「 出産 」のお役立ち記事一覧

クリームでは消えない妊娠線を治療? レーザー治療、ガス治療のメリット・デメリット

クリームでは消えない妊娠線を治療? レーザー治療、ガス治療のメリット・デメリット

妊娠中にうっかりできてしまった妊娠線。我が子を産んだ勲章だとしても、クリームを塗ってもなかなか消えず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。お腹だけではなく、おしりや太ももや二の腕までできてしまう場合もあります。自分で消そうと思っても消えない妊娠線を消す方法があります。レーザー治療とガス治...

生後何日以内に提出するの?赤ちゃんの出生届に必要な書類一式!

生後何日以内に提出するの?赤ちゃんの出生届に必要な書類一式!

赤ちゃんが生まれたら、市区町村役場へ出生届を提出する必要があります。赤ちゃんや出産に関わる助成制度をスムースに受けるためにも、できるだけ早く出生届を提出しましょう。いつまでに書類を提出するのか?期限を過ぎたらどうなるのか?また、届け出に必要な書類と提出場所、提出をする人、など出生届にまつわる疑問...

他のママと差をつける!おしゃれで機能的なママバック10選

他のママと差をつける!おしゃれで機能的なママバック10選

ママバックは軽くて持ちやすく、たくさん物を入れられるバッグが理想的です。また、子どもを抱っこしやすいリュック型やショルダー型など、子どもを基準として考えられています。そんな機能性だけにこだわるママバックの常識は変わりつつあります。ここでは、他のママに差をつけるためのおしゃれなのに機能性に優れ...

出産育児一時金の手続き・申請方法など基礎知識まとめ

出産育児一時金の手続き・申請方法など基礎知識まとめ

通常の病気による治療ではないために、健康保険の適用外になる出産費用。定期健診や各種検査、分娩費用など、出産にかかる費用はとても高額になってしまいます。そこで使われるのが、健康保険による「出産育児一時金」の制度です。今回は、出産育児一時金の手続き・申請方法などの基礎知識をまとめてみましたので、...

こんなに違う!日本と世界の子育て事情!添い寝、留守番、産後のマッハ退院・・・

こんなに違う!日本と世界の子育て事情!添い寝、留守番、産後のマッハ退院・・・

国が違えば、言葉だけではなく、文化も風習も大きく違ってきます。アメリカだと添い寝はしない、留守番は犯罪、イギリスは帝王切開後速退院など、出産や育児にまつわる事柄も国によってさまざまな特色があり、日本と海外ではまったく違うことも。そこで今回は、「日本と世界の子育て事情の違い」にスポットを当ててご紹...

産まれたら双子・三つ子だった?!エコー診断でわからない理由と気を付けたいポイント

産まれたら双子・三つ子だった?!エコー診断でわからない理由と気を付けたいポイント

近年、食生活の変化や不妊治療が進んだことにより双子や三つ子といった多胎妊娠&出産が増えています。街中でも、自分の子供の頃に比べて双子ちゃんや三つ子ちゃんを見掛けることが増えたと思いませんか?妊婦健診で多胎妊娠が判明することが多いものの、中には産まれるまでわからなかったという場合も。今回は...

子どもが3人以上!出産をしても全然スタイルがかわらない有名人は誰?

子どもが3人以上!出産をしても全然スタイルがかわらない有名人は誰?

出産をするたびに崩れていくスタイルに嘆いているママはたくさんいますが、有名人には出産後変わらぬスタイルで輝き続ける方たちもいらっしゃいますよね。そんな、美しいスタイルを保ち続ける子だくさんママを「ママタレント・モデル」として活躍している方から、子だくさんに見えない意外な方、海外セレブまで...

出産してから眠れない!産後の不眠症から解消される方法とは?

出産してから眠れない!産後の不眠症から解消される方法とは?

産後と同時にお産で疲れた体を休める暇もなく育児が始まります。新米ママにとってはふにゃふにゃな新生児はどう扱っていいか不安も大きいですし、不眠不休の体で赤ちゃんのお世話が始まってしまうのです。産後のママは、環境の変化やホルモンのバランスが崩れてしまい、育児への不安が不眠の原因となるようです。こ...

産後は赤ちゃんと車で移動したい!妊婦でも運転免許を取ることは可能?

産後は赤ちゃんと車で移動したい!妊婦でも運転免許を取ることは可能?

産後、赤ちゃんが一緒の外出は車があったほうが何かとラクなので、妊娠している今しか運転免許を取得するチャンスはない!と思っている妊婦さんも多いと思います。しかし、妊娠中の免許取得は思っている以上に厳しいものです。体にかかる負担は通常より増えますし、早産や流産などのリスクも伴います。妊娠中の...

産後うつ病かな?と感じたら「エジンバラ産後うつ病質問票」を試してみて!

産後うつ病かな?と感じたら「エジンバラ産後うつ病質問票」を試してみて!

出産後、退院してからの生活は想像以上に大変なものです。入院中はおだやかな気持ちでいられたママも、家事に育児にと忙しい生活を送っているうちに、疲れがたまり、意味もなく泣けてきたりすることも。「何だか変だな?気持ちが落ち着かないな」と思ったら、「エジンバラ産後うつ病質問票」を試してみましょう。落ち込...

高齢妊娠では初期流産が増加!その原因は染色体異常にあった!?

高齢妊娠では初期流産が増加!その原因は染色体異常にあった!?

