夜中に何度も起きちゃう 1歳の子の睡眠が深くなる方法

良ければシェアをお願いします。

夜中に何度も起きちゃう 1歳の子の睡眠が深くなる方法

1歳という年齢は、早寝早起きの習慣をしつけとして身につけさせたい時期です。心身の発達が顕著になってくるこの時期は日中も目が離せないものですが、夜中に何度も起きてしまい、子育てに対する親のストレスも高まる時期でもあります。

大切な発育の時期に、子どもをじっくり眠らせるためにはどうしたらいいのでしょうか?快眠をもたらすための仕組みや、家族の留意点など、子どもの眠りのお悩みに役立つ対処法をまとめました。

スポンサーリンク

夜中に何度も起きるのはなぜ?1歳児の発育と睡眠の関係

夜中に起きる子ども

1歳児が夜中に何度も起きてしまう大きな原因は、睡眠リズムの乱れです。睡眠リズムは、「昼は起きる・夜は眠る」という太陽の動きに合わせた自然なリズムのことで、生後4か月ほどで脳に作られる体内時計によってコントロールされています。睡眠リズムは脳の活性と休息のバランスを保ち、心身の健全な発育の重要な基礎となっています。

赤ちゃんの脳は、光のない母体から生まれ出るとすぐに、1日24時間の地球環境に順応する準備を始めますが、この大事な時期に家庭の生活リズムが夜型傾向にあると、体内時計が太陽の自然リズムとずれてしまい、夜中に何度も起きてしまう睡眠リズムの乱れを引き起こすのです。

合わせて読みたい

子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?
子育てをしているといろいろな「新しい経験」に出会います。大人とはまったく違う生き物であるため、大人には予想もつかない行動にびっくりさせられることもしばしば。ただ、そんな「びっくりさせられること」も、事前に「これにはこういう理由があって、こう対策をしていけばいいんだ」ということが分かっていれば慌て...

睡眠リズムを整える3つのステップ

外で遊ぶ子ども

意思や感情が芽生えはじめ、一人歩きができるようになる1歳の頃は、その後の成長にかかわる大切な時期であり、睡眠リズムは発育の重要な要素となります。また、1歳の子どもが夜中に何度も起きることで、家族が抱え込む睡眠不足やストレスも大きな問題となるでしょう。1歳児の睡眠リズムを整えるためには、家族が注意すべき3つのステップがあります。

【ステップ1:決まった時間に早起きして太陽の光をたっぷり浴びる】

睡眠リズムを整えるためには、原因となる体内時計の乱れを正すことが大切です。そのためにまず実践したいのが、決まった時間に早起きして太陽の光をたっぷり浴びることです。

起床時間を決めることは体内時計の安定化につながり、朝の太陽の光は、睡眠を促す「メラトニン」というホルモンの分泌を促します。メラトニンは脳が太陽光を感知してから14~16時間後に分泌されます。

つまり、朝6時に起きた場合、夜20~22時頃に眠くなるというわけです。早寝早起きの習慣は、体内時計の安定化と快眠サイクル形成のための基礎と言えます。

朝、ゆっくり寝ていたいママは子どもためにがんばって規則正しく起きてくださいね。

【ステップ2:生活改善でメラトニンの分泌を高める】

睡眠を促すメラトニンの分泌量は、環境に大きく影響されます。まず、メラトニンの分泌は強い光によって妨げられるという特徴があります。そのため、就寝の1~2時間前になったらテレビやパソコン、スマートフォンなど強い光を発する機器を見せないようにし、部屋の明かりを暗めに落とし、自然な眠りに入れるように寝室の環境を整えましょう。

また、蛍光灯に含まれる青色の光も、メラトニンの分泌を低下させてしまいます。就寝時には暖色系の間接照明を使うなどの配慮も、質の良い睡眠を導く手立てとなります。

【ステップ3:家族全員の協力が必要】

1歳は周辺への興味が増す年齢ですから、自分の就寝時間に起きている人の気配は睡眠の妨げになりがちです。共働き家庭では仕事の時間帯などで難しい面もあるかもしれませんが、1歳児の就寝時間に静かな環境を共有することは、質の良い睡眠を行うための大きな助けになります。

たとえ全員が同じ生活時間を持つことが出来なくても、家族が協力しあうことで生まれる穏やかな雰囲気は、1歳という大切な心身の発育段階に良い影響を及ぼすのです。

合わせて読みたい

1歳の子にはちみつは危険!?いつから食べさせてもいいの?
まろやかで自然の甘さをたっぷり蓄えた黄金色の甘味。それがはちみつです。その優しい甘さを愛している人も多いのではないでしょうか。チーズに、ヨーグルトに、パンに、料理の隠し味にと大活躍のこの「はちみつ」ですが、実は小さなお子さんにとってはとても危険なものなのです。子どもを持つ保護者として、はちみつの...

