2歳でトイレトレーニングをするメリットとデメリット

良ければシェアをお願いします。

トイレットペーパーを丸める子ども

子どもが2歳前後になると、オムツ卒業を意識するママも多いのではないでしょうか。早くオムツが外れてほしいと願う反面、「うちの子にはまだ早すぎるかな」と躊躇するなど、タイミングをはかるのが難しいトイレトレーニング。2歳で始めるにはどんな良い点があるのでしょうか?

今回は、2歳でトイレトレーニングをするメリットやデメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク

2歳でトイレトレーニングをする3つのメリット

楽しそうな子ども

2歳でトイレトレーニングをするには、大きく分けて3つのメリットがあります。

1.尿意や便意を伝えることができること

2歳児は言葉の数も増え始め、コミュニケーションをしっかりとれるようになる時期です。「おしっこにいきたい」という気持ちも「チー」や「チッチ」などの簡単の言葉で表したりすることができるようになるため、トイレトレーニングを始めるのに適した時期と言えます。

2.トイレに行くことを嫌がらない

個人差はありますが、自我が芽生え始めたばかりの2歳児の段階では、比較的嫌がらずにトイレに行ってくれます。ママが誘うと素直にトイレに座ってくれるため、スムーズにトイレトレーニングを始めることができます。
反対に自我がはっきりする3歳頃になると、トイレに行くことを拒否することがあります。遊びを中断されたくないという欲求や、オムツが外されることへの不安感のため、頑なにトイレに行くことを拒むことが多くなります。また3歳以後では、子供自身が失敗したくないという気持ちや、叱られた経験などから、オムツでしかウンチができなかったり、気にしすぎて頻尿になったりするなど、トイレトレーニングそのものをこじらせてしまうケースもあります。

3.幼稚園の入園までに時間の余裕がある

幼稚園によっては、「入園に前にオムツを外しておいてください」と入園説明会などで言われることがあります。その場合、入園が近づいてくるとママも次第に焦りが出てしまいます。ママが焦ってイライラしながらトイレトレーニングをするのはかえって逆効果です。トイレトレーニング中の失敗を叱られると、子供はトイレに行くこと自体を嫌がるようになり、ますますトイレトレーニングの期間が長引いてしまうこともあります。

幼稚園入園までに十分時間がある2歳の時期だと、ママも心の余裕をもってトイレトレーニングを進めることができるはずです。

合わせて読みたい

いつから始める?トイレトレーニングに適した時期と方法とは
赤ちゃんがおむつを必要としなくなると、かつては大人が「おむつはずし」をしなければいけないといわれてきました。しかし、最近では「おむつはずし」ではなく、「おむつはずれ」という言葉が使われるようになりました。つまり、おむつは大人が無理に「はずす」わけではなく、自然と「はずれる」ため、それができるよう...

2歳でトイレトレーニングをするデメリット

泣く子ども

2歳でトイレトレーニングをするデメリットは、トレーニングの開始から終了までの時間が長くかかることです。まだ2歳だと自分の尿意や便意をしっかりと認識することが難しく、おしっこを溜められる量も少ないため、失敗する回数も多くなります。また2歳では、ズボンやパンツを脱ぐのにも時間がかかるため、それが失敗につながることもあります。

逆に3歳を過ぎていると、ズボンやパンツの着脱もしっかりできるようになっていますし、ママと言葉でのコミュニケーションもきちんとととれるようになります。「トイレでおしっこをすると気持ちいい」といった、トイレに行く意味も理解できるようになるので、遅く始めても結果的には早くトレーニングが終了するということもあります。

まだまだ未発達な部分も多い2歳児でのトイレトレーニングは、「トイレに慣れる」ことから始めて、長い目で見守りながら、ゆっくり進めることが重要です。

合わせて読みたい

2歳児のイヤイヤ期を乗り越える7つの効果的な方法
2歳を迎えるにあたって、可愛い可愛いと赤ちゃんの成長を見守ってきたママやパパにとって大きな壁となるのが「イヤイヤ期」です。はじめての妊娠・出産を迎えたママやパパにとっては、はじめて経験することだと思いますが、そんなイヤイヤの原因となる子供の気持ちを知ることがまず大切です。今回は、イヤイヤ期を...

