「 さ行 」のお役立ち記事一覧

先天性異常

先天性異常

用語先天性異常 読み方せんてんせいいじょう 四肢の欠損や、内臓の機能不全など、赤ちゃんが身体的異常を持って生まれてくるケース全般を先天性異常とよびます。特にこれ、といった原因は分かっていないため、予防策などは特にないといえます。ただし、出生前検査により、生まれる前の段階で...

切迫早産

切迫早産

用語切迫早産 読み方せっぱくそうざん 切迫早産と診断されたら、まずはかならず安静を心がけることです。切迫早産はまだ臨月ではないのに赤ちゃんが産まれてきてしまいそうになっている状態です。なるべく赤ちゃんをおなかの中にとどめておくために、お母さんはひたすら安静にします。トイレ...

正期産

正期産

用語正期産 読み方せいきさん 正期産とは妊娠37週0日から41週6日までの期間を言います。この時期の胎児は胎児の各臓器も十分に発達している為、外に出ても問題なく生活することが出来ます。またほとんどの妊婦がこの時期に出産を迎えている傾向にあります。逆に37週未満は早産、42...

子宮頸管無力症

子宮頸管無力症

用語子宮頸管無力症 読み方しきゅうけいかんむりょくしょう 子宮頸管は出産時に胎児の通り道になる器官ですが、陣痛が始まってもいないのにここが開いてしまうことがあります。この症状を「子宮頸管無力症」と言い、切迫流産の原因にもなりえます。最初の頃は自覚症状が出ないのですが、超音...

子宮収縮抑制剤

子宮収縮抑制剤

用語子宮収縮抑制剤 読み方しきゅうしゅうしゅくよくせいざい 子宮収縮抑制剤とは切迫早産や切迫流産の危険性があるときに切迫早産や切迫流産の予防を目的として処方される薬で、飲み薬や注射での処方になります。効果は子宮の筋肉に作用し、子宮の収縮を抑える薬です。要するにお腹の張りを...

子宮口

子宮口

用語子宮口 読み方しきゅうこう 子宮口とは、精子が目指す場所です。おりものを自己チェックすることで排卵日の特定ができるようになってきます。外に出てきたおりもので、わかりずらい場合は手を清潔にして、チェックすることができます。中指と人差し指で膣の中に入れます。M字型になって...

性感染症

性感染症

用語性感染症 読み方せいかんせんしょう 性感染症とは、性行為を理由として感染するものです。そして自覚症状があるとは限らないため、気がついたときには進行していたというケースが珍しくありません。性感染症への対抗策としては、出血を伴う行為を極力控えるのと、定期検査を受けることと...

子宝温泉

子宝温泉

用語子宝温泉 読み方しほうおんせん 子宝温泉は温泉ごとに言い伝えがありますが、縁結びの神とされ、男女の縁結びから子宝に恵まれる温泉として人気があります。また、温泉は体を温めることで体調が整えられたり、リラックス効果でホルモンバランスにも良い影響があります。また、精子はアル...

主席卵胞

主席卵胞

用語主席卵胞 読み方しゅせきらんほう 卵胞から毎月排卵されるものは、たいていの場合は1つです。しかし、卵胞の中では複数の卵子が卵胞となっていきます。その中で、一番大きく育ち、排卵されるものを主席卵胞と呼びます。この主席卵胞が成長するにつれて、エストロゲンというホルモンを出...

自然分娩

自然分娩

用語自然分娩 読み方しぜんぶんべん 出産の方法には、大きく分けて二種類が存在します。出産の痛みを麻酔等で軽くするのが無痛分娩で、昔から行われているのが自然分娩です。自然分娩は、出産時に強い痛みがありますが、産後の母体の状態が良いことと、命に対する尊さを学ぶことができる等の...

サルモネラ菌

サルモネラ菌

用語サルモネラ菌 読み方さるもねらきん サルモネラ菌は食中毒を引き起こす細菌の一種ですが、妊娠中に感染すると嘔吐や腹痛などの一般的な症状の他に、子宮収縮を発症する可能性があり、流産のリスクが増大してしまいます。また、食中毒の症状が水分や栄養の不足に繋がるので、妊娠中は生卵...

視診

視診

用語視診 読み方ししん 視診とは、医師が患者の顔色や皮膚の色など、健康状態を目で見て診察することを指します。産婦人科で行われる内診では、膣鏡と呼ばれる器具を使い、視診します。妊婦健診ではほかにも、問診や超音波検査、尿検査、身体測定などが行われ、母体の健康状態を管理します。...

助成金

助成金

用語助成金 読み方じょせいきん 助成金とは、一般的には厚生労働省所管での取り扱いがされている支援金のことです。要するに、国から援助を受けることが出来るというものです。助成金というのは、現在50種類以上あるもので、その中から条件に合ったものを受け取ることが出来るのです。特に...

食物繊維

食物繊維

用語食物繊維 読み方しょくもつせんい 食物繊維は人間の身体にとって必要なものです。食物繊維はその作用により便通が良くなることもあり、主に便秘の解消などに役立ちます。結果的に美肌効果をはじめとした多くのメリットをもたらしてくれます。ごぼうをはじめとした野菜から摂取することも...

前駆陣痛

前駆陣痛

用語前駆陣痛 読み方ぜんくじんつう 前駆陣痛とは、赤ちゃんを産むときに起こる本陣痛とはまた違ったものだというものです。この前駆陣痛というのは、不規則に起こる出産前の子宮収縮のことで、リズムも正確というわけではなありません。出産が間近に迫ってきたときに発生するものだといわれ...

自浄作用

自浄作用

用語自浄作用 読み方じじょうさよう 自浄作用と言うのは、自分自身で浄化を行なうという作用です。川や海が汚れたとき、それ自らの力で綺麗にしようとする作用も同じように自浄作用と呼ばれます。実は人で言うと女性の膣は自浄作用を持っています。膣は出産時の産道、月経血の通り道、男性器...

植物性鉄分

植物性鉄分

用語植物性鉄分 読み方しょくぶつせいてつぶん 植物性鉄分とは、元々体内で吸収されにくい成分とされているもので、植物性食品に含まれている非ヘム鉄と呼ばれる成分がそれにあたります。植物性鉄分は、動物性鉄分と異なり、こういう特徴がありますから、ビタミンCやクエン酸、リンゴ酸など...

助産院

助産院

用語助産院 読み方じょさんいん 助産院とは、助産師と呼ばれる資格を持った人が開業している場所です。ベッドの数は10床未満の施設となっています。助産院では、分娩の補助をはじめとして、新生児や妊婦への保健指導が行なわれます。出産を家庭的な雰囲気の中で行なうことが出来るのはもち...

硝酸態窒素

硝酸態窒素

用語硝酸態窒素 読み方しょうさんたいちっそ 硝酸態窒素は、硝酸イオンのように参加窒素の形としてある窒素のことです。硝酸態窒素は、人体に対しての影響があり、酸素欠乏症などを引き起こす可能性があるものです。野菜やミネラルウォーターにも含まれている場合があるとされており、少量で...

心疾患

心疾患

用語心疾患 読み方しんしっかん 心疾患とは、主に心臓に起こる病気であるというものです。心疾患の大部分は虚血性心疾患と呼ばれるもので、これは心臓の筋肉へ血液を送る役割を持っている冠動脈の血流が悪くなり、心筋の状態が悪くなるというものです。これにより起こる可能性がある病気が、...

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る