妊娠中に食べるといいものと食べてはいけないもの

料理
妊娠中は、体にいいものを意識した食事内容にしていれば基本的に問題ありません。しかし、なかには胎児に悪影響が出てしまう食べものもあります。
ここでは、妊娠中に食べるといいものと食べてはいけないもの、食べ過ぎないようにしたいものをご紹介します。

妊娠中は食事内容に気を配りましょう

妊娠中、胎児の栄養は母体から供給されます。そのため、妊娠している間に食べるものには特に気を配りたいものです。胎児には、母体のなかでさまざまな栄養素に変換されたものが運ばれていきます。このような栄養の摂取はサプリメントなどで補うことも可能ですが、できればきちんと食事から摂取するのが望ましいとされています。妊娠中は、お腹の赤ちゃんのことを考えて食事内容を決めるようにしましょう。
合わせて読みたい

【レシピ付き】妊娠中におすすめな四つの食事メニュー
【レシピ付き】妊娠中におすすめな四つの食事メニュー
妊娠中は、自分の体だけではなく、お腹の赤ちゃんのことが常に気にかかります。そんな中でも、特に気がかりなものが食事ではないでしょうか。一体...

食べるといいもの

まずは、妊娠中に食べておきたいものからです。胎児の成長促進にかかせない栄養分や、その逆で不足すると良くないものなど代表的なものをまとめてみました。

未精製のもの

ライ麦パン
未精製のものとは、お米なら玄米や胚芽米、パンなら全粒粉やライ麦パンなどの雑穀パンのことです。砂糖も白い上白糖は精製済みですから、できるだけ黒砂糖やきび砂糖などを選ぶようにしましょう。
未精製のものがいい理由は、ミネラルが失われずありのままの栄養を摂取できるからです。未精製品は自然のミネラルが豊富に含まれており、胎児の成長を促したり、便秘を解消したりと健康的な体づくりに大きく貢献しています。未精製品をメインにした食生活は、アレルギー対策にも効果があるとされています。

ビタミンKが含有されているもの

納豆
ビタミンKは血を固める働きをもつもので、これが足りないと出産のときに赤ちゃんの頭蓋内で出血が起こることもある重要な栄養素です。生まれてからすぐは、腸の働きが未熟なためビタミンKがつくれず、ビタミンK欠乏症という症状が起こることがあります。
この重要なビタミンKは納豆などに多く含まれています。かいわれ大根やかぶの葉にも豊富に含まれているため、これらの食材を特に臨月になったら毎日の食事のなかに取り入れていくようにしましょう。
また、赤ちゃんが生まれてから飲ませる粉ミルクにはビタミンKが添加されていますが、母乳では補いきれないため、生まれてすぐと1カ月検診の際に経口投与します。
合わせて読みたい

妊婦さんが食べられるチーズと食べられないチーズとは
妊婦さんが食べられるチーズと食べられないチーズとは
ピザやグラタン、ケーキなど、私たちの生活の中に浸透している食材、チーズ。健康のために積極的に食事に摂り入れている方や、ワインのお供にと一...
33歳。B型。既婚。 妻の妊娠を通して、赤ちゃんができる喜びを経験する。妊娠中の過ごし方や注意点など身を持って体験中。妊活については全般の記事の執筆を担当。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
妊娠中に食べるといいものと食べてはいけないもの
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る