トイレトレーニングを始めるための3つの目安

トイレの中

トイレトレーニングは「何歳になったら始める」というよりも、子どもの体や心の成長に応じてその時期を決める必要があります。一般的には、トイレトレーニングを始める3つの目安があると言われています。それを基準にタイミングをはかりましょう。

1.自分で歩いてトイレに行けること

トイレトレーニングのゴールは「自分でトイレに行くようになること」です。自分の意志で、行きたいときに、自分で歩いてトイレにいけることが大切です。

2.コミュニケーションが取れること

「トイレに行きたい」「おしっこが出そう」といったことを簡単な言葉やしぐさで伝えられるようになると、ママも適切なタイミングでトイレに連れていくことができ、トイレ成功の回数も増えてきます。

3.おしっこを1~3時間溜めておけること

オムツにおしっこが頻繁に出ているような状態では、トイレトレーニングを始めても、失敗が続いたり、ずっとトイレにいたりといった状態が続いてしまいます。それでは、ママやパパの負担も大きく、子ども本人もトイレトレーニングを苦痛に感じてしまうことになります。

おわりに

完全にオムツがとれて自分からトイレにいけるようになるのに、たった数週間や数か月でできる子もいれば、半年から数年かかってしまう子もいます。トイレトレーニングはママにとって「子育ての山場」のひとつのように思うかもしれませんが、個人差があるため、他の子どもと比べて焦るのは禁物です。

2歳児でトイレトレーニングをするメリットやデメリットを踏まえ、子どもの発達段階をよく見極めてトイレトレーニングを始めましょう。

ピックアップ

いつから始める?トイレトレーニングに適した時期と方法とは
赤ちゃんがおむつを必要としなくなると、かつては大人が「おむつはずし」をしなければいけないといわれてきました。しかし、最近では「おむつはずし」ではなく、「おむつはずれ」という言葉が使われるようになりました。つまり、おむつは大人が無理に「はずす」わけではなく、自然と「はずれる」ため、それができるよう...
保育園・幼稚園・保育所・託児所の違い知ってますか?
新米ママさんは日々子育てにおいてさまざまな壁にぶつかると思いますが、中でも大きな壁は「保育園・幼稚園」選びでではないでしょうか。「保育園がいいのか、幼稚園がいいのか、でも保育所や託児所もある…」と頭を抱えているお母さんも多いはず。実際、それぞれの違いを正確に述べられるかと言われると難しいですよね...
成長に合わせて選ぶ!新生児からのベビー服・子供服サイズ一覧表
出産前、出産後と必要になるベビー服や子供服ですが、どれも小さくて可愛いく目移りしてしまいますよね。実際に購入するときにはサイズを見て購入しなければいけませんが、赤ちゃんは生後1年もすると身長は約1.5倍、体重は約3倍と、成長するスピードがとても早いです。そのため、洋服選びは成長に合わせて選ん...
購読はいいねが便利です!
2歳でトイレトレーニングをするメリットとデメリット
この記事をお届けした
たまGoo! - 妊活・妊娠・出産・育児の応援サイトの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

1歳児 子育ての悩みについて・・・あわせて読みたい

英語を話せる子に育って欲しい!人気の子供向け英会話教材5選
お子さんが英語の喋れる人になって欲しいですか?答えはもちろん、「Yes.」だと思います。グローバル社会と言われる現代では、以前にも増して英会話のスキルが問われるようになりました。 そんな背景もあり、英会話は今や子供にやらせたい習い事の中でも、最上位にランクインされるほど大人気のジャンルになって...
2歳児におすすめなおうち遊びとお外遊び12選
2歳児は走ったり、ジャンプしたりとダイナミックに体を動かせるようになり、それと同時に手先も器用になります。体だけでなく心も大きく成長する2歳児。その成長を促すには、どんな遊びや体験をさせてあげるのが良いのでしょうか。今回は2歳児におすすめなおうち遊びと外遊び12選をご紹介します。 心と体の...
どこまで話せていればいいの?2歳児の発達の目安
小さな子どもを持つ保護者としては、我が子の発達具合が気になるでしょう。同じ年のよその子どもと比べて、成長が遅れていないかどうか心配になることもあると思います。同じくらいの年の子どもが言葉をスラスラ話せるのに、自分の子どもはほとんどしゃべらないと不安になることもありますよね。 ここでは2...
人気の2歳差兄弟!2歳差にしたい時はいつ妊娠すればいい?
子どもの兄弟の年齢差にはさまざまな場合がありますが、育てる上で多くのママやパパから一番の理想と言われているのが「2歳差兄弟」です。その理由は、常に兄弟がお互いの遊び友達になれるため、他者との関わりを兄弟間で学びやすいからだと言われています。 他にも、幼稚園や保育園の通園期間が重なること...
2歳児の平均睡眠時間って?どれくらい寝るといいの?
子どもにはそれぞれ個性があるため、一概に「このようなライフスタイルを送らなければならない」「○○をしていないのはおかしい」「××ができない子は、何かに問題がある」と言い切ることはできません。ただそれでも、子どもについて「平均的な数字」というのがあります。また、その「平均的な数字」と見比べるような...
あわせて読みたい

良ければシェアをお願いします。

トップへ戻る