思わず笑ってしまった!働くパパママの日常を川柳にした大賞作品を発表!

川柳
「川柳」といえば日本に古くから存在し、現代においてはその短い定型詩の中でクスッと笑わせてくれる「サラリーマン川柳」などが有名です。オリックスグループが2004年から12回にわたった実施してきた公募コンテスト、「オリックスマネー川柳」が金融に絞った内容から変更され、「オリックス 働くパパママ川柳」として2017年、新たにスタートしました。今回は栄えある第1回の受賞作品をご紹介したいと思います。

大賞とパパ目線賞に輝いたのは?!

働くパパ、ママの日常の笑えるひとコマやちょっとした愚痴、感謝の気持ちなどが17音に込められた今回のコンテストでしたが、全国から寄せられた応募総数はなんと4万9,623作品でした。そのうち大賞は1作品のみ、パパ目線賞についても3作品と非常に狭き門となりました。

大賞「カバンには パソコンスマホ 紙おむつ」(神奈川県:42歳女性)

栄えある大賞に輝いたのは、この作品でした。子育てにどうやっても外せない紙おむつ、ばたばた慌ただしい日常生活の中で、仕事のカバンに紛れ込んでしまうのもとてもうなずけます。また、どこで何があっても良いようにカバンに紙おむつを常備している人も多いのではないでしょうか。ついついほほ笑んでしまう作品です。

パパ目線賞1「ワンオペで 家事が回る日 神ってる」(東京都:37歳男性)

パパ目線賞1作品目は、2016年にニュースで話題になった、大手飲食店チェーンで客の少ない時間帯に従業員が1人で全ての業務をこなす「ワンオペレーション」、略して「ワンオペ」という言葉をうまく絡めて作られています。同時に、「神ってる」という言葉も2016年に流行語大賞の年間大賞に選ばれた、神がかっているという言葉を現代風に略した言葉です。ワンオペで家事を回してくれるパパほど、ママにとって心強いものはないですね。

パパ目線賞2「おむつ替え プレゼンよりも 汗が出る」(大阪府:36歳男)

イクメンという言葉がはやり、核家族も増える中でパパの育児進出はかなり進んで来ました。それでも、「おむつ替え」を最難関とするパパが多いのも事実です。毎日の仕事の中でプレゼンテーションには慣れていても、おむつ替えはなかなか慣れないパパの心情がうまく表現されていますね。

パパ目線賞3「パパ育児 一度は試す 父の乳」(福岡県:30歳男性)

女性にとって、授乳の時間は子どもの満足そうな表情を独り占めできる時間です。一生懸命に飲む姿は本当にかわいらしいですよね。そんなママの姿をはたから見ていて、パパは出ないと分かっていながらも「試してみたい」という心情に駆られるのかもしれません。

合わせて読みたい

共働きの旦那さん必見!上手な家事分担のコツ
共働きの旦那さん必見!上手な家事分担のコツ
共働きの家庭というのは年々増加傾向にあり、2016年7月12日の厚生労働省の発表によると、2008年に1,000万世帯を超えて以降、現在...

笑いと共感の嵐!ママ目線賞3作品

続いて、ママ目線賞を受けた3作品をご紹介します。働くママはもちろんのこと、さまざまな立場のママから共感されること間違いなしの内容です。ママの日常生活の忙しい様子が巧みに表現された作品ですので、ぜひ多くの男性にも読んでもらいたいと思います。

ママ目線賞1「ないのかな 家事の労働 基準法」(埼玉県:39歳女性)

確かに、一般的な企業では残業手当があったり、休日出勤があれば手当てや代休があったりしますが、家事には休みがありません。どこまでするかの裁量はあるにしても、家事には明確な終わりがなく、今でも女性の負担が大きいのが現状です。いつか家事にも、何らかの手当てなどが出ることを期待したいですね。

ママ目線賞2「すべりこむ 会社に園に お布団に」(京都府:39歳女性)

この作品では、ママがいかに毎日時間に追われ、くたくたになっているかが表現されており、その光景が目に浮かぶような気がします。ママに限らず、最近では保育園や幼稚園の送り迎えをパパが担当することも多いので、共感する人が多いのではないでしょうか。

ママ目線賞3「欲しいのは 子どもと主婦を もう1人」(大阪府:34歳女性)

子どもがもう1人欲しいけど、1人増えるということはさらに子育てが大変になります。家事育児のできる主婦がもう1人居たら、どんなに助かるだろう…という想像をしたことのあるママは恐らく少なくはないはずです。ただ、パパの立場からすると少し寂しい発想ではありますね。

合わせて読みたい

共働きは子育てにどう影響する?上手に子育てを行う三つの方法
共働きは子育てにどう影響する?上手に子育てを行う三つの方法
内閣府が発行する平成28年度版の『男女共同参画白書』によると、昨年度の共働き夫婦は1,114万世帯(前年度比3.4%増)。一方、夫のみが...
コーヒーとチョコレート依存の2児(長男3歳半、長女3ヶ月)の母です。ガンダムの面白さを最近知りました。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
思わず笑ってしまった!働くパパママの日常を川柳にした大賞作品を発表!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

スポンサーリンク

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る