ママの働き方!正社員、派遣、パート?それぞれのメリット、デメリットは?

良ければシェアをお願いします。

ママの働き方!正社員、派遣、パート?それぞれのメリット、デメリットは?

実際にママになってみると、独身の時に想像していたママの生活は夢の世界の話だったわ…という声をよく聞きます。家事と育児、仕事を全て満足できるレベルで行おうとすると、24時間では足りないのが現実です。

自己実現のためや世帯収入アップのためなど、ママが働く理由はそれぞれです。自分も家族もハッピーになれる仕事探しは、どんな働き方をしたいのかを決めるところからスタートしましょう。

スポンサーリンク

正社員で働くと、子育てができない?

正社員で子育てをしているママたちは、お子さまと接する時間は少ないのが現実です。そして、仕事の都合で急病時の対応や学校行事への参加が難しいのも事実です。しかし、長い目で見てママにも子どもたちにもプラスになる面も多い働き方でもあります。

ママの成長と豊かな経済力に満足できる

正社員で働けば責任のある仕事を任されて、その結果はやりがいや充実感につながります。そして、仕事を続けることでスキルアップが望めて、無期限雇用なのでママは仕事に満足、お子さまにとっては自慢のママです。

また、給料も非正規社員より高額で、社会保険完備で老後の厚生年金も期待できるので、お子さまの教育や自分の老後にもしっかりと備えることができます。自分へのご褒美もお子さまへのプレゼントもママのお財布から気軽に買えるのが嬉しいですよね。

退職を考えることも多い、正社員ママ

責任のある仕事を任されれば、当然残業や休日出勤があります。部下を持てば教育からミスの後始末まで、数字を追いかける仕事なら目標を達成するまで、同じ職場で長く働けば働くほど仕事内容は厳しいものになっていきます。

そして、家に帰って家事と育児、時には仕事の持ち帰りと、疲労困憊の毎日に退職を考えるママは多いです。お子さまに八つ当たりしてしまって自己嫌悪に陥ることもあるでしょう。几帳面なママほど追い詰められてしまう傾向があります。

正社員で働くのならサポートが必要です

お子さまの急病、学校行事への参加などに勤務時間を配慮してくれる会社であれば安心ですね。時短勤務や自宅で仕事をさせてくれる会社に転職するママもいます。また、おじいちゃんやおばあちゃんに育児を手伝ってもらえるなら、保育園でなく幼稚園に通わせることも可能になるでしょう。

そして、忘れていけないのがパパの育児と家事参加です。ママが正社員として働くためには、一人で抱え込まずに皆の問題としてサポート体制を整えることをおすすめします。

合わせて読みたい

産後の仕事復帰はいつから?復帰する際の注意点はある?
産休を取得して出産をしたら、仕事に復帰することを考える方が多いでしょう。法律上は原則として産後8週間は、労務に就くことができません。本人が希望して医師も認めた場合には例外的にもっと早く復帰できますが、それでも産後6週間は休まなければなりません。これは健康と安全を考慮してのことです。 そして...

ママは即戦力のある派遣社員として働けます

結婚や妊娠をきっかけに正社員として仕事をするのを断念して、ブランクが短いママは、高いスキルや時代に即した能力を持っている場合が多いです。派遣業者は企業の即戦力となる人材を常に求めていますから、そんなママには良い就業先を紹介してくれる可能性が高いです。

優遇される条件が意外に多い派遣社員

交通費の支給はない場合が多いのですが、パート雇用よりも時給が高く、資格があればさらに高時給が期待できるのが派遣社員です。そして、新卒時に入社できなかったような大手企業で働くチャンスもあります

ママが働くときは勤務地や時間、職種が限られてしまいがちですが、派遣社員ならば自分の生活に合う職場を選ぶことができます。2か月以上継続して働けるのなら社会保険にも加入できるので、厚生年金の加入継続を考えているママには好都合ですね。

先の見通しが立てられないのが難点

派遣社員の契約は1年未満の短期のものがほとんどです。そのシステムが嬉しいママもいれば、不都合なママがいるのも事実です。契約が切れた後、紹介がなくなるという可能性あり、契約の途中解除というケースもあります。

そして、事務系を希望する場合は、年齢が高くなると好待遇の紹介先が少なくなっていきます。これは派遣先の職場環境や仕事内容によるものなので、複数の派遣会社に登録をして紹介先のバリエーションを増やすことで対処できるでしょう。

キャリアアップが狙える派遣社員

派遣会社ではパソコン教室やマナー教室など、無料でスキルアップできる講座を開講しています。そのような講座を取りながら検定試験などにチャレンジして、仕事を探してみるとよいでしょう。

また、短期契約でさまざまな業種を体験することで、自分に合う業種や職種を見つけることもできます。派遣社員では権限もさせてもらえる仕事も限られていますが、派遣社員にしかできないメリットを利用しながらキャリアアップを目指しましょう。

合わせて読みたい

仕事がしたい!主婦の人におすすめの仕事4選
育児中でも、子育てが一段落ついてくると、仕事をしたいと考えるママも多いのではないでしょうか。 しかし、子育て中の場合、保育園のお迎えの時間を考えながら出勤できる希望時間や、子どもが体調を崩した場合の対応できるかなどの条件を考えると、なかなか希望どおりの仕事を探すのは一苦労です。 主婦...

