やはりお高め?高齢出産でかかる費用を知りたい!

良ければシェアをお願いします。

悩む女性

厚生労働省の出産統計によれば、昨今は出産総数のうち5人に1人強が、35歳以上での「高齢出産」という割合になっています。わざわざ「高齢出産」と呼ばれるだけのことはあり、若い世代の出産とひとくくりにするべきではない面がいろいろとあります。ここでは特に金銭面に関して、若い世代の出産費用との比較をしてみます。

スポンサーリンク

高齢リスクによる費用のプラスアルファ

妊娠から出産にかかる費用には、妊婦健診や各種検査のほか、分娩・出産に伴う入院費用があり、順調な妊娠期間を経て出産しても40〜50万程度がかかります。それ自体に年齢による違いはありませんが、高齢出産はどうしてもリスクが高いため、想定外の費用がかかる可能性が高くなります。

年齢のせいで出産費用に違いが出ることはない

基本的に妊婦健診や出産の費用に年齢によっての違いはありません。費用に差が出るのは選んだ病院によるものです。高齢出産でも若い世代でも、トラブルのない妊娠期間を経て自然分娩をすれば最も費用は安くて済むのは同じです。費用が高くなるのは妊娠中に起こる様々なトラブルのためであり、もちろん若い人でも何らかのトラブルがあれば費用が高くなります。

高齢出産は若い世代よりリスクが高い

しかしながら高齢出産の妊婦は若い世代の妊婦に比べ、加齢のため体力や身体の様々な機能が衰えており、トラブルが起こりやすい高リスク妊婦とされて区別されます。子宮筋腫のある方も多く、妊娠高血圧症候群妊娠糖尿病になる確率も上がります。なかなか出産が進まずに難産になることも多く、帝王切開による出産が多くなります。

リスクが高いと費用が高くなるのはなぜ?

当然ながら高齢のリスクによってトラブルが起きればそれに対処する必要があり、それぞれに費用がかかります。陣痛を促進する処置や帝王切開、入院が延びればその分の入院費用、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などに対しても診察代や治療費がかかります。早産や、産まれた赤ちゃんに異常があった場合の治療代がかかることも考えられます。

合わせて読みたい

高齢出産だと子どもが成人する前に旦那さんは定年?!子どもの学費が心配…
高齢出産をするとやっぱり自分の年齢はもちろん旦那さんの年齢も気になってきます。今はまだ働いているからいいけれど、子どもが成人する前に定年を迎えてしまう場合、お金はどうしたらいいのだろう?と悩んでしまう人もいると思います。 ここではそんな不安を解消するために、色々な場面でかかるお金のことを知り、...

高齢出産だとかかりがちな費用とは?

高齢出産は老化した母体への負担だけでなく、卵子の老化のためにそもそも妊娠しづらかったり、流産・死産・早産の確率が上がったり、胎児に先天的な異常が出やすかったりといった様々なリスクがあります。無事に出産できるまでに思わぬ費用がかかる覚悟は必要です。

まず妊娠するまでにお金がかかるかも?

35歳を超えると卵巣機能の低下や卵子の老化が進み、妊娠する確率自体がぐっと下がります。高齢になってからいざ子どもが欲しくなった時には妊娠できないかもしれません。避妊をせず夫婦生活をして半年間妊娠しないようであれば、早めに不妊外来を受診するべきです。体外受精のような高度生殖医療を受けることになれば高額の治療費がかかります。

高齢出産だと帝王切開になりやすい

高齢出産の費用が高くなる多くのケースは、分娩が帝王切開になる場合でしょう。高齢や子宮筋腫などのために予定帝王切開になる場合もあれば、加齢のために難産になり緊急帝王切開になる場合もあります。帝王切開になれば入院日数が長くなるためその分費用がかかりますが、保険が適用されるので高額療養費の申請ができますし、生命保険に加入していれば給付金も支給されます。

希望すれば受けられる出生前診断

高齢出産は染色体の異常などで胎児に先天的な異常や病気が出る確率も上がります。希望をすれば出生前診断を受けられますが、高額の費用がかかり、検査によって流産の確率が上がるという弊害もあります。一番の問題は、何らかの異常が分かったときに、障害のある子どもを持つ覚悟を夫婦が持てるのか、それとも中絶を選択するのか、という重い選択を迫られる点でしょう。

合わせて読みたい

高齢出産だと子育てと親の介護が同時にくる!?
高齢出産というと出産年齢ばかりに目が行きがちで、他のことを見落としがちです。出産年齢が高い=親も高齢ということにも目を向けなければなりません。 近年、女性の社会進出などもあり高齢出産は珍しいことではありません。しかし、そこに子育てと親の介護のダブルケアの問題に直面している人たちも急増していると...

