職場での妊娠報告はいつ?誰に?伝える順番は?

良ければシェアをお願いします。

妊婦

初めての妊娠。周囲の協力なしでは乗り越えられませんね。特に出産後も仕事を続けたいと思っている女性にとって、職場の理解をいかに得るかが出産・育児にまで影響します。「周りの方に負担をかけることになるんだ」という自覚をもって冷静に妊娠報告できるといいですね。産休の正しい知識から報告の順序、タイミングや言葉遣いなどをわかりやすくご説明します。

スポンサーリンク

まずは産休制度を正しく理解し、家族会議

職場に報告をする前に、頭にいれておくべきことがあります。それは労働基準法の「産前産後休業」と職場独自の「産休制度」です。とくに前者は正社員でもパートでも女性労働者すべてが取得する権利をもつもの。迷惑をかけまいと既定の休業を取らずに仕事復帰したならば、法律違反を犯してしまう可能性もあるのです。これらを理解し、どのような妊娠生活をおくるのか家族で話し合いましょう。

労働基準法第65条「産前産後休業」とは?

産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間)と産後8週間は女性が休業を請求した場合、就業させることはできません。(ただし、産後6週間を経過後に、女性本人が請求し、医師によって支障がないと認めた業務については、就業させることはさしつかえありません。)※厚生労働省HPより
つまり、産前6週間は休業するかどうかは選べるけれども、産後6週間は絶対に休業しなければならないということです。

可能であれば職場の産休制度を確認しておこう。

前述の「産前産後休業」にプラスして、さらに会社独自の産休制度がある場合もあります。時短勤務や配置考慮といったものです。(子育てに理解のある会社ということですね!)職場に妊娠報告をするにあたって、そういった制度をある程度頭にいれて話をするとよいかもしれません。会社側にも先のことを考えた発言ができ、好印象です。

いつから休む?復帰はいつ?家族会議を

次は、今後どのように仕事をしていくかを整理しましょう。もちろん体調や経過によって予定通りにはいかないかもしれません。そういった事態もふまえて、周囲に理解して協力してもらうことがこれからの子育てにはとても重要です。いつから産休をとるか。仕事の引継ぎや急な事態への備え。復帰はいつ頃の予定か?など見通しを立てておきましょう。

合わせて読みたい

【男性編】夫の職場での妊娠報告の仕方とタイミング
赤ちゃんが授かることは、夫婦にとって、とてもうれしいことで、「すぐにでもこの喜びを周りの人に伝えたい!」と考えるものです。両親はもちろん、親戚や親しい友人など、報告すべき人たちはたくさんいますが、それぞれ報告すべきタイミングは違います。 親戚や親しい友人には、一般的に妊娠4か月後半から妊娠5か...

職場への報告の時期と伝える順序は?

妊娠がわかると、「すぐにでも報告すべき?」「ぎりぎりまで働きたいからできるだけ隠したい」などいろいろ考えてしまいます。しかし携わっている仕事の内容や、体調によって最善の報告の時期や報告すべき相手も異なってきます。

一般的な報告時期はいつごろなの?

一般的にはに入る16週以降に報告をする方が多いようです。これは妊娠初期は流産切迫早産の確率が高いため。しかし仕事内容やあなたの体調により早めに報告をしたほうが良い場合もあります。あってほしくないことですが、緊急入院することになったり、つわりがひどく仕事に差し支えるほどであれば早めに報告すべきです。また体調がよくても、産休に入る3か月前までには報告したほうがよいでしょう。

同期に報告はまだ我慢!まずは直属の上司から

次に報告の順序です。通常は直属の上司にまずは報告します。今後の仕事の割り振りやさらに上の上司への報告もあるからです。安易に同僚に先に話して、噂から上司の耳に入ることは避けたいですね。上司への報告が済んだらすぐに、仕事上直接負担をかけることになる方へ報告しましょう。総務課などへの手続きの問い合わせもお早めに。

