子どもへのイライラ叱りを解消する【アンガーマネジメント】って何?

アンガーマネジメント
子どもをしつけているつもりが、いつの間にかイライラと叱っている自分に気づいて自己嫌悪、ということはありませんか。イライラ叱りをやめたいと思ったら、アンガーマネジメントが役に立つかもしれません。アンガーマネジメントの基本的な考え方と、イライラ叱り解消のための実践法をご紹介します。

アンガーマネジメントは「怒り」のコントロール法

子どもにイラつく
アンガーマネジメントは、1970年代にアメリカで生まれた心理トレーニングです。「アンガー」とは、英語で「怒り」を意味します。アンガーマネジメントは「怒り」をコントロールする方法なのです。大切なのは、「怒らないこと」ではなく、適切に「怒る」こと。スポーツマンのメンタルトレーニングや、子どもたちの感情トレーニングにも取り入れられている技術です。

隠れた感情がイライラ叱りを誘発する

アンガーマネジメントでは、「怒り」は二次的な感情だと考えられています。「怒り」を誘発するのは、「不安」や「恐れ」「寂しさ」といった一次的感情だというのです。この一時的感情には、「いら立ち」も含まれています。育児への不安や、子どもの将来を案ずる気持ち、ひとりで育児をする孤独感、思い通りにいかないストレスが「怒り」となって子どもに向かうと、イライラ叱りが続くことになります。イライラ叱りの陰には、がんばっている子育てを認めてもらえないという無力感が隠れてはいませんか。

思考の変化が行動を変える

子どもに「怒り」を感じるのはどんなときなのか、考えてみましょう。例えば、子どもが危ないことをしたときには、「けがをしたらどうしよう」という恐れが「怒り」を生み出します。では、子どもが言うことをきかないときはどうでしょうか。「なぜ私の思う通りにしないのか」というようないら立ちが、「怒り」を生んではいませんか。いら立ちを起因とした「怒り」を感じる人は、「物事はこうあるべき」という考えが強い、真面目なタイプです。考え方を緩やかにして、許容できる範囲を広げていくと、いら立ちによるイライラ叱りの頻度は減っていくはずです。

合わせて読みたい

子どもに対して感情的にならない上手な怒り方三つ
子どもに対して感情的にならない上手な怒り方三つ
子どもが小さいうちはかわいいばかりで怒ることも少なかった育児生活。子どもが成長するにつれ、ついつい大きな声で怒ってしまうシーンが増えてき...

アンガーマネジメントのテクニック

深呼吸
アンガーマネジメントには、「怒り」の衝動がわきあがったとき、感情をコントロールするいくつかのテクニックがあります。考え方を変えるというのは、頭の中のことなので、なかなか難しいものです。しかし、単純な動作であれば、比較的容易に行動に移すことができます。物理的な働きかけで「怒り」を逃がすテクニックをご紹介しますので、「イライラ叱りがとめられない」と感じたら実践してみてください。

衝動を抑える6秒間の深呼吸

「怒り」の感情は、およそ6秒間続くと考えられています。この6秒間がピークで、その間をやりすごせば、徐々に気持ちは落ち着いてきます。「頭に血がのぼる」「カッとなる」と言いますが、この熱くなった状態を鎮静化するためには、深呼吸が効果的です。イライラすると、鼓動が早くなり呼吸が浅くなります。イライラしてきたら、まずは鼻から大きく息を吸って、口からゆっくり吐き出します。口をすぼめて、細く長く息を吐きながらおなかをへこませます。「怒り」が去るまで、呼吸を続けてください。それでも叱らなければいけないときは、何が悪かったのか、いま起こったことについてのみ、しっかり伝えます。

思考を緩めるセルフトーク

イライラ叱りは、子どもに対するネガティブトークが引き金となってエンドレスになりがちです。「だからダメだって言ったでしょ」「どうして言うことをきかないの」「お母さんのこと嫌いなんでしょ」と、自分の言葉に反応して、どんどんエスカレートしてしまうのです。子どもは怒っているお母さんが怖くて何も言えませんから、お母さんの方は余計に何かを言いたくなって悪循環です。自分でも「まずいな」と思ったら、「大丈夫」「なんとかなる」など、自分に向けたセルフトークをつぶやいてみてください。ただ「オーケーオーケー」とつぶやくだけでも意外に効果があります。

合わせて読みたい

【保育監修】叱らない子育てって、本当に子どもにいいの?どんな子どもに育つ?
【保育監修】叱らない子育てって、本当に子どもにいいの?どんな子どもに育つ?
日々成長する子どものしつけに、頭を抱えているお母さんやお父さんは多いことでしょう。最近よく耳にする『叱らない子育て』。これは本当に子...
2歳差で生まれた娘と息子はすでに高校生。子育ても一段落したと思いきや、思春期の悩みに付き合わされている40代後半の働くお母さんです。保育の現場で子ども達に癒やされながら日々勉強中。しかし子育てには、教員免許もたいして役に立たず。それよりも、演劇部で鍛えた妄想力と演技力の方が役に立ったような気がします。「子どもの主食はあそび」の信念で、とにかく楽しく、子どもの人権を尊重した育児が理想。あくまで、理想・・・。

この記事に不適切な内容が含まれている場合はこちらからご連絡ください。

アプリで
たまGoo! がもっと便利に

iPhone,AndroidのアプリでたまGoo!が便利に。

たまGoo!が便利なアプリになりました。
ちょっとした時間にチェック、電車の中でもサクサク快適。
たまGoo!をより近くに感じてください!

トップへ戻る