職種が選び放題のパートで新しい自分探し

パート社員は正社員のように責任は重くなく、派遣社員のように契約は短くない、採用年齢にも幅があり時間の融通もきくため、パートで働くことを選ぶママはとても多いです。いずれ正社員に復帰したいママにとって、パートは長く働けるので、職務経歴書のアピールポイントになります

子育てママがパートを選ぶ理由とは

パートは事務職や販売職など、ほとんどの職種で雇用があります。仕事の時間が短く休みが取りやすいのがポイントです。そして、パート同士でママ友ができたり、先輩ママから子育てや生活のアドバイスをもらったりと、人間関係が広がります。

また、簡単な仕事が多いことから、初めての職種や業種でも雇ってもらえる可能性が高いです。つまり、新しい仕事にチャレンジする機会が得られるということです。職場によっては正社員と同様の仕事をさせてもらえるので、知識や技術を身につける働き方でもあります。

月収もスキルも高くは望めない働き方

一年働いて時給が上がったと思ったら、新規雇用のパート社員と時給がほとんど一緒だったという話は普通にあります。また、連休があればその月の収入は休みの分だけ減ってしまいます。

そして、同じ仕事をするだけなので、仕事のスキルは上がらず来年の自分が見えてしまうから、つまらないと言う人もいます。なかには、また一から仕事を覚えるのは大変だから、このまま定年まで働きたいという人も。スキルと月収についてはパート社員に共通する問題と言えます。

職種こだわって確実にキャリアアップを目指す

事務職では一般事務では募集が少なくても経理事務や営業事務、貿易事務のように特化した場合、年齢が高くても経験者は高給で雇ってもらえる可能性が高いです。

子育てが落ち着いてから正社員復帰やずっと好待遇で雇ってもらうことを考えているのならば、事務職に限らず、職種にこだわってパートでキャリアを積むことをおすすめします。ブランク有りのママは敬遠されますが、子育てしながら働き続けているママに門戸は広く開かれています。

おわりに

お子さまをどう育てていきたいのか、自分はどう生きていきたいのか、周りはどのようにサポートしてくれるのかを分析してみましょう。妥協は必要ですが、ママを含めて全員がハッピーでいられる働き方は必ず見つかります。そして、方向転換も自由なので、働き方を一つと決めず臨機応変に変えるしなやかさで日々を過ごせるといいですね。

ピックアップ

働くパパ・ママ必見!ぜひとも利用したい10個の支援制度
働きながら家事や子育てをすることは大変ですよね。仕事に集中しなくてはならないけれど、子どもはまだまだ手がかかる、またはその反対もあり得るでしょう。そのような忙しいパパやママに注目していただきたいのが「子育て支援制度」です。 働きながら子育てをしている人の心や身体の負担を少しでも減らすた...
子連れで出勤できる会社があるって本当?知っておきたい子連れ出社の心得
共働きの世帯は、現在では5割をゆうに超えています。母親が、仕事を持って働き続けることが当たり前になっているのが現在の情勢なのです。加えて離婚率の増加によって、シングルマザー(シングルファザー)になっている家庭も多いと言えます。また、待機児童の問題や核家族化が進んだことにより、「預け先がない」とい...
共働きママが二人目を妊娠することのメリット・デメリット
子育ては大変なこともありますが、楽しいものですよね。一人目の育児が落ち着いてきた頃、二人目が欲しいと考える方も多いのではないでしょうか。 しかし、二人目が欲しいと思っていても、経済的な事情や子育てへの不安などから躊躇している場合も少なくないでしょう。さらに夫婦共働きの場合は、保育園の問...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
ママの働き方!正社員、派遣、パート?それぞれのメリット、デメリットは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

仕事の悩みについて・・・あわせて読みたい

妊活中に退職はアリ?ストレスで仕事を辞める4つのメリットデメリット
今の仕事内容、職場の環境が好きだからと言って、仕事でストレスを感じないという方はほとんどいないでしょう。仕事をしている限り、多少のストレスでも強く感じてしまいがちです。 では、妊活中でありながらストレスを受けてしまうような仕事を続けるべきでしょうか?結論から言うと、妊活中の方が仕事を続けていく...
【男性編】夫の職場での妊娠報告の仕方とタイミング
赤ちゃんが授かることは、夫婦にとって、とてもうれしいことで、「すぐにでもこの喜びを周りの人に伝えたい!」と考えるものです。両親はもちろん、親戚や親しい友人など、報告すべき人たちはたくさんいますが、それぞれ報告すべきタイミングは違います。 親戚や親しい友人には、一般的に妊娠4か月後半から妊娠5か...
覚えておきたい産休前の職場で使える2つの挨拶
産休・育休は無事に赤ちゃんを出産して育てるために必要な制度です。その一方で、職場で働く上司、同僚、後輩に負担がかかってしまうのも事実です。そこで産休に入る前に、やっておきたい挨拶の仕方について説明していきます。挨拶の仕方を知っておくことで、将来的に復帰しやすい雰囲気や環境を作れるほか、自分の心配...
いつからとれる?産休と育休の計算方法について
これから出産を控えている妊婦さんの関心ごととして「産休」や「育休」があるはずです。まだ1度も出産を経験されていない場合、この産休制度などがどのようなものかを分からないこともあるでしょう。そこで、産休と育休とは何かから始め、手当金の計算方法についてご説明したいと思います。そして、この制度について詳...
妊婦に向いてるのは?無理なく働けるお仕事3選
出産には大きな費用がかかりますし、子供を育てていくには何かとお金が必要です。そのため、家計に少しでもプラスになるよう、妊娠中にも仕事がしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。 しかし、中には妊娠中に向いていないお仕事もあるため、仕事選びには慎重になる必要があります。そこで今回は、妊婦さ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る