報告のタイミングといい方、言葉遣いに注意

上司へは仕事が一段落ついたタイミングで、「お話があるのでお時間いただけますか?」と切り出しましょう。同僚などに話すときは、不妊症などの事情を抱えた方もいるということを念頭におき、冷静に報告しましょう。また、職場によって人事異動の時期があります。産休に入ることで人を補充する必要がある場合、人事の時期を考慮して報告したほうがいい場合もあります。

合わせて読みたい

覚えておきたい産休前の職場で使える2つの挨拶
産休・育休は無事に赤ちゃんを出産して育てるために必要な制度です。その一方で、職場で働く上司、同僚、後輩に負担がかかってしまうのも事実です。そこで産休に入る前に、やっておきたい挨拶の仕方について説明していきます。挨拶の仕方を知っておくことで、将来的に復帰しやすい雰囲気や環境を作れるほか、自分の心配...

これは絶対ダメ!先輩妊婦からのアドバイス

妊娠や出産はとてもデリケートなことです。そして考え方も人それぞれです。産休後、あなたが気持ちよく職場復帰できるように、ここでは先輩妊婦さんの体験談を交えて気をつけなければいけないことを挙げてみました。

祝福できない人もいる 幸せオーラは控えよう

前述しましたが、報告後もできれば幸せオーラは職場では控えましょう。世の中にはいろいろな事情を抱えた人がいます。不妊症だけではありません。結婚していない人や、流産の経験がある人、そもそも子どもが好きではない人…。気を遣いすぎてもよくありませんが、「産休に入ることで負担をかける」という気持ちを忘れずにいることが大事です。

マタニティハラスメントに負けるな!

残念なことに、妊婦さんに対して理解のない職場も多いのが現実です。退職をうながす、減給する、他の部署への異動を命ずるなどです。また心無い言葉によるマタハラも多く「妊娠は病気じゃないでしょ?」「妊婦は使えない」など…。しかし、こういった言動はすべて法律違反です。泣き寝入りする必要はありません。労働基準法によって妊婦は守られているのです!

辛いときには無理をしない 大事になる前に

マタニティハラスメントがなくても、妊婦さんは無理をしがちです。今後かけることになる迷惑思うと「今」を頑張ってしまうのです。幸せオーラの話とは矛盾もありますが、しかし無理は禁物です。無理をして大事になり、必要以上に迷惑をかけることになるかもしれません。妊娠により女性の体は大きく変化し、自分が思っている以上に体に負担がかかっています。辛いときにはすぐに周囲に相談し、けっして無理をしないようにしましょう。

おわりに

生まれてくる赤ちゃんにとって、お母さんの精神状態はとても重要です。職場での負担やストレスを抱えたまま辛い妊娠生活を送ることがないように、上司や同僚に上手に妊娠報告をして、快適な産前産後を迎えましょう。

ピックアップ

妊活中の仕事を考える!妊活中にできるおすすめ仕事3選
妊活を考える人にとって悩ましい問題。それが「仕事」です。この2つは果たして両立するのでしょうか?両立するのだとしたら、どのような条件ならば可能なのでしょうか?それについて見ていきましょう。 昔は「妊娠予定ならば雇わなかった」と言う会社もあった! 現在では結婚・妊娠・出産後でも仕事を続ける...
妊婦に向いてるのは?無理なく働けるお仕事3選
出産には大きな費用がかかりますし、子供を育てていくには何かとお金が必要です。そのため、家計に少しでもプラスになるよう、妊娠中にも仕事がしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。 しかし、中には妊娠中に向いていないお仕事もあるため、仕事選びには慎重になる必要があります。そこで今回は、妊婦さ...
いつからとれる?産休と育休の計算方法について
これから出産を控えている妊婦さんの関心ごととして「産休」や「育休」があるはずです。まだ1度も出産を経験されていない場合、この産休制度などがどのようなものかを分からないこともあるでしょう。そこで、産休と育休とは何かから始め、手当金の計算方法についてご説明したいと思います。そして、この制度について詳...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
職場での妊娠報告はいつ?誰に?伝える順番は?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る