7歳~10歳がカギ!子どもの才能を決定する運命の数年間

良ければシェアをお願いします。

7歳~10歳がカギ!子供の才能を決定する運命の数年間

『子どもの脳を育てるのは10歳までが大事』という言葉を聞いたことがありますか?子どもの成長は、早いものです。しかしその中でも子どもが敏感に物事を感じ、吸収し、成長している時期があります。その時に子どもはどのように成長しているのでしょうか。また、子どもに対して親は何をするべきなのでしょうか。
子どもの才能を左右する運命の時期を紹介します。

スポンサーリンク

子どもの成長は10歳までが大切?!

一言で『成長』と言っても、子どもの成長はさまざまです。体の成長や見た目の成長、頭の成長や精神面の成長など、目に見えるものとそうでないものがあります。
その中でも神経系や運動能力の成長は、ほとんどが小学生までに決まります。そのため、小学生までの生活が子どもの才能に大きく影響することになります。

7歳から10歳の子どもの成長とは

7歳から10歳は、小学校の低学年から中学年の間です。小学校生活にも慣れ、友達や周りの人の影響から自分のことを考えられるようになります。集団生活の中から自分の役割や立ち位置などを考え、自分ができることやできないことがわかるようになります。そのため、興味のあるものや好きなものに対する情熱を持っています

子どもの脳の成長の段階を理解しよう

子どもは年々成長していきますが、成長の段階があります。特に脳に関しては、10歳でほとんどが完成されると言われています。10歳までの間は大きく分けて3段階あります。なんでも吸収する時期と不要なものをなくす時期、そして、7歳から10歳では、『情報伝達回路』が発達します。つまり、この時期に自分を理解し夢を持つことで、才能を持ち努力することができるようになるのです

才能を発揮するために重要な『脳』

子どもの才能を育てるうえで、脳を発達させることはとても大切です。子どもの脳は、まだまだ未熟で可能性に満ち溢れています。つまり、子どもの脳には伸びしろがあるということです。

小学生は、生活習慣を覚え、自分自身を知る時期です。そのときの脳が記憶したことは一生ものになります。つまり、この時期に繰り返し行うことや学ぶことは、才能につながることになります

合わせて読みたい

10歳の子の発達・成長・発育など特徴まとめ
10歳は思春期の入口、精神的にも身体的にも子どもという立場から脱皮し、より一層大人に近づく成長を遂げる年齢です。 小学校では4年生から5年生に該当し、高学年としての役割も増え、子どもだけのコミュニティの中で自分の力を発揮しはじめます。10歳の子ども自身の心と体の発達を中心に、周りはどのように関...

子どもの才能を開花させるためには

子どもの才能とはなんでしょうか。勉強面や芸術性、スポーツなど才能にはさまざまな種類があります。ここではスポーツに着目していきます。具体的にトップアスリートとして活躍する人たちが子ども時代に行っていたことを紹介します。

子ども時代は裸足で過ごすと成長する

子ども時代に泥だらけになった経験はありますか?現在では、衛生面の問題からあまり見ない光景となりました。しかし、子ども時代に裸足で過ごすことは子どもに大きな影響を与えます。

足の裏からの刺激や情報は、子どもの成長にとても大きな働きを持っています。足の裏を刺激することで、バランス能力や運動能力の発達につながります

子どもにはどんなときも思いを伝えよう

脳が成長している子どもには、記憶に残りやすいものがあります。それは、新しいものと心にいだく感情などです。新しいものを発見、経験させることで脳に刺激をあたえることができます。また、気持ちや思いなど、子どもの心に響くものは脳が覚えています。そのため、親の真剣な気持ちを示した教え方や遊び方をすると、子どもは自然と吸収しスキルとして身に着けます

子どもにはたくさん遊んでもらおう

普段、親は子どもの相手をしていると考えていますが、実は反対に遊んでもらっていることもあります。子どもは大人が考えもしないことや小さな発見をたくさんします。遊びの中にも多くのものを学んでいるのです。その子どもの発見や思いを否定してはいけません

