子どもを理由に社員で雇ってもらえない!子どもがいても社員で働くために必要なこと

正社員で働く女性
子どもがいると社員に雇ってもらうのが難しいと言われていますが、全く望みがないと諦める必要はありません。ここでは子育て中の主婦が社員として就職しづらい理由や、社員として働くために自分が準備しておくべきことなど具体的な対策をご紹介します。子どもがいても社員として活躍したいと思っている方はぜひこの記事を参考にしてください。

子育て中の主婦が就職しづらいといわれる理由

仕事を探している女性
小さな子どもを抱えているなら福利厚生や雇用関係がしっかりしている社員でいる方が安心です。子どもをもつ主婦の就職がうまくいかないのは仕事に穴をあけてしまうのではと懸念されていることが一因でしょう。

子どもの理由で休むと思われているから

主婦の方を採用する場合、長期休暇や土日祝日に休みを希望されるかもしれませんし、子どもが病気になってしまったら遅刻や早退、休暇を希望する可能性があります。その間他の人が対応しなければならなくなるため、採用が慎重に扱われてしまいます。特に子どもが複数人いると採用をひかえる傾向が強まります。

残業や突発的な出勤に対応できないから

社員で仕事をしていると仕事の進捗(しんちょく)の都合によっては、残業や休日出勤、非番時の出勤が必要となる場合があります。しかし子どもが小さいと家でいつまでも留守番させるわけにもいきませんし、お迎えの時間が決まっている場合は必ず帰らなければなりません。限られた人数で仕事をしている会社の場合、できれば融通のきく社員がいるとありがたいと思うのも自然なことでしょう。

長つづきしないと思われているから

採用してから数か月は仕事を覚えてもらう時期で受け入れ側も手間がかかります。やっと慣れたころに時間のやりくりがつらい、子育てとの両立が想像以上に大変で家族が不満に感じている、などと言われると雇い主にとってもなす術がありません。そのため仕事の経験があったとしてもブランクが長い場合や、子どもが生まれてから働いたことがない人は退職のリスクが高いと思われています。

合わせて読みたい

正社員でずっと働き続ける女性と産後に専業主婦になる女性との生涯賃金はいくら!
正社員でずっと働き続ける女性と産後に専業主婦になる女性との生涯賃金はいくら!
子どもができたら、夫婦での働き方をどうするのか。妻が仕事を辞めて専業主婦になるのか、またはパートや派遣社員で働くか、それとも産休や育休を...

子どもがいても社員で働くために必要なこと

働いているママ
子どもがいることはさまざまな点で不利にはなりますが、自分の能力や経験が会社の欲しい人材と合っていれば社員を目指すのは無謀ではありません。働く際に課題になりそうなことは先回りして自分が働きやすい環境を作れるように準備をしておきましょう。

子どもを理由に休まなくてすむ対策をとる

せっかく社員になったのであれば、休みがちで周囲に気を使って働きづらくなるようなことが少ない方が良いでしょう。そのため、子どもを迎えに行きやすい保育園の近くで仕事を探すのも一つのテクニックです。またどうしても自分で迎えに行けない場合に備えて他の人に頼めるように準備しておきましょう。例えば、具合が悪そうな場合は、夫に迎えに行ってもらえないか交渉したり、祖父母、ファミリーサポートセンターや病児保育に登録しておいたりするのも有効です。

家族に社員として働くことを理解してもらう

ママが外で働くためには家族の協力がどうしても必要です。今までの家の仕事に加えて外での仕事が加わったら、毎日が忙しすぎて仕事がつづかなくなってしまいます。そのため、家族で家事を分担できるように相談するなどママが外で働くことを子どもに説明して理解してもらえるようにしましょう。自分自身も「子どもを預けて働くなんてかわいそう」など周囲の視線が気になったとしても、家族の理解があれば堂々と仕事に出ていけます。

履歴書や面接はビジネスマンとして臨む

なかなか採用が決まらないと履歴書の作成にも身が入らなくなりがちですが、履歴書は自分を知ってもらう方法です。手書きで誤字なく書くのが基本ですが志望動機や趣味・特技欄も丁寧に記載しましょう。志望動機は入社後どう働きたいか、趣味はどんなふうに楽しんでいるのかなどを簡単に伝えられるようにまとめます。また、面接時の髪型や服装はビジネスマンらしいスーツを選び、普段の主婦の姿とは切り離して面接に臨むことが大切です。

合わせて読みたい

ママの働き方!正社員、派遣、パート?それぞれのメリット、デメリットは?
ママの働き方!正社員、派遣、パート?それぞれのメリット、デメリットは?
結婚や出産を機に退職したり、社員から派遣やパートに変更したりと、女性はライフステージによって多くの方が仕事のスタイルを変えています。 ...
30代後半のママライターで夫、5歳娘、3歳娘、2歳息子の5人家族です。セットメーカーで技術者として10年ほど勤務していましたが、出産と夫の転勤が重なり退職。実家から遠く離れた土地で生活しています。子育てのポリシーは毎日が面白ネタです。大変なこともありますが、日々ボケと突っ込みで乗り切っています。また、できるだけ家族が揃う時間が作ってコミュニケーションを大切にしています。よろしくお願いします!

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

コメント
購読はいいねが便利です!
子どもを理由に社員で雇ってもらえない!子どもがいても社員で働くために必要なこと
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る