良ければシェアをお願いします。

赤ちゃんの歯磨きのやり方と注意すべきこと

歯ブラシする赤ちゃん

赤ちゃんの歯磨きは、大人の歯と違うので、磨き方も異なります。歯磨きはいつからはじめたらいいのか、また、どのように磨いたらいいのかなどの、磨き方のコツやタイミング、注意しなければいけないことをあらかじめ把握しておくことで、スムーズに赤ちゃんの歯磨きができます。今回は赤ちゃんの歯磨きのやり方や注意すべきことについて書いてみました。

スポンサーリンク

赤ちゃんの歯磨きはいつから?やり方は?

悪い歯並び

赤ちゃんに歯磨きが必要な理由は、歯磨きの習慣を幼いうちからつけるためと、虫歯を防ぐためです。赤ちゃんは大人と比べて唾液が多く虫歯になりにくいとされていますが、虫歯に必ずしもならないわけではありません。乳歯に虫歯ができた場合、抜けたとしても永久歯が虫歯になりやすくなったり、歯並びが悪くなったりといったリスクがあるのです。そのことからも、幼いうちから正しい歯磨きを行う必要があります。

乳歯が生える前

乳歯が生える前に行ってほしいのは、お口の中のケアです。母乳やミルクを飲んだ後に、ガーゼなどをママの指に巻いて口の中をぬぐってあげてください。この時期から赤ちゃんの歯茎や唇を触る習慣をつけることでその感触にも慣れ、ママにとっても赤ちゃんにとってもスムーズな歯磨きへの移行ができます。

乳歯が下前歯に2本生えた頃(生後6ヶ月~)

乳歯の生え始めは下の前歯が多く、下の前歯は常に唾液に浸された状態にあります。そのため、虫歯にはなりにくくしっかりと磨く必要はありません。この時期に大切なことは歯ブラシに慣れるということです。歯ブラシを嫌がる場合は、無理に行わずガーゼなどで拭いてあげるだけで十分です。

上下の前歯が4本ずつ生えた頃(1歳~)

上の乳歯も生え始めてきた頃には、本格的に虫歯予防を意識するようにしましょう。常に唾液に浸っている下の歯よりも虫歯になるリスクが高くなるためです。歯ブラシを持った手を赤ちゃんの頬に固定して磨くと磨きやすいです。また、上の歯茎から上唇に繋がる上唇小帯に歯ブラシが強くあたることで痛みを感じますので、歯ブラシを持っていない方の指で上唇小帯をおさえて磨きましょう。

全ての乳歯が生えそろった頃(1歳半~)

この時期は、自分で歯ブラシを持って磨くようにさせることを目標にしましょう。そして必ずママが仕上げ磨きをしてあげてください。奥歯を磨くときは、歯ブラシを持っていない方の手で、下あごを固定すると磨きやすくなります。また、最初の歯科検診もこの時期に行くようにしましょう。ママでも気づかない虫歯が確認できたり、虫歯の予防法などを詳しく相談したりできるので今後の歯磨きも安心して行えます。

いずれもポイントとしては、前歯は歯ブラシを直角にあてるようにして磨き、奥歯は歯ブラシを斜めにあてるようにして磨くことで歯と歯茎の間の磨き残しも防げます。

合わせて読みたい

断乳と卒乳の違いとは?離乳期を知ろう
赤ちゃんに授乳を与える最初のステップから、次に待っているステップは離乳期や卒乳・断乳です。なんとなく卒乳と断乳という言葉は知ってはいるけれど、違いについてはよく分からない…と思っている方、もしくは、一緒なのではないかと思っている方は意外と多くいらっしゃいます。そのことからも、ここでは卒乳と断乳の...

歯磨きのコツ

赤ちゃんに歯ブラシする母

口の中が見えやすい姿勢を見つける

ママが赤ちゃんの歯を磨く際、ママが口の中をしっかりと覗ける姿勢でなければいけません。赤ちゃんの頃は、授乳の時と同じ体制にして歯ブラシを持たない方の手で頭を支えるようにして行い、乳歯が生えそろってからは、歯医者さんに行った時のように、ママの膝の対面に赤ちゃんを寝かせるようにして、ママは頭の上から覗き込むようにして磨きましょう。また、歯ブラシの持ち方はペンを持つようにして磨いてください。

歯ブラシを細かく動かすようにする

乳歯の生え始めの歯はとても小さく、歯ブラシ全体を使って磨く必要はありません。先端だけを使って細かく動かすように磨いてください。

毛が柔らかいもので磨く

使用する歯ブラシの毛は、柔らかいもので密集しているタイプがいいです。また、ギザギザになった形のものではなく、フラットなタイプのものを使用してください。

決まった時間に行う

決まった時間に歯磨きを行うことで、歯磨きの習慣を身に着けさせ、生活リズムも体に覚えさせることができます。毎食後に行うのが理想ですが、難しい場合は夕食後から就寝までの間に行うようにしましょう。

赤ちゃんが楽しめる雰囲気を作る

とにかく歯磨きをする際に、赤ちゃんが嫌がってしまっては歯磨きができないので、歯磨きは楽しいものだということを覚えてもらう必要があります。歯磨きが楽しい時間になるように、遊び感覚で最初は行うようにしてみましょう。また、最初の頃でも自分で歯ブラシを持って磨くようになった頃でも、磨き終わりは必ず褒めるようにしてあげることで、歯磨きをまたしたいと思うようになります。

合わせて読みたい

子供の歯並びに影響?おしゃぶりを使うメリット・デメリット
赤ちゃんの精神安定剤とも言うべきおしゃぶりですが、使い過ぎると歯並びにも影響するなどデメリットもあると言われます。また、世代によっても意見が異なり、同年代のお母さんたちはおしゃぶりを使うことに賛成でも、一世代前の方の中には使うべきでないという意見もあります。重要なポイントは、周りの意見に振り回さ...
旦那さんと息子の3人家族。 家事は手抜きがモットーなダラダラ主婦。もう一度出産するならマタニティフォトを撮影して産後は産後治療院でまったりしたい!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
赤ちゃんの歯磨きのやり方と注意すべきこと
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る