良ければシェアをお願いします。

ママの働き方!正社員、派遣、パート?それぞれのメリット、デメリットは?

ママの働き方!正社員、派遣、パート?それぞれのメリット、デメリットは?

実際にママになってみると、独身の時に想像していたママの生活は夢の世界の話だったわ…という声をよく聞きます。家事と育児、仕事を全て満足できるレベルで行おうとすると、24時間では足りないのが現実です。

自己実現のためや世帯収入アップのためなど、ママが働く理由はそれぞれです。自分も家族もハッピーになれる仕事探しは、どんな働き方をしたいのかを決めるところからスタートしましょう。

スポンサーリンク

正社員で働くと、子育てができない?

正社員で子育てをしているママたちは、お子さまと接する時間は少ないのが現実です。そして、仕事の都合で急病時の対応や学校行事への参加が難しいのも事実です。しかし、長い目で見てママにも子どもたちにもプラスになる面も多い働き方でもあります。

ママの成長と豊かな経済力に満足できる

正社員で働けば責任のある仕事を任されて、その結果はやりがいや充実感につながります。そして、仕事を続けることでスキルアップが望めて、無期限雇用なのでママは仕事に満足、お子さまにとっては自慢のママです。

また、給料も非正規社員より高額で、社会保険完備で老後の厚生年金も期待できるので、お子さまの教育や自分の老後にもしっかりと備えることができます。自分へのご褒美もお子さまへのプレゼントもママのお財布から気軽に買えるのが嬉しいですよね。

退職を考えることも多い、正社員ママ

責任のある仕事を任されれば、当然残業や休日出勤があります。部下を持てば教育からミスの後始末まで、数字を追いかける仕事なら目標を達成するまで、同じ職場で長く働けば働くほど仕事内容は厳しいものになっていきます。

そして、家に帰って家事と育児、時には仕事の持ち帰りと、疲労困憊の毎日に退職を考えるママは多いです。お子さまに八つ当たりしてしまって自己嫌悪に陥ることもあるでしょう。几帳面なママほど追い詰められてしまう傾向があります。

正社員で働くのならサポートが必要です

お子さまの急病、学校行事への参加などに勤務時間を配慮してくれる会社であれば安心ですね。時短勤務や自宅で仕事をさせてくれる会社に転職するママもいます。また、おじいちゃんやおばあちゃんに育児を手伝ってもらえるなら、保育園でなく幼稚園に通わせることも可能になるでしょう。

そして、忘れていけないのがパパの育児と家事参加です。ママが正社員として働くためには、一人で抱え込まずに皆の問題としてサポート体制を整えることをおすすめします。

合わせて読みたい

産後の仕事復帰はいつから?復帰する際の注意点はある?
産休を取得して出産をしたら、仕事に復帰することを考える方が多いでしょう。法律上は原則として産後8週間は、労務に就くことができません。本人が希望して医師も認めた場合には例外的にもっと早く復帰できますが、それでも産後6週間は休まなければなりません。これは健康と安全を考慮してのことです。 そして...

ママは即戦力のある派遣社員として働けます

結婚や妊娠をきっかけに正社員として仕事をするのを断念して、ブランクが短いママは、高いスキルや時代に即した能力を持っている場合が多いです。派遣業者は企業の即戦力となる人材を常に求めていますから、そんなママには良い就業先を紹介してくれる可能性が高いです。

優遇される条件が意外に多い派遣社員

交通費の支給はない場合が多いのですが、パート雇用よりも時給が高く、資格があればさらに高時給が期待できるのが派遣社員です。そして、新卒時に入社できなかったような大手企業で働くチャンスもあります

ママが働くときは勤務地や時間、職種が限られてしまいがちですが、派遣社員ならば自分の生活に合う職場を選ぶことができます。2か月以上継続して働けるのなら社会保険にも加入できるので、厚生年金の加入継続を考えているママには好都合ですね。

先の見通しが立てられないのが難点

派遣社員の契約は1年未満の短期のものがほとんどです。そのシステムが嬉しいママもいれば、不都合なママがいるのも事実です。契約が切れた後、紹介がなくなるという可能性あり、契約の途中解除というケースもあります。

そして、事務系を希望する場合は、年齢が高くなると好待遇の紹介先が少なくなっていきます。これは派遣先の職場環境や仕事内容によるものなので、複数の派遣会社に登録をして紹介先のバリエーションを増やすことで対処できるでしょう。

キャリアアップが狙える派遣社員

派遣会社ではパソコン教室やマナー教室など、無料でスキルアップできる講座を開講しています。そのような講座を取りながら検定試験などにチャレンジして、仕事を探してみるとよいでしょう。

また、短期契約でさまざまな業種を体験することで、自分に合う業種や職種を見つけることもできます。派遣社員では権限もさせてもらえる仕事も限られていますが、派遣社員にしかできないメリットを利用しながらキャリアアップを目指しましょう。

合わせて読みたい

仕事がしたい!主婦の人におすすめの仕事4選
育児中でも、子育てが一段落ついてくると、仕事をしたいと考えるママも多いのではないでしょうか。 しかし、子育て中の場合、保育園のお迎えの時間を考えながら出勤できる希望時間や、子どもが体調を崩した場合の対応できるかなどの条件を考えると、なかなか希望どおりの仕事を探すのは一苦労です。 主婦...
22歳と18歳の二人の子どものママです。その時にやりたいことを楽しんでやる、楽しい毎日を過ごしています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
ママの働き方!正社員、派遣、パート?それぞれのメリット、デメリットは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る