働く女性の味方、保活コンシェルジュとは?

良ければシェアをお願いします。

コンシェルジュ

今や「働くお母さん」は珍しい存在ではありません。働きながら子育てをしている女性は皆さんの周りにもたくさんいらっしゃると思います。そんな忙しいお母さんの救世主として登場したのが「保活コンシェルジュ」。保活コンシェルジュとは2013年に株式会社マザーネットによって誕生した新しいサービスです。しかし、「保活」という単語すらピンときていない方もいるのでは?

今回はそんな「保活」とはどんなものなのか、そして保活コンシェルジュとはどのような存在なのかについて、徹底リサーチいたします! 働きながら子育てをしていて、猫の手も借りたいというお母さん、必見です!

スポンサーリンク

そもそも「保活」って?

保育園

「保活」とはズバリ、保護者が「保育園活動」をすることです。「就職活動」と同じような使い方で、自身の子供をきちんと保育園に入園させるための活動を指します。なるべく早くから多くの情報を手に入れて、確実に保育園に入園できるようにすることが目的となります。

0歳から保育園に入園させたい場合には、妊娠中から保活を始めることが必要となってきています。保活において重要なことは「広いネットワーク」、「自分の足で見学」、「候補はなるべく多く確保しておく」ということです。就職活動と同様に、なるべく多くの情報を仕入れておくことが保活成功へのカギではないでしょうか。

お母さんたちの間では「出産のときの痛みよりも保育園を探すことのほうがつらい」と言われているほど、現代での保活はかなり厳しい状況にあると考えられます。保活を恐れるあまりに2人目が欲しくても、なかなか決断できないとの声もあるようです。そんなお悩みを解決してくれる救世主が次にご紹介する「保活コンシェルジュ」なのです!

合わせて読みたい

保育園・幼稚園・保育所・託児所の違い知ってますか?
新米ママさんは日々子育てにおいてさまざまな壁にぶつかると思いますが、中でも大きな壁は「保育園・幼稚園」選びでではないでしょうか。「保育園がいいのか、幼稚園がいいのか、でも保育所や託児所もある…」と頭を抱えているお母さんも多いはず。実際、それぞれの違いを正確に述べられるかと言われると難しいですよね...

保活コンシェルジュの役割

役割

保活コンシェルジュとは、提携している会社の希望者を対象にしたサービスです。社員の要望に合わせて、一緒に保育園を選んだり、保活の進め方を提案したりしてくれます。もちろん保活を知り尽くした専門スタッフによる指導なので、安心して相談することができます。

具体的には、入りたい保育園の保活方法や入園できなかった場合の対処法などについて、アドバイスしながら保活のサポートをしてくれます。電話やメールでの相談はもちろん、専門家が出張して話を聞いてくれるシステムを取っているところもあるようです。連絡はこちらが一方的にするわけではなく、希望に合った保育園が空いたときなどはコンシェルジュの方から連絡をしてくれる場合もあります。

また、保活だけではなく、マタニティブルーや育児疲れに関するカウンセリング、子供とのコミュニケーションの取り方についても相談にのってくれることもあり、お母さんには嬉しいサポート内容となっています。

保活コンシェルジュの目的は「育児をする女性のサポートをし、入園を確実にすることで早期の職場復帰を実現する」というもの。女性の社会進出が謳われている現代にピッタリなサポート事業です。

合わせて読みたい

保育園と幼稚園の違いとは?どっちが良いの?
ご両親がお仕事をされている場合、預かってくれる時間が長い保育園といった考えが定着されていますが、現在では預かってくれる時間が長い幼稚園も増えてきました。では、実際に保育園か幼稚園かを選ぶ際には、何をポイントに選べばよいのでしょうか。ここでは、保育園と幼稚園の具体的な違いを紹介します。 ...

どんな人がサービス対象者なの?

イクメン

厳密にはサービスを行っている会社によって異なりますが、多くの場合は妊娠中または産休中のお母さん、そして育児休暇中のお父さん・お母さんです。

先に述べたように、0歳から保育園に通わせたい場合には妊娠中から保活を始める必要があるため、期間は妊娠中からお子さんの入園が決まるまでとなっています。

お母さんだけではなく、お父さんも対象に入るという点はなかなか保育園の情報を仕入れにくい「育児パパ」にもありがたいですね。

保活コンシェルジュを採用している企業

会社

2016年現在では100社を超える企業が保活コンシェルジュ制度を利用しているとされています。主な企業では「エスビー食品」、「住友電気工業」、「ダイキン工業」他、大手企業でも保活コンシェルジュは注目されてきています。サービスの評判は高く、保活コンシェルジュを採用してから復帰率が上がったとの声も多く上がっているそうです。

