治療支援事業がありますが、年齢制限など様々な制約があり、対象とならない人が数多くいます。そのような方への補助の目的もあり、この...

出産費用はどこまで保険でカバーできるのか?陣痛促進剤は?無痛分娩は?

出産費用はどこまで保険でカバーできるのか?陣痛促進剤は?無痛分娩は?

待ちに待った我が子との対面!でもやっぱり気がかりなのが、出産費用ですよね。出産で支払わなければならない費用は実際どのくらいなのでしょうか。出産は病気ではないから民間の保険は使えない?出産に関係する公的な補助制度はある?陣痛促進剤を使った場合は?無痛分娩の場合は?など出産にまつわるお金についてご紹...

子どもができたら学資保険に入るべき?知っておきたい学資保険のこと

子どもができたら学資保険に入るべき?知っておきたい学資保険のこと

子どもが産まれるとこれからかかるお金のことが心配になるものだと思います。特に、子供の学費については額が大きいため、一番気になるところではないでしょうか。そんな時、力強い味方となるもののひとつとして学資保険があります。今回は、そもそも学資保険とはどんなものなのか、学資保険を選ぶ際に気を付けるポイン...

帝王切開で高額療養費制度の還付金が戻ってくるのはなぜ?

帝王切開で高額療養費制度の還付金が戻ってくるのはなぜ?

帝王切開時にかかる費用が気になるプレママさんも多いはず。自然分娩よりも高額な費用がかかるのは事実です。でも、そんなママさんたちにも嬉しいポイントがあります。それは、保険制度を使った高額療養費での還付金制度です。今回は、帝王出産をしたらどれぐらいの還付金があるのか?その手続きは?とママさんたち...

出産日を決められる!帝王切開はいいことだらけ?!種類、費用、痛みは?

出産日を決められる!帝王切開はいいことだらけ?!種類、費用、痛みは?

日本多くの病院は自然分娩を推奨していますが、ココ数年、高齢出産の増加などで帝王切開の手術数も増えていっています。帝王切開は痛くて、怖いイメージがありますが母体や胎児を守ってくれる安心した出産方法ともいえます。今回は帝王切開について説明していきたいと思います。 自然分娩で産むか?帝王切開で産...

出生届・給付金・産後に行うべき手続きまとめ

出生届・給付金・産後に行うべき手続きまとめ

妊娠中は、妊婦の体調や無事に赤ちゃんが生まれてくるための環境づくりに気をかけなければなりません。その一方で、赤ちゃんが生まれた後の手続きなど、行うべきことを事前に確認し、忘れずに行動していくことも重要です。 今回は産後に行うべき手続きや、受け取ることのできる給付金などについてご紹介します。 ...

あなたも対象?高齢出産でも受けられる助成金とは

あなたも対象?高齢出産でも受けられる助成金とは

妊娠・出産には多くの費用がかかりますが、通常は病気とみなされないため健康保険の適応外となっています。この負担を軽減するため、国や自治体が設けているのが出産助成制度です。こうした制度にはどんな種類があり、助成額や申請方法はどうなっているのでしょうか?ここでは、高齢出産でも受けられる助成金につい...

赤ちゃんから2歳までの子育てにかかる費用はいくら?

赤ちゃんから2歳までの子育てにかかる費用はいくら?

子どもが生まれて初めて家計に含まれるのが、子育てにかかる費用です。子育てにかかる費用はどのくらいかかるのでしょう?今回は、実際に子育て費用として2歳までにどれくらいかかるのか、目安や項目についてまとめてみました。ぜひ参考にご覧ください。 家計簿を見直そう!産後の収入、家計の変動 ...

母子手帳はいつもらえる?もらい方と注意したい3つのこと

母子手帳はいつもらえる?もらい方と注意したい3つのこと

妊娠経験のない方でも母子手帳の名前は聞いたことがあるかもしれません。実際自分がお母さんになった時の必須アイテムになりますが、一体どこでいつもらえるのかなど、知らないことがたくさんあると思います。今回は、母子手帳とはそもそもどのようなものなのかについてと、母子手帳のもらい方、そして、注意したい3つ...

出産時に利用できる9つの手当金・助成金・給付金

出産時に利用できる9つの手当金・助成金・給付金

出産にかかる費用はどのくらい必要か把握されていますか?主に分娩費と入院費を合わせたものが出産費用とされますが、全国的な平均額は約40万~50万の間です。 1人の赤ちゃんを産むのに出産時だけで、これほどの大金が必要となります。妊娠~出産までということを考えたら、さらに金額は大きくなりますよね。 ...

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る