最近は、仕事を持つ女性が増えてきたこともあり、晩婚化の傾向が強くなっています。それにともない、高齢妊娠が増加していますが、高齢妊娠では初期流産が増加することをご存知でしょうか?その原因の一つに、染色体異常があると言われています。今回は、高齢妊娠と初期流産の関係をはじめとして、染色体異常についても...

出産後も痛いのが続く!後産と後陣痛・・・はどんな痛み?違いはあるの?

出産後も痛いのが続く!後産と後陣痛・・・はどんな痛み?違いはあるの?

長時間の陣痛に耐え、やっと生まれてきた赤ちゃんと感動のご対面…!そんな出産のクライマックスを無事に終え、やれやれと思ったのもつかの間、まだ後産と後陣痛という「痛み」が残っています。後産や後陣痛は出産後に起こる痛みであるため、同じことと勘違いしがちですが全く別物です。後産、後陣痛の違いや痛みなどに...

激震!ジャネット ジャクソンが49歳で妊娠!旦那さんは年下の大富豪!

激震!ジャネット ジャクソンが49歳で妊娠!旦那さんは年下の大富豪!

故マイケルジャクソンの妹で人気歌手のジャネットジャクソン。1966年5月16日生まれのジャネットは49歳で妊娠発表、50歳という年齢で出産予定日を迎えます。はっきりとした予定日は公表されていませんが、おそらく2017年の春だろうという憶測が飛び交っています。2016年4月に妊活宣言をして無事...

40歳以上で肥満気味の妊婦さんが合併症にならないためにやるべき3ヶ条!

40歳以上で肥満気味の妊婦さんが合併症にならないためにやるべき3ヶ条!

妊娠年齢が高くなるほど、流産の危険性や赤ちゃんの染色体異常などの、さまざまなリスクが増えてくると言われています。特に、40歳以上の高齢妊娠で、肥満気味の妊婦さんが注意したいのが「妊娠高血圧症候群」と、その合併症です。今回は、妊娠高血圧症候群の合併症の種類や、合併症にならないためにやるべき3ヶ条を...

ラマーズ法より効果あり?ソフロロジーでリラックスして出産しよう

ラマーズ法より効果あり?ソフロロジーでリラックスして出産しよう

ソフロロジーの認知度は、まだそれほど高くありません。かく言う筆者も3つの産科に通い3回のお産を経験しましたが、いずれも「ヒッヒッフー」のラマーズ法。ソフロロジーを知ったのはつい最近で、なぜ、お産の時にこういう方法があることを誰も教えてくれなかったのかと恨めしくさえ思います。赤ちゃんにもママに...

産後ママに嬉しいサービス満載!高級ホテル風からアットホーム風までおすすめ産後ケア施設を一挙紹介!

産後ママに嬉しいサービス満載!高級ホテル風からアットホーム風までおすすめ産後ケア施設を一挙紹介!

数年前、女優の小雪さんが利用したことで広く知られることになった「産後ケア施設」。近年は、産後ケア施設の需要も高まり、多くの産後ママが利用するようになりました。そこで、今回はおすすめの産後ケア施設をご紹介していこうと思います。高級ホテル並みの設備を持っている施設から、アットホームな施設まである...

切ったあとは消えない?帝王切開の傷跡をきれいにするケア方法

切ったあとは消えない?帝王切開の傷跡をきれいにするケア方法

帝王切開で出産した後に気になるのは、やっぱり傷跡ですよね。どうにか綺麗に治せないものかと、悩んでいるママも多いかと思われます。では、どうしたら帝王切開の傷は綺麗に治せるのでしょうか。最近では、帝王切開後のママに嬉しい傷跡ケア商品も多く販売されています。今回は、傷跡を目立たせなくするケアについ...

高齢出産だと帝王切開になってしまう率はどれくらい?帝王切開になる理由は?

高齢出産だと帝王切開になってしまう率はどれくらい?帝王切開になる理由は?

ただでさえあれこれ不安と隣り合わせで過ごす妊娠と出産という一大イベント。高齢出産と呼ばれる35歳以上の産婦さんは高齢出産ではない産婦さんに比べて帝王切開の率が高いのかどうか、実際帝王切開になるとどのようなことが起こるのか、気になっているかもしれません。ここでは高齢出産と帝王切開の現状につ...

高齢出産だと卵膜剥離を促される?子宮口の硬さと分娩時間の関係性

高齢出産だと卵膜剥離を促される?子宮口の硬さと分娩時間の関係性

日本産婦人科学会の定義では、35歳を過ぎてからの出産を「高齢出産」といいます。近年の晩婚化に伴って、高齢出産をされる方が多くなってきています。では、高齢出産では本当に卵膜剥離(らんまくはくり)を促されるのでしょうか。また、子宮口の硬さと分娩時間は関係するのでしょうか。今回は、高齢出産に伴って...

誰もが産後うつになる恐れアリ?国が費用助成する産後うつ検診を受けるメリット

誰もが産後うつになる恐れアリ?国が費用助成する産後うつ検診を受けるメリット

出産したママが、育児の不安やストレスなどによって、心と体が不安定な状態になってしまう「産後うつ」の予防のため、2017年度から厚生労働省が検診費用を助成することになっています。早めに不調のサインを見つけ、適切なケアが受けられるようにサポートすることが狙いです。今回は約10~15%のママが経験...

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る