これから長いお付き合い!小児科は何歳まで通っていいの?

女の子

赤ちゃんが生まれたら、それから密接にお付き合いしていく小児科。風邪を引いたり熱を出したりした時以外でも、予防接種などもあり頻繁に通うことになりますが、中学生や高校生もまだ小児科でお世話になるのか?本来小児科は何歳まで?と疑問が浮かんできます。今回は小児科から大人の内科に切り替える年齢や疾患・症状によりどちらを選ぶべきかなどをご紹介します。

スポンサーリンク

小児科は何歳までOK?その基準とは?

小児科は何歳まで受け付けているのでしょうか?中学生や高校生となると小児科に行くのはもう恥ずかしいと思うお子さんもいると思います。しかし、ずっとかかりつけだった病院を変えるのは意外と決断力も要るものです。明確な基準はあるのでしょうか?

結論、明確に「何歳まで」という基準はありません

小児科は何歳まで、内科は何歳から、というはっきりとした基準は存在しません。実際に、医師は診療や医療行為の要望は正当な理由が無い場合はこれを拒否してはならないという法律があるため、年齢で区切るようなことはしていません。その為選ぶのは患者とその保護者となり、症状や医師の専門性に鑑みて受診することになります。

一般的には分かれ目は15歳とされています

一般的な認識として、小児科に通うのは15歳までといわれることが多いです。しかしこれは法律などで決められている訳では無く、日本小児科学会の公式ホームページでは「対象年齢を成人まで引き上げます」と15歳以上でも積極的に診察することを提言しています。尚、薬の用法・用量表記では、15歳以上か未満かで区切られている場合が多いですね。

総合病院では独自のルールで決められている

大きな病院で小児科と内科があるところは、「15歳未満であれば小児科」「高校生以上であれば内科」または「この症状なら小児科」など、独自のルールが存在します。これは緊急の場合などに迅速に判断する為のマニュアルであるケースもあります。受診する前に受付や電話で事前に対象となる科を確認しておくとスムーズです

合わせて読みたい

子どもを守るために知っておこう!インフルエンザの基礎知識
誰もが知っている「インフルエンザ」。子どもを持つ家庭なら知っておきたい、このインフルエンザの知識と予防方法、そして対象方法について解説していきましょう。 インフルエンザとはそもそも何なのか インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによって発症する病気です。しばしば一...

小児科と内科、状況により判断するには?

15歳が目安ということですが、「うちの子は15歳だけど、この症状は以前小児科の先生に診てもらった時に似ているから、小児科の方がいいのかも?」こんな場面も出てくる場合があると思います。判断する基準は他にもあるのかも?という疑問にお答えします。

子どもがかかりやすい病気なら小児科

子どもがかかりやすい病気の症状が出ていれば小児科を選択するなど、どの科にその専門の医師がいるのかというのが判断の基準となります。但し、どの病院に連れて行くか判断する段階の場合、症状の特徴は一般の方では見分けがつかない事も多い為、まずはかかりつけの医師のところで診てもらい、その先生の判断を仰ぐのが安心です。

小児科が専門とする病気を持っている場合

先天性の病気、幼少の頃に患った病気などを持ち小児科に通っていた方は、15歳を過ぎて大人になっても内科ではなくそのまま同じ小児科にかかる場合が多いようです。その病気の専門医でありその患者さんの症状を最もよく知る医師が継続して診る事が良いと考えられており、患者さんにとってもそれが安心につながる、という判断からでしょう。

体重によって判断するのもひとつです

お子さんの体型や成長スピードは本当に様々です。中には中学生で体重70キロ超え、という大柄な子もいると思いますし、その場合は内科を受診するケースもあります。お薬を処方される歳もよく体重を訊かれる場合も多いと思います。お子さんの成長度合いによって判断するのもひとつ、またお子さんが恥ずかしがらず受診出来る方が良いというのもひとつです。

合わせて読みたい

幼児がかかる場合もある?帯状疱疹の症状・原因・治療・予防の方法
帯状疱疹とは、帯状に赤いぽつぽつとした発疹や水ぶくれができる皮膚疾患の一つです。以前は、高齢者に多くみられていましたが、最近は幼児でも発症することがあります。私の息子は、4歳のときに水ぼうそうにかかりましたが、6歳のときに帯状疱疹になりました。なぜ帯状疱疹になるのでしょうか。その原因と治療方...

小さい子どもの怪我はどうなる?

風邪や熱などの症状の場合は先述した通りですが、では怪我をしてしまった場合はどうなのでしょうか?大人とは体つきが違いすぎるのに、同じ外科や整形外科を受診しても問題ないのか、意外とご存知ないお母さまも多いので、こちらを参考にして下さい。

小児科は怪我を専門としていない

子どもだから病気も怪我も小児科、では無いのです。新生児の重大な怪我等であれば、他の診療科と共に診ることがありますが、小児科は言うならば「子ども専用の内科」であり、怪我を直すことは専門としていません。怪我をしたお子さんをかかりつけの小児科へ連れていっても、外傷は小児科では対応しきれないケースが多い為注意が必要です。

重大な怪我であれば小児外科ですが・・・

小児外科という科がありますが、ここを受診すれば良いかと思えば、答えはNGです。こちらは小児の大きな病気や重症外傷の「手術」を専門とする診療科です。基本的に大きな総合病院に入っており、重症の場合にこちらに運ばれるケースがあります。お子さんの一般的な軽めの怪我は、小児外科を受診するほどではないでしょう。

お子さんが怪我をしたら、病院は大人と同じでOK

怪我をした場合は、大人・子どもにかかわらず、どこを怪我したかによって診療科を判断します。外傷であれば外科や形成外科、頭をぶつけた場合は脳神経外科など、状況によって異なりますが、大きな怪我である場合は迷わず救急車を呼ぶという判断が良さそうです。迷った場合はちかくの総合病院に電話をするのも良いでしょう。

おわりに

いかがでしたか?病気の場合は15歳を目安に小児科・内科を選択し、怪我の場合は大人も子どもも関係なしです。大切な大切なお子さんが病気をするとついつい慌ててしまう事もあると思いますが、病院に予め電話で指示を仰ぐと安心できると思いますので、まずはそうしてみてくださいね。

ピックアップ

数年に一度は流行るマイコプラズマ肺炎の症状・原因・治療・予防の方法
「熱は下がったのに咳だけなかなか治らない」「風邪だと思っていたらマイコプラズマ肺炎だった」秋から冬にかけよく耳にするのがこの会話です。風邪の症状とよく似ているため診断が出たときには重症化していることの多い病気ですが、耳にする割によく知らないのではないでしょうか。今回はそんなマイコプラズマ肺炎...
12歳の子の平均身長・体重は?発達・成長・発育など特徴まとめ
子育てをしていると、子どもの身長や体重って気になりますよね。子どもにとっても、大人になってから身長が低いことがコンプレックスになったり、体格のせいで着たい洋服が見つからなかったりなどの悩みを、将来抱えることになりかねません。 一般的に、思春期の身長の伸び率で一生の身長のほとんどが決まると言われ...
11歳の子の平均身長・体重は?発達・成長・発育など特徴まとめ
まだ小さな子供だと思っていたのに、気が付いたら「もうこんなに身長がのびてる!」なんて驚いたことはありませんか。成長しているのは身長だけではありません。 年齢に伴い、心も成長していくのです。思春期を迎える11歳という年齢の子供たちの身体や心はどのように成長をしているのでしょうか。 11歳の...
お酒が好きですが育児もがんばっています。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
これから長いお付き合い!小児科は何歳まで通っていいの?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

良ければシェアをお願いします。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る