ほとんどのトップアスリートの親は、怒ることがないと言います。これは、子どもの感情を否定しないということです。子どもを信じ、肯定することで子どもに自信をつけます。

合わせて読みたい

勉強もスポーツも得意な子に!子供の睡眠時間と脳の発達
小さな子どもを持つ保護者の方のなかには、「子どもに勉強もスポーツや得意な大人になってもらいたい」といった理由から、様々な習い事をさせている場合も多いのではないでしょうか。 しかし、勉強もスポーツも詰め込めばいいというものでもありません。勉強をしたりスポーツを習ったりするだけでなく、休息の時間も...

子どもの才能を伸ばす親になるためには

子どもが大きく成長をし、才能を開花させようとしても親が潰してしまうことや可能性を狭めてしまうことがあります。そうならないためには、親は子どもに対してどう接すればいいでしょうか。より良い子育て環境をつくるために必要なことを考えましょう。

『マズロー5段階欲求説』を満たそう

『マズロー5段階欲求』とは、『生理欲求』、『安全欲求』、『愛情欲求』、『承認欲求』、『自己実現欲求』の5つの欲求のことを指し、前者4つの欲求が満たされると、夢や希望を持ち自分の力で物事を達成させたいという『自己実現欲求』が高まるという考え方です。

つまり、生活に必要なものがあり、愛情を与え子どもを認めて見守ることをすれば、子どもの力は成長していくということです。

子どもと親は同じ年齢だということ

親は、自分の経験からつい上から目線で子どもに接して、できないことに口出ししてしまうものです。しかし、子どもがいなければ親になることはできません。つまり、子どもが生まれたときから、親としての経験値を積むことになるのです。

子どもができないことには一緒に取り組み、困っていることには一緒に悩んで、できたことや嬉しいことには子ども以上に喜んであげましょう

時間やお金を惜しまない子育てとは

子どもができないことに挑戦したり、やることに時間がかかったりするのは当然です。失敗から学んでいくこともたくさんあります。そのため、子どものやることをせかしたり、時間を惜しんだりすることはやめましょう。

子どもと同じように経験をし、親としての余裕を見せながら接することで子どもは自分のやりたいことや気持ちを我慢せず言えるようになります。そして、それらを可能な限り実現させてあげましょう。

おわりに

子どもは好きなことや興味があることに対して飽きもせず集中することができますよね。そうした気持ちを尊重することで続けることができ、才能やスキルとして身に着けていけます。子どもの才能を育て見出すのに、遅いことはありません。気づいた今からできることをしましょう。

ピックアップ

金銭感覚を育てるお小遣いの渡し方 平均額はいくら?
小学生くらいの年齢になると浮上してくる「お小遣い問題」。「いつからあげるべきなの?」「必要なときに渡す方法は?」「もしかしてお小遣いあげすぎ?」などお小遣いに関する疑問は数えきれないほどあるかと思います。今回はそんな疑問を解決すべく、お小遣いの平均額からおすすめの渡し方まで幅広くご紹介いたします...
算数が苦手な子に共通する3つの特徴克服法はこれ!
算数は他の教科に比べて、好き嫌いがはっきり分かれる教科。親御さんのなかにも、“算数”と聞いただけで「あーー算数、苦手だったな」と昔のテストの点数を思い出してしまう人も多いのでは? 低学年では算数が得意だったのに中学年でつまづき高学年ではついていけなくなってしまうパターンが多い算数。しかし、なぜ...
子供一人自転車での遠出は何歳くらいからさせる?
子供はみんな冒険が大好き。自転車に乗れるようになった子供は、ぐんぐんと行動範囲を広げ遠くへ行きたがるようになります。だけど、それをいつまでも引き止めることもできず・・・。かといって、ひとりで遠出をさせるのは心配ですね。 交通安全について、親子で確認をする 今までは片時も親のそばから離れな...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
7歳~10歳がカギ!子どもの才能を決定する運命の数年間
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る