1歳児がぐっすり眠るには運動も大切

運動

睡眠の質を高めてぐっすり眠るためには、スムーズに眠りに入ることと同時に、起床時の健やかな目覚めがバランス良く機能することも必要です。睡眠を促すメラトニンに対して、朝の目覚めをサポートするのが脳内物質の「セロトニン」です。

実は、セロトニンこそがメラトニンの原料となる物質なのです。朝の太陽光を浴びることで、セロトニンが分泌されます。それが体の中で時間をかけてメラトニンに変化していくのです。

このように、睡眠と覚醒のバランスを良好に保つ源となるのが体内のセロトニンであり、セロトニンを増やすことが睡眠の質を高めてくれるのです。増やす方法は、まず午前中に太陽の光を浴びることが最も有効で、日中のリズミカルな運動も増加を促します。

1歳児はひとり歩きを始める頃ですから、運動としては、簡単なダンスや足踏み運動などがあります。親が手拍子をしたり、音楽と一緒に動いたりと、リズムに合わせて運動することがポイントです。こうしたリズム運動は大人にも有効ですから、子どもと一緒にリズム運動を楽しむことで、睡眠の質を高めることができます。ぜひ実践してみましょう!

おわりに

1歳児の良い眠りのための生活サイクルの調整や配慮は、本人の成長の基礎を作る方策であると同時に、大人の生活習慣を見なおすきっかけにもなります。家族全員が穏やかな気持ちで子どもの眠りを支える幼児期は、大人の心も成長させてくれる大切な期間なのです。そのことを理解し、家族みんなで正しい睡眠サイクルを意識していきましょう。

ピックアップ

下痢がなかなか治らない!1歳児の下痢の原因と対処法
子どもの体調は変わりやすいものです。また、大人とは違って自分自身で対応ができないため、場合によっては長引くこともあります。 今回はこんな子どもの体調不良の一つである「下痢」に焦点をあてて、原因と対処法を見ていきます。 1歳児の下痢はなぜ起こる? まずは、「なぜ1歳児が下痢をするのか」に...
風邪?アレルギー?1歳の子がかかりやすい病気まとめ
乳児期の赤ちゃんはまだ体内に免疫を持っていないため、大人に比べ病気にかかりやすく、時には重症化するケースもあります。病気を防ぐためにも、乳児期にかかりやすい病気をチェックしておくことが大切です。そこで今回は、乳児期にかかりやすい病気についてまとめてみました。我が子の健康のために、ぜひご活用くださ...
覚えておきたい!赤ちゃんが誤飲した時の4つの対処法
毎日すくすくと大きくなる赤ちゃん。お母さんにとって嬉しいことですが、同時に不安も増えていきます。その理由の1つは赤ちゃんの行動範囲が広がることです。 生まれたばかりの頃は寝てばかりいた赤ちゃんがハイハイをしたり、つかまり立ちができるようになったりすると、目につくもの、手にするものをすべて口に入...
たまGoo!(たまぐー)は、妊活、妊娠、出産をこれから迎えられる女性をサポートするため、女性のみならず、男性にも知っておいて欲しいこと、夫婦で取り組むべきことなどをコラムなどで紹介し、みなさまのご不安やお悩みに答えることを目的としたサイトです。
購読はいいねが便利です!
夜中に何度も起きちゃう 1歳の子の睡眠が深くなる方法
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

1歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

1歳になるとどんな症状になる?自閉症の赤ちゃんの特徴4つ
生まれつきの障がいである「自閉症」。自閉症を患っている子どもは、どのような特徴を示すのでしょうか。そこで今回は自閉症という病気と、1歳前後で見られるその特徴についてお話していきます。 自閉症という病 「自閉症」という言葉だけを聞くと、「自分の世界に閉じこもっている」「精神的につらいことが...
あいさつができる子に育てたい!1歳からできるしつけとは
気持ちよくあいさつができる子どもは周囲に好印象を与えます。感情や言葉が芽生える1歳頃があいさつのしつけを始める適齢期ですが、上手くいかずに悩む親も多いようです。 あいさつのしつけで気をつけたいポイントや、発育や個性に合わせた段階的なしつけの対応についてまとめました。 あいさつはしつけの...
1歳の子におすすめなおうち遊びとお外遊び6選
「子どもの遊ばせ方がマンネリになってきた」「1歳に合った遊びは何だろう……?」など、そんな悩みを抱えているママやパパは多いことでしょう。発育に良いゲームや運動能力を伸ばす遊びを考えても、なかなか思いつかない方も多いと思います。 そこで今回は、1歳の子におすすめしたい「おうち遊び」と「お...
【レシピ付き】1日3回規則正しく!1歳児の離乳食の進め方は?
そろそろ1歳を迎える時期になると、「離乳食はどんなものがいいのかしら?」「1日何回あげればいいの?」といったことに悩むお母さんは多いことでしょう。離乳食は赤ちゃんの成長に合わせて、食べものの固さ・量・回数を調整していきます。徐々に大人と同じような食事ができるよう、ステップを踏んで進めていきま...
子どもの遊び食べってなに?対処法はあるの?
子育てをしているといろいろな「新しい経験」に出会います。大人とはまったく違う生き物であるため、大人には予想もつかない行動にびっくりさせられることもしばしば。ただ、そんな「びっくりさせられること」も、事前に「これにはこういう理由があって、こう対策をしていけばいいんだ」ということが分かっていれば慌て...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る