教育資金と老後資金の準備が重なるリスク

妊娠・出産にかかる費用は一時的なものであり、高齢でなくても妊娠している限り何かしらのリスクはつきものです。むしろ高齢出産に関わるお金の問題としては、子どもが産まれてから必要になる教育費などの工面に関することが大きくなります。

教育費のピークと定年が同時期になる

高齢で出産すると、子どもに最も教育費がかかる時期に収入が減ってきたり、定年になってしまったりという問題があります。高齢出産ですと、若い夫婦よりは貯蓄があり余裕はあるはずですが、その分生活もハイレベルになりがちです。教育費だけでなく老後の資金も同時に用意しなければならなくなりますから、家計を見直して無駄を減らし、貯蓄をなるべく増やしておく必要があります。

社会復帰できる?高齢ほど難しくなる再就職

仕事を頑張ってキャリアを積んできた女性なら、産休や育休、産後の時短勤務などの制度の整った会社に勤める方も多いはずです。それでも重いつわり、育児の負担が重過ぎる、認可保育園に入れないなど、復帰を諦めたくなる場合も多いでしょう。しかし高齢での再就職は困難です。なるべく離職せず、可能であれば老後も働ける道を作っておくことをおすすめします。

長期間のライフプランをしっかりたてておく

収入と支出のバランスを長い目で考えておくと安心です。ある程度の貯蓄があって出産をきっかけに住宅を購入する場合は、後々の教育費や老後資金の貯蓄のことを考えて頭金を多めに出しておき、住宅ローンの負担はなるべく軽くしましょう。既に住宅を購入してローンを支払っている場合は、出産後に妻の収入が大幅にダウンする可能性が高いことを頭に入れておく必要があります。

おわりに

人それぞれではありますが、高齢出産ですと比較的経済的にゆとりがある方が多いのではないでしょうか。年齢のことを考えれば致し方ないリスクは確実にありますので、なるべくお金の心配をせずに出産に専念できるよう、準備しておきたいものです。そして、子どもに一番お金がかかる頃のリタイアは高齢出産ならではの問題です。家計は長い目で見て計画を立てておきましょう。

ピックアップ

高齢出産だと子どもはかわいそう?高齢出産育児のリスク
「子どもがかわいそう」30代後半になり「妊活中」や「不妊治療中」と言うとどこからともなく言われるのがこの言葉。 赤ちゃんが欲しいと努力している時にこう言われると、自分のしていることは間違っているのかと不安になりますよね。ではなぜ高齢出産するとかわいそうなのでしょう。今回はよく言われるこの「かわ...
あなたも対象?高齢出産でも受けられる助成金とは
妊娠・出産には多くの費用がかかりますが、通常は病気とみなされないため健康保険の適応外となっています。この負担を軽減するため、国や自治体が設けているのが出産助成制度です。こうした制度にはどんな種類があり、助成額や申請方法はどうなっているのでしょうか?ここでは、高齢出産でも受けられる助成金につい...
高齢出産だったら出生前診断は受けるべき?慎重に検討しよう
昔に比べると女性が結婚する年齢が高くなり、高齢出産をする妊婦さんが年々増加しています。妊婦さんの年齢が上がるにつれて、脳や身体に生まれつき障害をもった赤ちゃんが産まれてくる確率や赤ちゃんが奇形になる先天異常が発生する確率が高まってくることはよく知られています。日本産婦人科学会の調査によると、妊婦...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

購読はいいねが便利です!
やはりお高め?高齢出産でかかる費用を知りたい!
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

アンケートにご協力くださいm(__)m

高齢出産(妊娠)で不安なことを教えてください。(複数選択可)

アンケート結果

Loading ... Loading ...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る