また、本来全く情報のない状態から1人で始めなければならなかった保活を、専門家と一緒に行うことから、比較的早い段階で入園を決めることができ、早期に職場復帰されるお母さんも増えているようです。実際に利用したお母さんにとってはなくてはならない存在だったようで、これから保活コンシェルジュはより多くの企業に採用されると考えられています。

おわりに

保活、そして保活コンシェルジュについてご紹介いたしました。知らなかった方もいらっしゃったかと思いますが、保活コンシェルジュの活動の幅はどんどん広がってきています。ご自身が保活でお悩みの場合には、お勤めの会社がそういったサービスを取り入れているかどうかということを調べてみると良いかもしれません。また、お勤めの会社が取り入れていない場合は個人単位でお願いできる保活コンシェルジュもあるようです。

妊娠中の方で職場復帰を検討している場合には、早めに保活コンシェルジュに相談することをおすすめします。仕事も育児もあきらめないためにも、ぜひ保活コンシェルジュを利用してみてはいかがでしょうか。

ピックアップ

0歳児の子育ては大変!子育てに疲れた時のリラックス法7選
赤ちゃんは可愛いけれど、子育てはとにかく大変なもの。特に0歳児の子育ては体力と神経を消耗します。今まではこなせていた家事がこなせなくなったり、趣味の時間がとれなくなったりすることが増え、精神的な重荷になることもあります。産後うつや幼児虐待が問題視されていますが、子育てに疲れたら、無理をせず自分の...
慣らし保育はどのくらいの期間やるの?大まかな流れを確認!
1歳から5歳の間は、赤ん坊から成長した子どもが自分の意志でさまざまな行動をし始める時期です。その分、非常にわがままな振る舞いも多く、親としては大変な思いをする期間でもあります。そして、その時期は保育園に入り、子どもが外の世界を知り、社会性を身に付けていく時期でもあります。 保育園には、「慣らし...
初めての予防接種にドキドキ!0歳で受ける予防接種の種類
幼少期の0歳から10歳くらいまでは免疫力が低く、さまざまな病気になるリスクがあります。子どもの体調の変化に敏感になる保護者の方も多いのではないでしょうか。 さまざま子どもがかかる病気を防ぐためには、0歳から予防接種を受けることが重要です。しかし実際のところ、予防接種と言われても「種類はいく...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
働く女性の味方、保活コンシェルジュとは?
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

保活の悩みについて・・・あわせて読みたい

早生まれは保育園に入れない?保活に必要な4つの知識
保活とは、子供を保育園に入れるために保育園を探し、入園させるための活動のことをいいます。最近では、保育園の入所希望者が定員を上回ってしまい、入園できない待機児童が増えています。そのため、入園できなかったり、希望通りの保育園に入れなかったりすることが多く、入園するための保活が重要となります。 ...
働く女性の味方、保活コンシェルジュとは?
今や「働くお母さん」は珍しい存在ではありません。働きながら子育てをしている女性は皆さんの周りにもたくさんいらっしゃると思います。そんな忙しいお母さんの救世主として登場したのが「保活コンシェルジュ」。保活コンシェルジュとは2013年に株式会社マザーネットによって誕生した新しいサービスです。しかし、...
保育園には入園条件があった!知っておきたい審査基準3つ
保育園に子どもを入れたくても、なかなか審査に通らず諦めかけてしまっている人もいるでしょう。詳しく探す前から、「夫婦ともにフルタイムで働いていないと無理なのでは」「実家が近くにあるのでダメかしら」と考えている人も多いようです。 しかし、保育園にはそれぞれ入園条件が具体的に決まっており、申...
年収1000万だと保育園の料金はどのぐらい?
保育園に入ることすら難しいとされている現代、「やっと入園できた」と思って安心していられるのも束の間。次にあたる壁が保育園の料金ですね。自身の家庭の年収を計算しながら頭を抱えているお母さん、お父さんも多いのではないでしょうか。 今回はズバリ「年収1000万の場合の保育料金」という基準のもと、平均...
保育園・幼稚園・保育所・託児所の違い知ってますか?
新米ママさんは日々子育てにおいてさまざまな壁にぶつかると思いますが、中でも大きな壁は「保育園・幼稚園」選びでではないでしょうか。「保育園がいいのか、幼稚園がいいのか、でも保育所や託児所もある…」と頭を抱えているお母さんも多いはず。実際、それぞれの違いを正確に述べられるかと言われると難しいですよね...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る